1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. 三浦大知
  6. ベストアルバム発売!三浦大知が「Cry&Fight」に込めた揺るぎない信念

【コラム】ベストアルバム発売!三浦大知が「Cry&Fight」に込めた揺るぎない信念

三浦大知がやってくれた。かねてからのファンなら、そう思った人も少なくないだろう。年末の紅白、「Cry&Fight」の無音ダンスである。ピッタリと息の合ったダンスに、どんなに動いても乱れない歌声。テレビを見ていた全員が釘付けになった瞬間だった。

2018年3月17日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・三浦大知の「Cry&Fight」
  2. ・強い意志が込められた楽曲から聞こえる「本当の鼓動」
  3. ・三浦大知 最新情報
  4. ・リリース情報
  5. ・三浦大知 Profile
一糸乱れぬパフォーマンスを披露する三浦大知。彼がここに来るまでに歩いてきた道は、決して平坦ではなかった。

Folderのメインボーカルとして10歳でデビューをしたが、変声期をきっかけに休養。

2005年にシングル「Keep It Goin' On」でソロデビューを果たすが、ブランクがあったこともあり、当初は思うようにパフォーマンスができなかった。

そんな中でも、三浦はあきらめなかった。得意なダンスを磨き、歌の練習に励んだ。




三浦大知の「Cry&Fight」



すべてが上手くいかない そんな時いつも
もっと遠くに行ける気がした
心を磨いていく雨 その向こうから
Oh oh 本当の鼓動


Cry&Fight」の歌詞にあるように、すべてが上手くいかないと落ち込んでも、あきらめずにその先を見続けた。

「心を磨いていく雨」…涙を流した分だけ、心が磨かれる。そうして磨かれた心からだけ、本物の鼓動が聞こえてくる。

三浦にはわかっていた。あきらめたら、そこですべてが止まってしまうこと。目指した先にだけ、本当の未来が待っていることを。

裸足のまま走る街
すり抜ける人の波
どれくらい経ったのだろう
とっくに迷いはなかった


Folderで歌手活動を始めてから、気付けば20年の歳月が経っていた。そうして掴み取った、大きなチャンス。

2017年1月にリリースした「EXCITE」で、自身初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得。

この年の日本有線大賞で有線音楽優秀賞を受賞。日本レコード大賞では「EXCITE」が優秀作品賞を受賞した。そこからの紅白初出演。

2016年に第一子が誕生していた三浦。守るべきものが増えて、より一層音楽活動にも力が入ったのかもしれない。

なんにせよ昨年の快進撃は、三浦の長いキャリアから考えれば、「やっと」という感じがある。

というよりは、世界レベルのダンスに、高い歌唱力。やっと世間が、三浦の実力に気付いたのだといえるだろう。

強い意志が込められた楽曲から聞こえる「本当の鼓動」

「Cry&Fight」の歌詞からは、等身大の三浦大知が、なんの違和感もなく浮かぶ。

苦労を力に変えて、どこまでも進んでいこうという強い意志。

彼がどんなに泣いたとしても、頭上には星が光り、そして何度でも、「太陽が照らす場所へ」進んでいくのだろう。

生まれながらのスターとは、こういう人のことを言うんだと思う。

3月にベストアルバムが発売される三浦。これからも、そのパフォーマンスで、私たちをわくわくさせてくれることだろう。

彼からは「本当の鼓動」が聞こえてくる。

TEXT:遠居ひとみ

三浦大知 最新情報

リリース情報

■New Single「Be Myself」
2018年8月22日(水)発売
[CD+DVD] AVCD-16894/B ¥1,800 (税別)


[CD] AVCD-16895 ¥1,200 (税別)


<CD収録曲>
01. Be Myself
02. Perfect Day Off 
03. Breathless
※AVCD-16894とAVCD-16895のCD収録内容は共通。
<DVD収録内容>
Be Myself -Music Video-
Be Myself -Making-

三浦大知 Profile

【OFFICIAL WEBSITE】http://avex.jp/daichi/
【OFFICIAL FANCLUB】http://daichi-miura.jp/
【Instagram】http://instagram.com/daichimiura824#
【Twitter】https://twitter.com/DAICHIMIURAinfo
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/DAICHIMIURAofficial

【インタビュー】May J.「絆∞In…

「WHY@DOLL」史上で最も勢いのあ…