1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. back number
  6. 本当の幸せの意味をback numberが「瞬き」で教えてくれた

【歌詞コラム】“本当の幸せ”とは何か。back numberの「瞬き」が教えてくれた。

人恋しくなる季節になると聴きたくなるバンド、back number。“姿の見えない幸せ”ばかりを追い求めていた清水依与吏が、“眼に見える幸せ”を描いた、映画『8年越しの花嫁』主題歌「瞬き」。今までの作品ではなかった純愛ソングが導く“本当の幸せ“とは。

公開日:2018年3月18日 更新日:2019年3月6日


この記事の目次
  1. ・共感を得る清水依与吏の歌詞
  2. ・「瞬き」でみせた新たな一面
  3. ・新境地を開拓した名曲
  4. ・恋をしたら聴きたくなる
  5. ・back number 最新情報
  6. ・最新リリース情報
  7. ・ツアーライブ情報
  8. ・back number Profile

共感を得る清水依与吏の歌詞

どちらかと言えば、back numberが今まで世に出してきた曲は、片思いや失恋を描いた作品が多く、清水依与吏が綴る恋愛下手な歌詞に多くの人々の共感を得ている。

そこがback numberが大人気バンドに登りつめた1つの武器でもある。

誰かに恋をした時の溢れ出す想いや止まらない妄想に心躍らせたり、ふとしたときに一人で悩んで落ち込んだり。

そういう事をカッコつけることなく代弁してきた。



「瞬き」でみせた新たな一面

そんなback numberの新境地となったのが「瞬き」である。

沢山のタイアップ曲を担当してきている中でも、この楽曲のような恋愛観は今までにない。“大切な人“に対する溢れる愛情が込められている。

平凡な生活の中での幸せを見つけるのは、私たちが考えているよりも実は簡単なことなのだ!ということを、この曲を聴いて再認識させられた。

果たして、たった数回しか経験のない“キラキラ”している事が幸せと呼べるのか?....



----------------
幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ

≪瞬き 歌詞より抜粋≫
----------------

幸せとは何か…?答えが無数にあるこの問いに対し、一曲を通して“自分なりの答え”を導いていくという流れの元、曲が進んでいく構成となっている。

それを踏まえた上で、映画の内容に寄り添いながら掘り下げてみる。

病に倒れ昏睡状態に陥り、いつ目を覚ますかもわからない花嫁が奇跡的に回復を遂げた実話を描いた作品がテーマとなっている「瞬き」の歌詞の中で、このフレーズが何回も登場してくる。

私たちは普通の生活が突然奪われたとき、不幸せだと思ってしまいがちである。

大切な人が、日に日に自由を奪われていく姿を目の当たりにして、なんて運が悪いんだ!と自分を攻めるしか無くなったとき、あなたならどう気持ちを落ち着かせますか?

そういう極地に立たされた時に、特別な事を一切捨ててみると、大切な人とのたわいも無い時間と相手を守ることが一番の幸せだったということに気づくことができる。

瞼の内側でも瞼の向こう側でも、大切な人の側に居る事ができたなら、こんなに幸せなことは無い。



新境地を開拓した名曲

“守っているはずが、いつの間にか相手に守られている僕。そんな情けないことでも許してくれる君のそばに居れることがいちばんの幸せだ。“

というところに、いつ大切な人を失うかわからない恐怖の中に差し込む希望の光が見えてくる。

一度は守る事が幸せだと決心しても、どこか不安で、結局は守られる立場になってしまっているというところに、“清水依与吏らしさ“が散りばめられている。

自信を持ってもいいはずなのに踏み切れないといった、どこか憎めない人物像に愛おしさを感じるのだ。

今作の「瞬き」は、奇跡の実話を元に、目の前にある愛情を歌っているという、新しい一面を覗かせた。

この曲でback numberの曲の幅が確実に広がり、新たなファンを獲得したと言っても過言ではない程、今後のback numberに期待を持てる曲の一つとなった。



恋をしたら聴きたくなる

どちらかと言えば、実際に経験した恋愛遍歴や妄想がそのまま歌詞となり、失恋をテーマの歌詞が多い中、なぜ人を好きになった時にback numberが聴きたくなるのだろうか…。

きっとそれは、恋愛の苦さも代弁してくれる“かっこ悪い歌詞”と、キラキラとしたメロディが映える”かっこ良いサウンド“が見事にマッチングしているからなのだ。

TEXT:松下ゆっこ

back number 最新情報

最新リリース情報

2019年2月27日(水) リリース!
back number 20th single
『HAPPY BIRTHDAY』


★初回限定盤
価格:1,800円 (税抜)
商品番号:UMCK-9989 
内容:CD+DVD
※三方背BOX仕様


★通常盤
価格:1,000円 (税抜)
商品番号:UMCK-5668
内容:CD

【収録内容】
[CD収録]
01. HAPPY BIRTHDAY 
02. エキシビジョンデスマッチ
03. ジャスティスインザボックス
04. HAPPY BIRTHDAY (instrumental)
05. エキシビジョンデスマッチ(instrumental) 
06. ジャスティスインザボックス(instrumental)

[DVD]※初回限定盤のみ
・『HAPPY BIRTHDAY』music video、making of studio recording & music video & photo session、
・『back number dome tour2018 "stay with you"』digest movie

▷『HAPPY BIRTHDAY』特設HP




●ドラマ「初めて恋をした日に読む話」概要
TBS系 火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」
2019年1月15日(火) よる10時スタート

[あらすじ]
東大受験の失敗をキッカケに人生なにもかも上手くいかない、しくじり鈍感女子。 そんな彼女の気付かぬところで、人生を変えてしまうような ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事が…!? 主人公を巡るタイプ違いの3人の男たち… この冬一番のラブストーリーをお届けする!!

[出演者]
深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也、髙橋 洋、永田崇人、堀家一希、櫻井圭佑、若林拓也、石丸謙二郎、鶴見辰吾、安達祐実、皆川猿時、生瀬勝久、檀 ふみ

▷ドラマ「初めて恋をした日に読む話」公式HP

ツアーライブ情報

●back number tour 2019

【2019年】
4月20日(土) / 4月21日(日)
会場:静岡 静岡エコパアリーナ

4月27日(土) / 4月28日(日)
会場:岩手 盛岡タカヤアリーナ

5月03日(金・祝) / 5月04日(土)
会場:長野 長野ビッグハット

5月18日(土) / 5月19日(日)
会場:新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

5月25日(土) / 5月26日(日)
会場:北海道 北海道立総合体育センター北海きたえーる

6月01日(土) / 6月02日(日)
会場:埼玉 さいたまスーパーアリーナ

6月08日(土) / 6月09日(日)
会場:大分 別府ビーコンプラザ コンベンションホール

6月22日(土) / 6月23日(日)
会場:広島 広島グリーンアリーナ

6月29日(土) / 6月30日(日)
会場:愛媛 愛媛県武道館

7月06日(土) / 7月07日(日)
会場:神奈川 横浜アリーナ

7月20日(土) / 7月21日(日)
会場:三重 三重県営サンアリーナ

7月25日(木) / 7月26日(金)
会場:東京 日本武道館

8月03日(土) / 8月04日(日)
会場:和歌山 和歌山ビッグホエール

8月10日(土) / 8月11日(日・祝)
会場:福井 サンドーム福井

8月17日(土) / 8月18日(日)
会場:宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

8月23日(金) / 8月24日(土)
会場:大阪 大阪城ホール

8月31日(土) / 9月01日(日)
会場:福岡 マリンメッセ福岡

9月20日(金) / 9月21日(土)
会場:沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟

▷back number ツアー特設サイト

back number Profile

Vocal & Guitar : 清水依与吏 (シミズイヨリ)
Bass : 小島和也 (コジマカズヤ)
Drums : 栗原寿 (クリハラヒサシ)

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』、2010年6月1stフルアルバム『あとのまつり』をリリース。

2011年4月6日にシングル『はなびら』でメジャーデビュー。6月22日リリースの2ndシングル『花束』は全国FMのパワープレイ、番組のエンディングテーマ等含めて73個を獲得、10月に3rdシングル『思い出せなくなるその日まで』、メジャー初となるオリジナルアルバム『スーパースター』を立て続けにリリース。

2012年には『恋』『日曜日』『わたがし』『青い春』の4枚のシングルをリリース。『日曜日』はHBC・TBS系ドラマ「スープカレー」、『青い春』はCX系ドラマ「高校入試」の主題歌にも起用され、さらに大きな注目を集めた。

11月にそれらのシングル曲を収録した3rdアルバム『blues』をリリース、その後の全国ツアーは17ヵ所19公演が全て即日完売、さらに2013年9月7日に行われた初の日本武道館公演も即日完売となり大成功を収めた。

2014年、8thシングル『高嶺の花子さん』(2013年6月リリース)、9thシングル『fish』(2014年2月リリース)、そして10thシングル『繋いだ手から』(2014年3月リリース)を含むニューアルバム『ラブストーリー』を3月26日にリリース。5月からはそのアルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「love stories tour 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即完、追加公演の横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホールも即日完売となり大成功を収めた。

2015年1月に発売されたシングル『ヒロイン』はJR SKISKIのCMソングに、5月に発売された『SISTER』は大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターCMソング、8月に発売された『手紙』はNTTドコモ CMソング、11月に発売された『クリスマスソング』はフジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん〜」主題歌に起用され大ヒットを記録、

その後5枚目のオリジナルアルバム『シャンデリア』はオリコンウィークリーチャート2週連続1位を獲得した。

2016年1月にスタートした26ヶ所27公演のホールツアー、さらに6月から追加を含めて6ヶ所12公演のアリーナツアーは全箇所即日ソールドアウト。

5月に発売されたシングル『僕の名前を』は映画「オオカミ少女と黒王子」主題歌となりiTunesウィークリーチャート1位を獲得、11月発売シングル『ハッピーエンド』は映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌として話題を集めた。12月28日には自身初のベストアルバム『アンコール』をリリースし、70万枚を越える大ヒットを記録。

2017年2月から自身最大規模の全国アリーナツアー“All Our Yesterdays Tour 2017”で30万人を動員し、12月には映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌の『瞬き』をリリース。2018年7月から初の東名阪ドームツアーがスタート全公演即日完売で大成功をおさめる。

ツアー中の8月には映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」主題歌の『大不正解』を、11月にTBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌『オールドファッション』をリリース。

▷back number オフィシャルHP

「WHY@DOLL」史上で最も勢いのあ…

中森明菜、つっぱりソングの集大成「十戒…