1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. MAGiC BOYZ
  6. 【インタビュー】MAGiC BOYZの二面性を堪能できる『ハッピーエンドマジック』をCheck it out!!

【インタビュー】MAGiC BOYZの二面性を堪能できる『ハッピーエンドマジック』をCheck it out!!

3月7日に『ハッピーエンドマジック』をリリースした、高校生3MC&小学生1DJのHIP HOPグループMAGiC BOYZが、豪華アーティストがプロデュースする楽曲たちについてたくさん語ってくれました!ご覧ください!

2018年3月22日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・MAGiC BOYZ メンバー
  2. ・MAGiC BOYZ『ハッピーエンドマジック』
  3. ・一番好きなフレーズ
  4. ・レコーディングで印象に残った話
  5. ・最後にメッセージ!
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・MAGiC BOYZ 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・MAGiC BOYZ Profile

MAGiC BOYZ メンバー

▼リュウト

▼ジョー

▼マヒロ

▼トーマ



MAGiC BOYZ『ハッピーエンドマジック』



──『ハッピーエンドマジック』のリリースとなりましたが、1枚出来上がった感触はいかがですか?


マヒロ:今回すごい方々にプロデュースをしてもらっていて、出来上がったものを自分たちが聴いてもとてもいい曲でした!プロデュースして頂いた皆さんに感謝しています!


トーマ:今回『ハッピーエンドマジック』はEnjoy Music Clubさんに提供していただいて、カップリングもLUNAさん、SUSHIBOYSさん、抹さん、Yohji Igarashiさんというそれぞれ特徴のある曲で聴いていて面白い1枚になったと思います。

リュウト:『ハッピーエンドマジック』はMAGiC BOYZが初めて挑戦するスタイルのラップだったので、その分カップリングで思う存分ふざけたような感じでインパクトのある曲になりました。買って損のない出来栄えになったんじゃないかと思います!

ジョー:やっぱり僕はDJなので歌う機会があまりなかったんですけど、今回はカップリングでも表題曲でもいっぱい歌わせてもれる場面があって、レコーディングではプロデューサーの方々にお世話になったので感謝しています。


──カップリングで遊ぶというスタイルはラッパーの方がよくリリースの際にされていますが、やっぱりカップリング曲のような曲調の方がしっくり来るところも?


リュウト:そうですね、やっぱりカップリングはMAGiC BOYZでよくやっていたスタイルをベースにいろんなアレンジを加えたり、さらに新しいことをしたりした感じなので、今までもMAGiC BOYZの曲を聴いてくれていた方には馴染みがあるかもしれないです。
『MAGiC HAND 〜マジヘン!〜』はマジック絡みでLUNAさんとやらせてもらっているんですけど、本当に王道なスタイルですし、SUSHUBOYSさんとはBOYS繋がりでやらせてもらったり、『Do The D-D-T!!』とかでお世話になった抹さんとIgarashiさんのタッグで今回も曲を作っていただけたり、カップリングはこれまでのマジボ(MAGiC BOYZの呼称)っぽい感じになりました。

──今回のようにいろんな方と曲を作っていると、やっぱり自分たちの作詞作曲にも影響があったりもしますか?

全員:もちろん!


──その中でも今回特に印象に残っていることは?

トーマ:やっぱりSUSHIBOYSさんのラップのフロウがSUSHIBOYSさんにしかできない言い回しだと思うので、そこがやっぱり勉強になったし自分が歌詞書くときにも取り入れていきたいです。

リュウト:『MAGiC HAND 〜マジヘン!〜』はみんなでキーワードとかリリックを書いてLUNAさんに直してもらったんですけど、LUNAさんのワードセンスで僕たちのリリックを捉えるとこうなるんだ!っていうところに惹かれました。もし、お題をもらって歌詞を書くようなことがあったら違う角度から見て歌詞を書くっていうことに挑戦したいです!



一番好きなフレーズ

──そんな見所いっぱいの豪華なシングルですが、皆さんが収録曲の中でも一番好きな歌詞のフレーズというのを聞かせてください!

リュウト:『MAGiC HAND 〜マジヘン!〜』の僕のリリックの頭2行、「欲しいものは速攻で頂く ありのまんまに掻っさらう」が、“これに尽きるな”っていうくらいに好きなフレーズです。ラッパーって自分がスゴい奴だってことを主張するスタイルが根本だと思うんですけど、それを忘れていない初心に戻ったような気持ちで歌い出せるところです!謙虚な気持ちはもちろん大事だけど、あくまでも“余裕”な雰囲気を出していきたいので。


──リュウトさんご自身も欲しいものは速攻で頂くくらいのハングリー精神の持ち主?

リュウト:はい!努力して掴み取るんだ!っていうよりは、余裕を持っていられたらラッパーだなって思います。


──ここ最近で、速攻で頂きにいきたいモノは何かありますか?

リュウト:学校で合唱コンクールがあるので、そこで最優秀賞を頂きたいですね!これに関しては努力ですけど(笑)。それこそテストだったら努力してるとこなんて人に見せないで余裕でいい点を取りに行きたいなっていうのはあります!


──テスト結果の報告、楽しみにしています(笑)

リュウト:あ〜っ!俺のテスト結果がUtaTenさんに載るっていう!(笑)


──(笑)ありがとうございました。では続いてお好きなフレーズをマヒロくん!

マヒロ:はい!『ハッピーエンドマジック』のトーマが歌っている「エンドロール の先の先まで 見逃せないね 見逃しやしないぜ!」っていうフレーズが好きですね。エンドロールって最後に流れるけど、その先の先までっていうのは未来がある感じで好きです。


──皆さんで歌詞を読み込むっていうこともされているようですね。

全員:はい!

リュウト:ラップなので、歌よりもメッセージ性が強い部分だと思ってて、自分で書くときもそうですけど言葉は意味も含めて慎重に選ばなくちゃいけないからこそ書いてもらった歌詞でも言葉の意味とかは考えます。



──皆さんがイメージするエンドロールの先の先はどんな感じですか?

リュウト:その話ししちゃうと結構リアルなことになる…(笑)。

トーマ:老後の話とか(笑)

リュウト:孫に面倒見てもらいたいねぇ〜みたいな感じですけど、5年後10年後とか近い未来で言うなら…トーマなんかある?

トーマ:車の免許がとりたいです。

リュウト:エンドロールの先は車の免許取得ですか!

トーマ:これがマジボなんですよ。運転したいなーって(笑)。


──確かにラッパーって車ブイブイさせているイメージですよね(笑)。


トーマ:そうなんですよ。ラッパーですから!自分がやりたい事をね。

リュウト:スターダストにいながらラップとかもやらせてもらっているので、ラッパーの友達もいっぱい欲しいし、芸能人の友達もいっぱい欲しい。ラッパーの人ってキラキラしている人を見ると、「実力じゃねー」みたいになることもあるので、そこを繋ぐ架け橋みたいな役割を僕たちが出来たらいいなって。


──好きなフレーズはありますか?

ジョー:迷うなー。

トーマ:『PAC47』の全ての歌詞なんですけど、これだけ食べ物の事を言っておきながらもちゃんと韻を踏んでいるのが凄いなって思って。

リュウト:この歌詞は、抹さんに感謝だね。

トーマ:考えが深いんですよ。『PAC47』の歌詞全部良いですね。



──天才ですよね。

リュウト:そうなんですよ。しっかり歌詞が47個あるしね。

トーマ:多分そうだと思います。僕が数えた結果によると47個あったので!

リュウト:抹さんは僕らが中3の時の『Do The D-D-T!!』からお世話になっている方ですし、今回フロウで一番遊んでいるのがこの曲だったりするんです。本当に抹さんには感謝していいますね。


──すごく渋い歌詞ですよね。それを皆さんが歌うっていうのもまた良い!

リュウト:はい。抹さんがわかってらっしゃるんです。


──この歌詞の中で一番好きな食べ物はありますか?

トーマ:迷うなー。

マヒロ:タン好きですね。

リュウト:トーマは泡盛じゃないの?

トーマ:ふざけんなよ(笑)この中だったらお茶ですかね。静岡出身なので!


──ジョーくんは好きな歌詞フレーズはありますか?


ジョー:『O.NE.DA.RI』の「おねだりお願い欲しいもの何?」が好きです。ここを聴いたときからうぉーって感じがして。ライブでやって気持ちよさそうっていう所もあるし、凄く聴いててもカッコいいという所があります。もう一個が『MAGiC HAND~マジヘン!~』のLUNAさんのパートの「Myカードは最強のジョーカー」っていう部分です。「ジョーカー」ってラスボス感がするというか、トランプだったら最強だと思うし上手く言葉に出来ないんですけど、好きなんです!


──ジョーカーっていう言葉に惹かれるんですね。

ジョー:はい。名前がカッコいいっていうのもあるし。


──それに自分に名前も入っていますしね!

ジョー:そうですね。

リュウト:確かに!


──曲が出来た順番はあまり差がないんでしょうか。

リュウト:『PAC47』は最近録り終えたんですが、『ハッピーエンドマジック』、『O.NE.DA.RI』『MAGiC HAND~マジヘン!~』、『PAC47』という順番になりますね。

次ページ : 印象に残っている話

7人の総力戦で挑むこれからのキスマイの…

【インタビュー】ファンキー加藤「日々の…