1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 瀬川あやか
  6. 【インタビュー】瀬川あやか「音楽と恋愛に一生振り回されていく」新作は恋愛処方箋

【インタビュー】瀬川あやか「音楽と恋愛に一生振り回されていく」新作は恋愛処方箋

現役看護師&シンガーソングライターの瀬川あやかが3月21日に、2nd ALBUM『センチメンタル』をリリース!“恋愛処方箋”となる全10曲を収録した今作や、自身の恋愛観についてたっぷり話を伺った。

2018年3月25日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・色んな表情の女の子を描いた一枚
  2. ・マスカットを食べているときに思い付いたタイトル
  3. ・ポジティブに見えて実はネガティブな一面も?
  4. ・「いつかはいなくなるんだろうな」って思ってしまう
  5. ・女子であり続けたいなっていう事を表している一行
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・瀬川あやか 最新情報
  8. ・瀬川あやか「センチメンタル」ポニーキャニオンショッピングクラブ限定特典ライブ情報
  9. ・リリース情報
  10. ・タイアップ情報
  11. ・ライブ情報
  12. ・瀬川あやか Profile
瀬川あやか

色んな表情の女の子を描いた一枚

──アルバムタイトルの『センチメンタル』というテーマを持って今回のアルバムは制作を始められたんでしょうか?


瀬川あやか:そうですね。2枚目のアルバムは恋愛の曲を集めたモノにしたいっていうのがありました。1枚目のアルバムは私がデビュー前に書いた曲で固めていて、自分の名刺代わりになるように制作していたんですけど、リリースとかを重ねていくうちに恋愛ソングを歌っていたっていう所と、自分の中で人生のテーマっていうと大げさかもしれないんですけど、音楽と恋愛に一生振り回されていくような気がして。それで恋愛の曲を書きたいって思うようになって、それらを集めたアルバムにしようって考えたんです。

『センチメンタル』というタイトルは、一番最初に出てきた候補の一つだったんです。スタッフとも色々話し合ったんですけど、しっくりくるのがこれだったので、きっと自分の中ではすでに決まっていたんだと思います。自分が割と悲しいときも嬉しいときもそうなんですけど、涙脆いんですよ(笑)割とダイレクトに色んなことを感じてしまうので、そういう自分が向き合ってきた気持ちを集めた一枚になっています。色んな表情の女の子を描いていますね。


2nd ALBUM『センチメンタル』初回限定版

──全部女の子目線で、たくさんのストーリーがあるのでどれだけ多くの恋愛をしてきたんだろう?って思いました(笑)

瀬川あやか:(笑)確かにバラバラですよね。自分でも思います。クールな一面の子がいたり、『ご都合よし子と足りてる男』に出てくる都合の良い女がいたり。全部が実体験ではないですが、ほぼ、自分が経験したことを元にがーっと膨らませて作っています。



──一個の恋愛からいくつも曲が出来るみたいな感じだったりされるんですか。

瀬川あやか:そうですね。女の子ってずっと機嫌良いっていう訳じゃないし、色々いますのでそこから作っていったりしますね。


──アルバム収録曲の『ご都合よし子と足りてる男』が一番リアルで、共感を得る曲だと思いました。経験してない人でもわかるような。これも実体験なんですか?

瀬川あやか:そうですね。大事な仕事とかではない日に、「暇か?」とか言われたら急いで用事を済ませて暇にするじゃないですか。だって好きな人に誘われて、断る理由はないよ!っていう(笑)そういう所から、自分の事を客観的に見れる女の人が多いけど、それでもいいやって思う人も絶対多いなって思うんです。友達に相談しても結局は自分でわかっているから、改めて怒られても怒られなくてもどっちでも良い!っていう。


──『ご都合よし子と足りてる男』では、「17cm切った髪」っていうフレーズがありますが、瀬川さん自身髪を短くされていたタイミングがありましたよね。

瀬川あやか:切りました!でも“てる男”の為に切った訳じゃないんですよ(笑)女の子が髪を切るっていう意味を男の人はわかっているんだろうか?って思って。


──てっきり当時書かれた歌詞なのかと思いました(笑)!


瀬川あやか:当時ではないです(笑)!でも、自分の中でリアルな数字っていうのは、17cm切ったときなんですよね。断髪式で私、一回だけはさみを入れたんですよ。その時、手が震えて緊張したんです。それぐらい大事な事だと思いますね。でも、こんなにばっさり切っても気付かれなかったりするんですよ。相当な変化なのに!


──でも、例えば友達以上恋人未満な相手がいたとして、その人が髪を切ったことに気がついてくれたら、そういうマメな男って大丈夫かな?って思っちゃいません?

瀬川あやか:そうそうそう!女の扱い慣れてるじゃん!ってなりますよ。今度「慣れてる男」書きますね(笑)


マスカットを食べているときに思い付いたタイトル

──1曲目の『マスカット』は、なぜこのようなタイトルになったんですか。


瀬川あやか:みんな、“なんでマスカットなんだろう?”って思っていると思うんですけど、これには理由があります。ちょうどマスカットを食べているときに、凄い実がいっぱい付いているのに、無意識にとっているだけなんだけど、なんでこれにしたんだろう?って単純に思ったんです。沢山ある中から、なぜ一つの実を取ったのかな?って思って。これじゃなかったら別の味がするのかなーって考えたりしたんです。「数ある人の中からやっと見つけたこの手を」って歌詞があるんですけど、大切な人を見つけて皆好きになってっていうそこに繋がりを持ってマスカットに結び付けましたね。



──そこから曲が出来たんですね。

瀬川あやか:そうなんです。曲は書いてたんですけど、私は北海道出身なのでスクランブル交差点が新鮮だったんですよね。だからそのフレーズが入る曲を作りたくて。


──東京にいて書く歌詞とかも変わられたりしましたか?

瀬川あやか:スクランブル交差点で言うと、東京に来たときに本当に人が多いんだなって思いました。田舎だったら全員と出会えるけど、東京って色んな地方から来てる人もいるし、旅行で来てる人もいるし、もしかしたら一生会えない人もいるっていう所ですごいなって思って。アルバムの曲で言うと『クロスロード』っていう曲がロケーションとしてはほぼ一緒ですね。ああいう人込みの中で誰が嬉しい気持ちで、誰が悲しい気持ちかなんて全然わかんないじゃないですか。だからその『マスカット』みたいな女の子もいれば、『クロスロード』みたいに別れて、それぞれの場所に帰っていくじゃないですけど、またその人込みの中に帰っていく人もいるんじゃないかなって。なので、感じ方とかは、変わりましたね。変わらない所もありながらですけど。


──そうなんですね。では『マスカット』は結構前に書かれた曲なんですか。

瀬川あやか:大分前ですね。書き始めて間もなくだったと思います。


──このアルバムの中で言うと、どの曲が新しいんでしょうか。

瀬川あやか:一番新しいので言うと『ご都合よし子と足りてる男』ですね。あと『you&me』と『WAKE UP !!』は新しいです。


──『WAKE UP !!』はタイアップも決まっているそうで、MVも完成されてましたよね。スーツのパンダが出てきますが。

瀬川あやか:あのパンダ誰がやっているか知ってます?ポニーキャニオンのスタッフさんがやってくれてるんですよ。出来上がりみたときに「めっちゃエロいー」って思いました(笑)



──そうだったんですね。(笑)なんでパンダとスーツだったんですか。

瀬川あやか:スーツとパンダは意味があった訳じゃなくて、シュールに面白くしたくて。一番良い塩梅になった感じです。あと、上野動物園のシャンシャン効果ですね(笑)


──この曲では運命的な事を書かれているじゃないですか。中でも「その名前教えてね」ってあると思うんですけど、どうして「その名前教えてね」なんですか?

瀬川あやか:例えばMVに出てくる覆面のパンダがいたとしても、その人が運命の人って全然わかんないじゃないですか。その顔見せてよ、名前教えてよって思って教えてもらって会わせてもらえたら、こんな楽な事はないんじゃないかなって思うし。でもわからないから、これが恋かもしれないって思ったときに、教えてくれたらもっと勢いをつけて頑張れるのに!っていう想いを込めて作りました。


──でも結局付き合う人って、運命の人だって思って付き合っちゃいません?

瀬川あやか:私は完全にそうですね。もうこの人しかいないってなっちゃう。(笑)それぐらい一生懸命で良いんじゃないかな?ってすごい思いますね。気持ちにブレーキをかけても苦しかったり、逆に忘れられなくなっちゃたりとかもするんだったら自分の納得いくまで真剣でいいじゃんって思うんです。


ポジティブに見えて実はネガティブな一面も?

──ポジティブってプロフィールに書いてあったんですが、瀬川さん自身も恋愛において消化するのが速かったりするんじゃないですか。


瀬川あやか:いや全然ですね。ネガティブだからこそ、ポジティブなことを言っていなきゃって思うんですよね。それに、言霊ってあると思うからポジティブでいようって思うけど、1人になったときとかは「はぁ…」みたいな。起伏みたいな所は激しい気がしますね。


──男の中のめんどくさい女像の一つかもしれませんよ(笑)

瀬川あやか:(笑) 見抜かれている…。自分のめんどくさいの種類が、怒らないけど「いいよいいよ大丈夫」っていう謎のいらない気の遣い方をしちゃうんですよ。女性ってすぐ「大丈夫だよ」って言っちゃうけど、「大丈夫じゃない」んですよね。


──私の場合は、「大丈夫だよ」って言いながらも「大丈夫」だってわかってくれなかった事に怒りますもん。

瀬川あやか:(笑) うんうん。先回りして、見ててほしいんですよね。


──「大丈夫大丈夫」って言ったあと、瀬川さんの場合はどうしますか。

瀬川あやか:自分が会いたいなって思ったときに、相手が忙しくて会えなかった場合に「大丈夫」って言って、気付いてもらえないのは別にいいです。仕事頑張っている相手の方が全然良いから、そこは気付かなくていいけど、それを良しとはしてほしくないですね。でも繊細なのは男の人のような気がする。


──っていうのは?

瀬川あやか:なんか傷つきやすさでいうと、男性の方がプライドが強い面もあるから繊細な方は男の人なような気がするんです。


──言い方を考えないといけないんですよね。「恋が目を覚ますよ」っていうフレーズがありますが、これって今まであまり聞いた事がない言葉だと思いました。ここから曲が出来ていった感じなのでしょうか。

瀬川あやか:この歌はサビ頭の「もしも運命の人なら心の扉を叩いて開いてその名前教えてね」からできてきて、扉の向こう側にいる誰かの声がしている、その声を聴いて自分の恋が目覚めていくっていう情景を言葉にしていきました。歌詞の流れで出来ていきましたね。ちなみにタイトルは後に付けています。また『Have a good day!』とかは、キャッチーな言葉が欲しかったりしたんで、タイトルから作り出しましたね。


──『Have a good day!』は唯一恋っていうワードが浮かんでこないんですよね。

瀬川あやか:みんなあるかもしれないんですけど、何か頑張るときとかって絶対誰かの事を思っていませんか?



──ああ確かに!じゃないと頑張れないかもしれない。

瀬川あやか:って私はすごく思うし、例えばそれが今じゃなくてもあの時約束したものなのか、どうかはわからないけど、いつか見つけてもらえるために自分磨きしよう。絶対誰かがいて、目標を建てたりできると思うので、君っていうのは大切な人を思ってっていう事なので、何かしらは恋のエッセンスが入っていると思います。


──なるほど!とてもキラキラしている曲ですし、この曲がアルバムの最後に入っているのが瀬川さんらしいですね。

瀬川あやか:『Have a good day!』はね、途中に入れられないんですよ(笑)。収録順を決めるときも、割と『Have a good day!』は、最後だよねって置いといた感じなんです。


──流れもかなり考えられたんですか。

瀬川あやか:流れはかなり考えましたね。『you&me』からの『ご都合よし子と足りてる男』とかは結構湧きますもん。


──ここはあえて狙った順番なんですね。

瀬川あやか:そうですね。ここが一番映える気がして。『ご都合よし子と足りてる男』は急に効果音とかが入ってくるんですけど、あれはスタッフさんが色んな楽器を持ってきてくれたので、ここに入れたら面白そうだなって思っていれたり、ここに何か欲しいなって思っていれたりして、自分で組み立てていきましたね。聴く人にとっては、なんでここにいれた?ってなるかもしれませんが、そういうのもありな曲にしたかったんですよね。



次ページ : 「いつかはいなくなるんだろうな」って…

スタダ発の超新星「はちみつロケット」雨…

KinKi Kids なら表現できる!…