1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. スピッツ
  6. 春は是非、音楽でも花を!

【歌詞コラム】春は是非、音楽でも花を!

このアーティストの関連記事をチェック

UtaTen特別企画 『コラムで綴るス…

「小さな赤い灯」を守り続ける。スピッツ…

冬の寒さが終われば、暖かくてのどかな、花が咲き誇る季節がきます。花という存在は、その美しさ、儚さ、力強さからか多くの楽曲の歌詞に登場します。それぞれの花が持っている、いくつもの花言葉。今回はそんな花言葉から楽曲に触れてみようと思います。

公開日:2018年4月8日 更新日:2018年4月12日

Column

柚香


この記事の目次 []
  1. ・SEKAI NO OWARI サザンカ
  2. ・スピッツ 楓
  3. ・いきものがかり ひなげし
  4. ・UVERworld ハルジオン
  5. ・スピッツ 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ツアー情報
  8. ・スピッツ Profile

SEKAI NO OWARI サザンカ



誰よりも転んで 誰よりも泣いて
誰よりも君は 立ち上がってきた


この楽曲は2018年2月から3月にかけて韓国で開催された平昌オリンピック・パラリンピックのNHK放送テーマソングです。

「困難に打ち克つ」という花言葉を持つ、サザンカ。

それぞれの”困難”を乗り越え、勝つために大舞台へと挑むアスリートの姿と重なります。

夢を追う君へ
思い出して くじけそうなら
いつだって物語の主人公が立ち上がる限り
物語は続くんだ


サザンカは「ひたむき」という花言葉も持っています。

雨の日も風の日も花が空に向かって咲く様に、諦めず、何度も挑み続けるアスリート達の”ひたむき”さは、私たちの心を大きく揺さぶり、感動や活力を届けてくれます。

スピッツ 楓



楓の花言葉は、「大切な思い出」です。

忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと


曲の主人公は、大事な人と過ごした日々を、かけがえのない時間を”思い出”に変えて心で噛み締めます。

さよなら 君の声を 抱いて歩いていく
ああ 僕のままで どこまで届くだろう


別れを告げ、自分の道を歩いていこうとする戸惑いや不安。

そして”大切な思い出”を連れて、一人進もうとする主人公の強い意志が感じられます。

そこには別れる悲しみ以上に、大事な人に出会えた喜びやこれまでの感謝が溢れているのです。

いきものがかり ひなげし



ひなげしの花言葉は「恋の予感」と「慰め」。

大体三日間でひと月の疲れを癒してる 叶わぬ恋と銘打ったこの果敢なき物語

報われない恋に陥る主人公の女性。せっかく芽生えた彼女の”恋の予感”は報われません。

「愛」だ「恋」だと嘆くは孤独の雛罌粟 心は泪色

交わる術を無くしたあたしは雛罌粟 そぞろな朱の色

赤やピンクといった順風満帆な恋を連想させるヒナゲシの色とは裏腹な、目には映らない女性の心模様が様々な色の表現で描かれています。

ギター&ハーモニカの山下穂尊が作詞作曲を手がけた「ひなげし」。

”慰め”や憂いを感じさせるメロディーが、花が風に吹かれるように揺れ惑う彼女の姿をまた一層苦く切なく感じさせます。

UVERworld ハルジオン



大抵、花にはいくつかの花言葉があるのですが、ハルジオンには1つの花言葉しかありません。

たった1つしかないハルジオンの花言葉は「追憶の愛」です。

新しい記憶 古い記憶 止まることの無い毎日で
忘れていく事ほど寂しい事は無いから


“追憶”とは、過去を思い出してしのぶ事を表す言葉です。

曲中でもあの時やあの人を思い出し、命を噛みしめる場面いくつもがあります。

「今でも思い出す」ということは辛さや悲しみだけではなく、忘れない、忘れたくないという想いや”愛”が詰まっているのだと気付かされます。

ご紹介した曲以外にも、たくさんの曲で様々な種類の花が登場してきます。

登場する花の花言葉を調べて聞いてみると、今まで知っていた曲をより深く楽しめたり、新たな視点で聴くことができたりするかも知れません。

知らない曲でも、花言葉から聞いてみよう!と興味を持てたりすることも…?

暖かくなって花を楽しめる季節、是非音楽でも耳でも花を愛でてみてはいかがでしょうか。

TEXT:柚香

スピッツは、日本のロックバンドである。事務所はGrass Hopperに所属し、レーベルはユニバーサルミュージックグループの社内レーベルのユニバーサルJと契約している。メンバーは、草野マサムネ(Vo,Gt)、三輪テツヤ(Gt)、田村明浩(Ba)、﨑山龍男(Dr)の4人からなり、バンドメンバー全員がコー···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ネクストブレイク間違いなしの和歌山発エ…

キュウソネコカミ、嘆きの実写化とは?