1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. 菅田将暉
  6. 哀しみの空に浮かんだ”孤独という名の雲”の上から、手放した愛情を地上に降らせる『さよならエレジー』。

哀しみの空に浮かんだ”孤独という名の雲”の上から、手放した愛情を地上に降らせる『さよならエレジー』。

最終回をむかえた『トドメの接吻』の主題歌としても話題となったの「さよならエレジー」は、同ドラマにも出演していた菅田将暉が歌っている。日本トップの若手実力派俳優という名誉ある肩書きの持ち主である彼が、今度はシンガーとして感情を爆発させる。

2018年4月18日


この記事の目次
  1. ・菅田将暉「さよならエレジー」
  2. ・「孤独という名の雲」に込められた気持ち
  3. ・菅田将暉の飾らない姿が垣間見られる一曲
  4. ・菅田将暉 最新情報
  5. ・MusicVideo・配信情報
  6. ・リリース情報
  7. ・「菅田将暉のオールナイトニッポン」番組概要
  8. ・菅田将暉 Profile
人気俳優や人気女優が歌手としてCDデビューするという流れは日本の芸能界ではごく当たり前のことで珍しいことではない。

役者業よりも音楽業で後にトップシンガーに登りつめた有名人もいるほどだ。

今、菅田将暉はこの2つの業界でトップになりつつある。

俳優や女優がCDデビューすることに対して、世間体では厳しい意見もたくさん飛び交う中、菅田将暉はどちらに対しても絶大な指示を受けているのは何故なのか。

菅田将暉が歌っている曲を聴いてみると、ヤラセ感やビジネス要素が無い。

それはデビュー曲「見たことも無い景色」を聴いたときにそう感じさせられた。

歌わされているのでは無く、本人の意思で歌う無骨な姿勢に、シンガーとしての菅田将暉の可能性を見いだすことができるのだ。

菅田将暉「さよならエレジー」



さよならエレジー」は菅田自身が元からファンであり、交流の深い石崎ひゅーいが楽曲提供をしている。

米津玄師とのコラボとはうって変わった刺々しいギターロックだ。

『トドメの接吻』で菅田は路上ミュージシャン役を演じ、MVでも演じた役の姿で出演している。

何かを見据えた眼光でアコースティックギターを爪弾く姿はどこか悲しげに見え、曲のイメージを見事に表現するのはさすが役者だと言えるところである。



「孤独という名の雲」に込められた気持ち

僕が愛を信じても きっといなくなるんだろう?
それならいらない 哀しすぎるから
さようならさえも 上手く言えなさそうだから
手を振る代わりに抱きしめてみたよ


曲の全体像に悲壮感が漂い、地面に足をつくことさえも出来ない程に衰弱している気持ちを“孤独という名の雲”という歌詞に当てはめられている。

自らの手で手放した愛でありながらも、本当は無念な気持ちでいっぱい。

一人になって気が付いた相手への思いが溢れ、大粒の雨を振らせる。

この後悔だけは心に虹を描くことはできなかった。

そんな風に冒頭から読み取ることができる。

捨てきれない愛情を必死に追いかけ、言葉より行動が先行し思わず抱きしめる。

そこには、二人が交わす言葉は存在しないし、女性も存在しない。

どこかへ行ってしまった未練だけが残り、心の奥がジンジンと痛くなってくるのがわかる程、聴き手の感情を揺さぶってくるのだ。

菅田将暉の飾らない姿が垣間見られる一曲

愛が僕に噛み付いて 離さないというけれど
さみしさのカタチは変わらないみたいだ
舞い上がって行け いつか夜の向こう側
うんざりするほど 光れ君の歌


一方で曲の中盤からラストにかけては、後悔を引きづりながらも半ば強制的だが前向きになっているのがわかる。

それが逆に胸を痛くさせてくる。忘れれば楽になれるかもしれないが、今も頭の片隅に残る君の姿が離してくれない。

“さみしさのカタチ”はそう簡単に変わっていかないのなら、いっそのこと思い出にしてしまいたい。

僕の未来は明るくなるように願うことしかできなくても、君の未来はうんざりするほどに応援し続けてやる。

この哀しい曲にさよならと手を振りながら、「傷つけることからも傷つくことからも卒業しよう。」という僕なりの結論へと最終的に至るのだ。

石崎ひゅーいという最高の刺客を迎え、飾らない菅田将暉を見せてくれた「さよならエレジー」。

今まで多彩な役をこなしてきた彼にしかできない曲になったと言うことが出来る。

歌詞に感情をぶつける部分は、音楽だけをやってきた人とは違うものを持ち、それを強みとしながら、私たちが“見たことも無い景色”をこの先もさらにみせてくれると大いに期待に胸が膨らむ。

シンガー・菅田将暉が役者・菅田将暉にどう影響されていくのか、今後のアーティスト活動が非常に楽しみである。

TEXT:松下 ゆっこ

菅田将暉 最新情報

MusicVideo・配信情報

<菅田将暉「さよならエレジー」ミュージック・ビデオ>
https://youtu.be/XSkpuDseenY
<菅田将暉『PLAY』特設サイト>
※サイト内で3月21日(水)0時~「さよならエレジー(LIVE ver.)」を24時間限定公開
http://sudamasaki-music.com/play/
<菅田将暉Debut Album『PLAY』全曲試聴トレーラー映像>
https://youtu.be/oPhduCDwu_c

リリース情報

菅田将暉 Debut Album『PLAY』
2018年3月21日 発売
◎完全生産限定盤(\6,500 税込) ESCL 5037-8 CD
+太賀撮り下ろし菅田将暉フォトプリントTシャツ
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005037
◎初回生産限定盤(\3,900 税込) ESCL 5039-40 CD + DVD
特典映像内容:「5年後の茜色の夕日」(北九州小旅行ドキュメント映像)
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005039
◎通常盤(\3,200 税込) ESCL 5041 CD Only
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005041
※全ての仕様に2/21発売シングル「さよならエレジー」とのW購入者特典応募ハガキ封入
菅田将暉Debut Album『PLAY』全曲試聴トレーラー映像
https://youtu.be/oPhduCDwu_c

<菅田将暉Debut Album『PLAY』CD収録曲>
01. さよならエレジー
作詞・作曲:石崎ひゅーい
★3rd Single 日本テレビ系日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」主題歌
02. いいんだよ、きっと
作詞:菅田将暉 作曲:石崎ひゅーい
03. 見たこともない景色
作詞:篠原誠 作曲:飛内将大
★1st Single au三太郎サッカー応援CMソング
04. ピンクのアフロにカザールかけて
作詞:菅田将暉 作曲:柴田隆浩(忘れらんねえよ)
05. 風になってゆく
作詞・作曲:渡辺大知(黒猫チェルシー) 
06. 台詞
作詞・作曲:石崎ひゅーい
07. スプリンター
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)
08. ゆらゆら
作詞・作曲:菅田将暉
09. 呼吸
作詞:菅田将暉、飛内将大 作曲:飛内将大
★2nd Single
10. 浅草キッド
作詞・作曲:ビートたけし
★映画『火花』主題歌
11. 灰色と青(+菅田将暉) / 米津玄師
作詞・作曲:米津玄師
12. 茜色の夕日
作詞・作曲:志村正彦

<菅田将暉Debut Album『PLAY』配信まとめ売り収録曲>
01. さよならエレジー
作詞・作曲:石崎ひゅーい
★3rd Single 日本テレビ系日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」主題歌
02. いいんだよ、きっと
作詞:菅田将暉 作曲:石崎ひゅーい
03. 見たこともない景色
作詞:篠原誠 作曲:飛内将大
★1st Single au三太郎サッカー応援CMソング
04. ピンクのアフロにカザールかけて
作詞:菅田将暉 作曲:柴田隆浩(忘れらんねえよ)
05. 風になってゆく
作詞・作曲:渡辺大知(黒猫チェルシー) 
06. 台詞
作詞・作曲:石崎ひゅーい
07. スプリンター
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)
08. ゆらゆら
作詞・作曲:菅田将暉
09. 呼吸
作詞:菅田将暉、飛内将大 作曲:飛内将大
★2nd Single
10. 浅草キッド
作詞・作曲:ビートたけし
★映画『火花』主題歌
11. 茜色の夕日
作詞・作曲:志村正彦
12. さよならエレジー弾き語り ver.
作詞・作曲:石崎ひゅーい
★3rd Single カップリング曲
13. ばかになっちゃったのかな
作詞・作曲:金木和也
★1st Single カップリング曲
14. 雨が上がる頃に
作詞:大久保友裕 作曲:松下典由
★2nd Single カップリング曲

「菅田将暉のオールナイトニッポン」番組概要

番組タイトル:ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』
放送日時:毎週月曜日25時~27時
放送局:ニッポン放送ほか全国36局ネット
番組メール:suda@allnightnippon.com

菅田将暉 Profile

1993 年 2 月 21 日生まれ、大阪府出身。2009 年「仮面ライダーW」でデビュー。以降、ドラマ・映画・舞台・ラジオなど幅広く活躍中。
近年の出演作品は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」、映画「キセキ -あの日のソビト-」、「帝一の國」、「あゝ、荒野」、「火花」など。公開待機作品に、主演映画「となりの怪物くん」(4 月 27 日公開)、「銀魂 2(仮)」(8 月 17 日公開)、「生きてるだけで、愛。」(秋公開)がある。Debut Album『PLAY』が発売中。

【菅田将暉 音楽公式Twitter】
https://twitter.com/sudamasakimusic
【菅田将暉 音楽OFFICIAL HP】
http://sudamasaki-music.com

【歌う動画トップテン:4/23付】今週…

【インタビュー】超実力派ユニットNor…