1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. K-POP
  4. ライブレポート
  5. MOMOLAND
  6. 【イベントレポ】満員御礼の日本デビューシングル発売記念ライブ!MOMOLANDがパフォーマンスで観衆を魅了

【イベントレポ】満員御礼の日本デビューシングル発売記念ライブ!MOMOLANDがパフォーマンスで観衆を魅了

このアーティストの関連記事をチェック

MOMOLANDの歌詞が好きな曲は日本…

K-POPアイドルのMOMOLANDが、日本デビューシングル「BBoom BBoom」をリリース、これを記念して13日に、神奈川・ラゾーナ川崎でイベント『【MOMOLAND】日本デビュー記念フリーライブ』を実施し、短い時間の中、多くのファンを魅了した。

公開日:2018年6月13日 更新日:2018年6月13日

Report&Photo

桂伸也



 MOMOLANDは韓国出身の9人組アイドルユニット。グループ名はドイツの児童文学作家・ミヒャエル・エンデの童話「モモ」になぞらえ、主人公「MOMO」と楽しい遊園地「LAND」を合わせた造語に「忙しく疲れた現代人に、ときめきとヒーリングを与える」という抱負を込めて命名された。

 2016年に韓国ケーブルテレビのサバイバル・オーディション番組で集まったメンバーにより構成、ミニアルバム「Welcome to MOMOLAND」でデビュー。注目アーティストとしてアメリカのビルボードが評価した一方で、韓国でも新人アーティストとして複数の賞を受賞した。2017年始めに現在の9人体制となり、以降K-POPアイドルを始め世界中で歌や振り付けをコピーしSNSに公開した姿などが、大きな話題を集め人気急上昇。

 また2018年1月に発表した「BBoom BBoom」のMVは、YouTubeで約3ヶ月の間で再生回数1億回を突破、今年韓国で発表された楽曲の中では最速記録を達成している。そんな人気を示すかのように、この日の屋外の会場は、フロアを囲う2階、3階のエリアまで人が埋まるほどの超満員のイベントとなった。

 自己紹介ではそれぞれの名前でメンバー一人ひとりがアピール、その後で突然アインが「ものまねをします!」と宣言、昨年流行したお笑い芸人・ブルゾンちえみのネタ“35億”を披露し、会場から大きな拍手喝采を受けた。

 一方でこのイベントの感想としてジェインは「とても緊張していますが、嬉しいです!」と喜びを語る。ヘビンも「最初はあまり実感が湧かなかったけど、こんな風に日本に来て、日本のファンの皆さんとお会いして、実感が湧くようになりました。とても嬉しいです!」と来日の感激を語った。

 また昨日から今日にかけて、ツイッターで募集されていたという、MOMOLANDへの質問がこの日は披露され「最近覚えた日本語は?」と聞かれると、アインはまず「“35億”は除いて…」と釘を刺された上で「おなかペコペコ」とコメント。そしてテハは「ドキドキします」、ヘビンは「おどるポンポコリン」、ナンシーは「コンビニを全部食べたい」、デイジーは「痛い!」、ナユンは「おなかが痛いです」と続ける。

 一方でジェインは「私は“ゴマ油”です。大嫌いですから。匂いがイマイチです」などと回答、さらにヨンウは漫画「ONE PIESCE」のセリフを引用し「何もなかった」と、それぞれ珍回答を続け、会場を沸かせる。またジュイは「ジュイちゃんは“お尻をゆらゆら”」などとコメント、お尻を揺らす踊りのひとつを披露して会場を盛り上げていた。

MOMOLANDは、2016年に韓国の放送局で放送されていたサバイバルオーディション番組「モモランドを探して」から誕生した9人組ガールズグループ。 2016年11月にミニアルバム「Welcome to MOMOLAND」でデビュー。 注目アーティストとしてアメリカ・ビルボードが評価しているほか、韓国でも新人ア···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【ミニインタビュー】THE ORAL …

cinema staff×アルカラ「挑…