1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. ライブレポート
  5. 加藤ミリヤ
  6. 【ライブレポート】過去に囚われずに自分を生きる、“歌姫”加藤ミリヤが誕生した愛のステージ

【ライブレポート】過去に囚われずに自分を生きる、“歌姫”加藤ミリヤが誕生した愛のステージ

6/20発売のニューアルバム『Femme Fatale』(読み:ファム・ファタール)のリリースに先駆けて加藤ミリヤが行っている『「CELEBRATION」tour 2018』のZepp Tokyo公演が6月11日に開催された。※記事にはツアーの内容詳細が書かれています。ネタバレにご注意ください

2018年6月14日

Report

愛香


この記事の目次
  1. ・衝撃のオープニング
  2. ・“歌姫”誕生
  3. ・MCなしで駆け抜けた本編
  4. ・セットリスト
  5. ・加藤ミリヤ 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・Music Video
  8. ・ツアー情報
  9. ・加藤ミリヤ Profile
※記事にはツアーの内容詳細が書かれています。ネタバレにご注意ください。

衝撃のオープニング

 2018年6月11日、あいにくの雨にも関わらずZepp Tokyoにはツアーグッズのタオルを肩に羽織った“ミリヤー”達で溢れかえった。

開演時刻を少し過ぎた頃、会場内に流れていたハレルヤと謡う讃美歌が徐々に大きくなり開演を迎えると、赤のペンライトが一斉に灯りミリヤを迎える拍手が起きた。


カメラマン:cherry chill will

 パパパパーン!と会場に鳴り響いたのはメンデルスゾーンの結婚行進曲。オープニングで絶大なインパクトをもたらした結婚行進曲という選曲はツアータイトルの「CELEBRATION」と関連しているのか、これがミリヤの等身大か、このライブが一体どんな作品になっていくのか、様々な思いを抱き冒頭から脳内が忙しく、“結婚行進曲=幸せ”のイメージからハッピーな気持ちにもさせられた。

結婚行進曲のサビの一番盛り上がるシーンで、バンドとダンサーを携え白無垢を纏ったミリヤの姿がライトアップされる。さらにステージの背景では、ツバキや雄鶏の描かれた和風の垂れ幕が存在感を発していた。


カメラマン:217...NINA

そんな衝撃のオープニングを経て1曲目にはニューアルバム『Femme Fatale』に収録されている『I HATE YOU』を披露。

白無垢姿で「殺めたいくらい愛しい」と歌う演出に、苦しいほどの“重み”を感じるのとは裏腹に、ミリヤが自身の歌詞を“歌う”時の姿に軽やかさがあるような、これまでのライブと違った感触を受け始める…。

“歌姫”誕生

 そして続く『AIAIAI』でその感触の正体が何かという答えに確信を持つことができた。この、女性の持つ強さと弱さの両面を前面に出した切ないアップチューンは、リリースされた2012年当時から女子の絶大な支持を受けているミリヤの楽曲のひとつだが、歌い方や歌詞の中で抑揚をつけるポイントがこれまでと違う。

切なさや辛さを歌った歌詞を泣くように歌い上げる姿が共感を呼び、同じ傷を負ったもの同士で支え合うようなライブを繰り広げてきた彼女が、本公演では過去の傷を歌った曲を過去のものとし、歌詞の中でも明るく前を向く部分や歌を届ける相手に寄り添うような部分を特に強く感情を込めているように感じる。

カメラマン:cherry chill will

 そしてメドレーの中に組み込まれた大ヒット曲『Aitai』では、息遣いまではっきりと聞こえるような空間でR&B調のメロディーをピアノに乗せた。

華奢な身体から湧き上がる圧倒的な歌唱力と、これまでの様々な人生の旅が生んだ音楽的感性が凝縮されたようなパフォーマンスが、彼女が“歌姫”と呼ばれるにふさわしい存在となったことを物語っていた。


MCなしで駆け抜けた本編

 ライブ中盤、シルバーのウエディングドレスに白いベールを纏ったミリヤは『Love is…』や、ニューアルバム『Femme Fatale』の新録曲から、全編英詞のバラード『Funny Love』を歌い上げる。そしてさらに同じくニューアルバムからの楽曲『Don’t Let Me Down』では、“私を失望させないで”というタイトルの通り、気丈に愛する人への切なくも愛のメッセージを歌った歌詞と、それとは裏腹に“諦め”や“失望”を表現しているようなメロディーが相まって生まれるミリヤワールドを、全開に届けた。

カメラマン:cherry chill will

 本編最後には2018年5月にシングルとしてリリースされたアップチューン『ROMANCE』を披露し、ここまで一切MCなしでファンと共に駆け抜けた本編を振り返り、目一杯に会場の空気を吸い込んで大きくお辞儀をして退場。

アンコールで再びステージに登場したミリヤは22日に控えた自身の誕生日公演に関して「30歳になる節目を迎える時、みんな(ファン)と一緒に居たいって単純に思った!」「てゆーか、誕生に祝いに来てください!」と笑顔でコメント。

“運命の女性”という意味をタイトルに込めたニューアルバム『Femme Fatale』リリースについても触れ、アンコールナンバー、2曲のメドレーでハッピーな空間をシェア。

アンコールの最後は「誰かを愛し、誰かに愛されて生きてください!」「加藤ミリヤでした!」とメッセージで締めくくった。

カメラマン:cherry chill will

Text:愛香


セットリスト

1. I HATE YOU
2. AIAIAI
3. MEDLEY①
 (UNIQUE〜FASHION〜This is my party〜あたしの細胞(新曲)
4. 顔も見たくない feat. JP THE WAVY
5. MEDLEY②
 FAMILY〜Kiss〜Aitai
6. BURN(新曲)
7. Love is…
8. 私の名はイノセンス(新曲)
9. Funny Love(新曲)
10. Lonely hearts
11. Don’t Let Me Down
12. Happy Celebration
13. 新約ディアロンリーガール feat. ECD
14. ROMANCE
EN1. I miss you〜今夜はブギー・バック

加藤ミリヤ 最新情報

リリース情報

アルバム「Femme Fatale」
発売日:2018年6月20日
【初回生産限定盤】CD+DVD、LPサイズジャケット&ミニポスター仕様ブックレット \4,500+tax (SRCL-9817)
【通常盤】CD only \3,056+tax (SRCL-9819)

-CD収録内容-(初回/通常共通)
1. Femme Fatale (produced by Chaki Zulu)
2. I HATE YOU (produced by the Sknow)
3. 私の名はイノセンス(arranged by Shuya, Gakushi)
4. 貴方はまだ愛を知らない (Produced by Shingo.S) 
5. Funny Love(arranged by Gakushi)
6. あたしの細胞(Produced by the Sknow by Shuya, Gakushi)
7. 新約ディアロンリーガール feat. ECD (Track Produced by RIKI)
8. 顔も見たくない feat. JP THE WAVY (Produced by JIGG)
9. KING / QUEEN(Produced by the Sknow)
10. オンリー・ロンリーマン (Produced by RIKI)
11. Don’t let me down (Produced by Chaki Zulu)
12. BURN (Arranged by Shuya, Gakushi)
13. ROMANCE(Album Ver.) (Produced by Shingo.S)

-DVD収録内容-(初回のみ)
1. "新約ディアロンリーガール feat. ECD" Music Video
2. "I HATE YOU" Music Video
3. "顔も見たくない feat. JP THE WAVY" Music Video
4. ROMANCE Music Video ~Bonus Movie~ Making of "ROMANCE" Music Video

アルバムのご購入・視聴など→ https://smr.lnk.to/miliyah0620WN  

Music Video

「新約ディアロンリーガール feat. ECD」
https://www.youtube.com/watch?v=e9GsAo-5TJo   
「I HATE YOU」
https://www.youtube.com/watch?v=tS89z9T3W1w 
「顔も見たくない feat. JP THE WAVY」
https://www.youtube.com/watch?v=PTRJYeKsYng 
「ROMANCE」
https://www.youtube.com/watch?v=t_YmQlPXeBQ 

ツアー情報

全国ツアー「CELEBRATION」 tour 2018▼
2018年7月31日(火)[ 京都 ] ロームシアター京都 メインホール Open 18:00 / Start 19:00
2018年8月5日(日)<追加公演>[ 長野 ] 駒ケ根市文化会館open 17:00 / start 18:00
2018年8月12日(日)<追加公演>[ 青森 ] 六ヶ所村文化交流プラザスワニー (大ホール)open 17:00 / start 18:00

加藤ミリヤ Profile

1988年生まれのシンガーソングライター。2004年に「Never let go / 夜空」でデビューするとリアルで等身大な歌詞とメロディセンス、生きざまが支持され瞬く間に“女子高生のカリスマ”として注目を集めた。
ファッションデザイナーとしても活躍する彼女の髪型やメイク、ファッションを真似する“ミリヤー”現象を巻き起こし、『VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR 2010』に選ばれる。現在は小説家としても才能を発揮。
デビュー10周年を経て、現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続け、“時代の代弁者”と呼ばれている。

▼オフィシャルHP▼
http://www.miliyah.com/    

キュートでメロウな歌声を響かせるKIR…

鈴木愛理「日本武道館でソロ歌手としての…