1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 奥田民生
  6. 充電旅にもピッタリ!奥田民生「さすらい」を聴いて旅に出よう

【歌詞コラム】充電旅にもピッタリ!奥田民生「さすらい」を聴いて旅に出よう

このアーティストの関連記事をチェック

旅のお供に欠かせない!「奥田民生」『さ…

奥田民生が北海道のフェスに送った大いな…

1987年にユニコーンでメジャーデビューした奥田民生。バンド時代とソロを合わせると、もう30年以上も第一線で活躍していることになる。井上陽水とのコラボや、PUFFYや木村カエラのプロデュ―スなど、ソロ以外でも精力的に活動してきた奥田だが、その真骨頂は「さすらい」や「イージュー★ライダー」など自身のカラーを前面に押し出した楽曲にある。

公開日:2018年8月4日 更新日:2018年8月4日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・奥田民生「さすらい」
  2. ・奥田民生の生き方がそのまま表現されているかのような歌詞
  3. ・さすらいとは日常からのエスケープ
  4. ・奥田民生 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・配信情報
  7. ・特番情報
  8. ・奥田民生 Profile
奥田民生の8枚目のシングルとしてリリースされた「さすらい」は、1998年の発売から20年が経過した今でも、テレビ番組のBGMとして使われるなど、長く愛されている曲。

最近では、スピッツのカバーバージョンが、テレビ東京の番組「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」で使われ、耳にしている方も多いのではないだろうか。

出川が原付で海辺の道をどこまでも走っていく場面で流れる「さすらい」は、思わず「旅に出たいなあ」と感じさせる解放感に満ち溢れている。



奥田民生「さすらい」


さすらおう
この世界中を
ころがり続けて歌うよ
旅路の歌を


「さすらおう この世界中を ころがり続けて歌うよ 旅路の歌を」。曲の最初にサビがきて、一番伝えたいメッセージを歌っている。

「さすらう」とは、あてもなくさまようこと。「さすらいの旅」などと使われる。世界中とは、物理的に世界中のことなのかもしれないし、もっと身近な、私たちの生きている世界のことなのかもしれない。

旅しよう。ころがり続けよう。押しつけがましくないのに、人生を応援されているように感じる。

続く一番のメロディでは、そんなさすらいの旅に出るきっかけが歌われている。

奥田民生の生き方がそのまま表現されているかのような歌詞

まわりは
さすらわぬ人ばっか
少し気になった
風の先の終わりを
見ていたらこうなった
雲の形を
まにうけてしまった


周りを見渡してみて、さすらっている人はどのくらいいるだろう?

仕事や家事など、自分の役割にしばられて、余裕のない人ばかりではないか。そんなことが気になる。

川べりの土手に寝転んで、風を感じていたら、その風の先に何があるのか、辿っていくうちに旅に出ていた。

誰もが見過ごす雲の形をよおく見ていたら、いつのまにか旅に誘われていた。そんなきっかけ。

まわりは生活にしがみついているのに、自分は自然に誘われるように旅に出ている。そんな自分に後悔はしていない。

置いてきた人が懐かしくなったら、思い出の歌を歌おう。なんだか、奥田民生の生き方そのものみたいな歌詞だ。

続く二番では、日常からのエスケープが主題になる。

人影見当たらぬ 終列車
一人飛び乗った
海の波の続きを
見ていたらこうなった
胸のすきまに
入り込まれてしまった


残業帰り。反対側の人影のないホームに停まっている終電。自分が乗る電車じゃないのに、誘われるように飛び乗った。

夕暮れの海岸。もう帰らなければいけないのに、波の続きを見ていたくなった。日常にふと、ぽっかり空いた心の隙間。

こういうとき、人は旅に出たくなるのかもしれない。

さすらいとは日常からのエスケープ

誰のための
道しるべなんだった
それをもしも
無視したらどうなった


自分の進むべき道しるべ、ひかれたレールを無視したくなるときだってある。

さすらいとは、逃避なのかもしれない。日常からのエスケープ。

でも、もしかしたらそれが、現代を生きる私たちに必要なことなのではないだろうか。

10月には2DAYSの武道館ライブが予定されている奥田民生。

弾き語りスタイルの「ひとり股旅スペシャル@武道館」が開催されるなど、楽しみな内容になっている。

これからもその魅力をいかんなく発揮していく彼を、見続けていきたい。

TEXT:遠居ひとみ

奥田民生は、1965年5月12日生、広島県出身の日本のミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリスト、音楽プロデューサーである。ロックバンド・UNICORNのメンバーでもある。1987年、ロックバンド・UNICORNのボーカリストとしてデビュー。数々のヒット曲を世に送り出しバンドブームの寵児となる···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

夏ソン!海にドライブ行くときに聴きたい…

【ライブレポート】w-inds.Fes…