1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. Lenny code fiction
  6. Lenny code fictionの歌詞で感じるヒロアカの世界観

【歌詞コラム】Lenny code fictionの歌詞で感じるヒロアカの世界観

このアーティストの関連記事をチェック

レニー「俺達のやりたい事を全力でやる」…

4人組のロックバンドLenny code fictionが8月22日に、4thsingle『Make my story』をリリース。同曲は読売テレビ・日本テレビ系の大人気アニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマに起用されており、アニメの世界観と歌詞が見事にリンクされており、メッセージ性の高い強気な作品に仕上がっている。 Lenny code fictionの作る音楽には、希望と共に人々の心を救う真っ直ぐな想いがある。ぜひ、その想いに触れて欲しい。

公開日:2018年8月25日 更新日:2018年10月17日


この記事の目次 []
  1. ・ヒロアカの世界が伝わる歌詞
  2. ・人気アニメ 僕のヒーローアカデミア
  3. ・目指すは最高のヒーロー
  4. ・描かれる二人の真っ直ぐな意思
  5. ・Lenny code fictionというバンドの決意
  6. ・バンドで夢を追うことと地道な努力
  7. ・Make my storyが心を救ってくれる

ヒロアカの世界が伝わる歌詞

Make my story 歌詞

Lenny code fictionがこれまでにリリースしてきたシングル曲は、全てアニメ作品のタイアップがついており、ロック好きだけではなくアニメファンからも支持を得ている。

そんなLenny code fictionが4枚目にして、週刊少年ジャンプで連載中の少年漫画『僕のヒーローアカデミア』の第3期第2クールのアニメ主題歌を担当することになった。

人気アニメ 僕のヒーローアカデミア

大人気TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』通称“ヒロアカ”は、世界人口の約8割が超常能力という個性を持つ超人社会のなかで、その個性を持っていない主人公が最高のヒーローを目指して成長していく姿を描いている。

Lenny code fictionが歌う主題歌『Make my story』に散りばめられた、彼等とアニメキャラクターが抱える感情の欠片を拾い集めるとしよう。

目指すは最高のヒーロー

何千回も涙拭いても止めれないし
簡単な日々だと期待はしてない
Follow my way悔しさまで連れて
Follow my way更に先を目指す
≪Make my story 歌詞 より抜粋≫

主人公の緑谷出久(ヒーロー名・デク)は、生まれた時から個性という力を所持しておらず幼馴染の爆豪勝己(ばくごうかつき)に、馬鹿にされ、いじめられてきた。

そんな悔しい想いや無個性だという事実と向き合いながらも、憧れのヒーロー・オールマイトから個性を授かり、最高のヒーローを目指していく姿がこのフレーズで感じとれる。
加えて第3期第1クールでは、個性をデクに授けたオールマイトが、最大の敵オール・フォー・ワン率いるヴィラン連合に連れ去られた勝己を救い出すために、オール・フォー・ワンと激闘することになってしまう。

見事勝利を果たしたオールマイトだが、闘いの末に力を失くしヒーロー活動を引退。その原因が連れ去られた自分のせいではないかと、陰ながら悔やむ勝己の気持ちも反映されている。

描かれる二人の真っ直ぐな意思

Make my story
僕が唯一僕である為の
誓いの様な決意の様な想いといつも生きていたい
きっといつか泣きそうな日は来る
そんな時に振り返れば進める道を作っていたい
≪Make my story 歌詞 より抜粋≫

そして、Lenny code fictionが担当する第3期第2クールでは、オールマイト対オール・フォー・ワンとの激闘も終え、ヒーローの仮免試験を受けるストーリー。

苦い思い出を乗り越え、新たな道を突き進んでいくという二人の真っ直ぐな意思が伝わる。

Lenny code fictionというバンドの決意

1番でヒロアカの世界を作り上げ、2番ではLenny code fiction自身等の感情も重ねて表現しているように感じる。

また、ヒロアカの世界で見られる、ヒーローになるためにがむしゃらに突き進んでいくその描写とLenny code fiction自身の走り続ける姿が投影されているのだ。

何千回も何も知らないあいつらに
散々な言葉で頬をぶたれてきた
Have it your wayここまでの苦心は
Have it your way君にはわからない

成功より実際は失敗を連れてきて
I know what I have to do now
どんなに限界を追い越すと決めても
ダメだった日々もある
≪Make my story 歌詞 より抜粋≫



バンドで夢を追うことと地道な努力

バンドで夢を追う事を、馬鹿にしてくる人も多くいる。

バンドに限らずだが、夢を追うという“無謀な挑戦”を笑う人間が存在してしまうのが、今の世の中だ。Lenny code fictionもきっとそんな世の中に押しつぶされそうになった日々もあったのだろう。

彼等はまだ20代前半でありながらも、多くのフェスやアニメタイアップを飾る程の力強い勢いがあるし、実力もある。だがその若さゆえに嫉妬し、心無い言葉を放ってきた者もいたのではないか。

だが、そのときに感じた痛みを受け入れながらも、夢を貶してきた奴らを挑発するように語るリリックはさすがだ。夢を追いかける人は必ず努力をしている。Lenny code fictionもその一人で、彼らが地道な努力をしてきたからこそ歌える力強いものがある。

Make my story
大事な事ほど伝えるのは
少し怖いし苦手だけど わかってていつも想っていた
僕が唯一僕である為の
何もかもが心にあって消えずに僕を作っていた
≪Make my story 歌詞 より抜粋≫

歌詞の通り、大事な事を誰かに伝える事ほど難しいものはない。熱い言の葉を紡ぐことが恥ずかしいだとか、女々しいだとかそういう風潮がある。でも、誰かが先頭に立って心を照らして救ってくれる音楽があっても良いはずだ。

Make my storyが心を救ってくれる

そういった想いを引き連れていくのがLenny code fictionだ。何かに諦めそうになったときや、負けたくないという心情になったときに、『Make my story』が救ってくれる。

彼等は、ただ無責任に「頑張れよ」と投げかけるのではなく、心の奥底に抱えるリアルな心情を歌詞に表現することで、聴き手と同じ目線にいる。

だからこそ、聴き手は自分自身の言葉として受け止め、自分自身に励まされるのである。
Lenny code fictionの真っ直ぐで煌めいた想いを聴いて、自分自身の物語を作っていってほしい。


TEXT:橋本美波

Lenny code fiction(レニーコードフィクション)は四人組のロックバンドである。メンバーは片桐航(Vo/Gt)、ソラ(Gt)、Kazu(Bs)、Kandai(Ds)の四人からなる。2012年には片桐航とKazuの二人でCROMARTYというバンドを組んでいた。そして2014年にLenny Code fictionとして活動し始めたがその時はま···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【インタビュー】LIFriendsの復…

女王蜂が叫ぶ「半分」じゃない私たち