1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. ONE N' ONLY
  6. 【インタビュー】EBiSSHやさとり少年団との違いを魅せたONE N’ ONLY

【インタビュー】EBiSSHやさとり少年団との違いを魅せたONE N’ ONLY (2/2)




ライブではお客さんも一緒に「ニャーッ!!」

――ONE N' ONLYの楽曲は、どれもバキバキに攻めていますよね。ONE N' ONLYは、そこを強く押し出したい形だ。

中には、『Everything's Changing』のように優しい表情の楽曲もありますけど。やはりONE N' ONLYとしては、『I'M SWAG』のような激しく恰好いい、まさに攻めに徹した楽曲を今は魅力にしていきたいなと思っています。


――バキバキな楽曲なのに、メンバーは優男たち。そのギャップが、さらに魅力を際立たせていますからね。

バッキバキの激しいダンスの中、一瞬笑顔を浮かべるなど、そこへギャップを覚えるところもONE N' ONLYの見どころになっていると思います。


――TETTAさんもギャップの強烈な人??

俺ですか?。普段、MCではアホなことばかりしゃべっちゃうんですけど、パフォーマンスでは格好よく魅せているように、そこが自然とギャップになっているのかなと自分では思っています。だって、パフォーマンスでもアホになったら、ただの(笑)。そこのメリハリはつけています。


――ギャップという面では、『I'M SWAG』の中、「まるで怒る猫のように」のあとに猫なで声で「Meow!」と猫の声真似をしていますよね。その可愛い声に、心ドキッと奪われました。

歌っているのは自分ですけど、『I'M SWAG』の魅力を際立たせているポイントの場所でもあれば、ライブでは、お客さんも振りを真似ながら一緒に「ニャーッ!!」と声を上げています。


――硬派な中に見える嬉しい意外性が魅力というか、EBiSSHやさとり少年団のファンからしたら、意外性を持ったONE N' ONLYの表情の中へEBiSSHやさとり少年団らしい親しみやすさが見えることで、逆に安心も覚えるのでしょうね。

それもあると思います。


そこは、嬉しい大きなギャップです。『I'M SWAG』の一番でめちゃくちゃ攻めながら、二番の最後にいきなり可愛い表情を覗かせる。ギャップとして取ってもらえたら、僕らとしても狙いどおりですからね。


お互いに顔を見合せニコニコ

――メンバーそれぞれに、1stシングル『I'M SWAG』の魅力を語っていただけますか。

『I'M SWAG』は、「俺を観ろ!!」という自分に自信のある主人公の歌なので、自分たちも自信満々で歌っているように、そこを注目してください。


『Sexy Beach Party Yes!!』はセクシーさを出したEDMナンバー。心がけているのが、女の子を誘い出す気持ちで歌うこと。ただ、僕の中にセクシーさはないように、そこは自分なりに想像を膨らませ歌っています。


『What About This?』には「自分だけの世界を見せて」「一緒に弾けて、テンション上げながらやっていこう」と想いを詰め込んだように、歌っていてとても気持ちのいい曲。ファンの方のテンションをグーッとアゲていけるように、声のテンションも張る感じを意識しています。
『Everything's Changing』は、他の3曲とは違って可愛らしい部分を持った楽曲です。最後に僕の笑う声が入るのですが、ライブで歌うとファンの人たちが「キャーッ」と言ってくれて、歌っていてめちゃくちゃ嬉しいポイントです。


自分がONE N' ONLYの歌詞に出てくる登場人物に対する印象は、「ありえないくらいにめっちゃ自信のある奴」。もし自分が女の子だったら付き合いたくはないタイプ。だって『I'M SWAG』もそうだし、『What About This?』なんてめちゃくちゃ自分に酔っている人が主人公ですよ。

でも、どの楽曲も自然と歌詞が耳に入ってくるように、聞いた人たちは、「この曲を歌っているのは、一体どんな性格の人たちだろう」と想像を膨らませていくと思います。そこで僕らのことを調べるのではなく、その想像を膨らませたままライブに来て欲しいなと思っていて。


――そこのギャップが魅力になりますからね。

だって、めちゃくちゃ自分に自信があって、誰でも落とせるくらいの男のような歌詞ばかりですよ。なのに僕らは(笑)。だから想像を膨らませたうえで、直接会いに来てくれたら嬉しいです。


――メンバーに出会うまでは、楽曲も、メンバー自身もバキバキのボディをしているクールでワイルドなヤバい人たちかと思っていましたからね。

それくらい1stシングルの『I'M SWAG』は、いろんな想像を膨らませる楽曲ですからね。


確かに、楽曲だけを聞くと近寄りがたい雰囲気があるじゃないですか。なので、こういう人たちだと思いながら来たうえで、現場で嬉しい驚きがあったほうが、より楽しさも増すだろうからね。


そう。僕がONE N' ONLYを客観視したときに見えたのが、「こんなに自信満々ってどんな人たち?」ということ。そう思ってくれる人はきっといると思うからこそ、受けた気持ちのままライブに来て欲しいです。


ゴリゴリ系の音楽が好きな人たちも来てみる価値があるように、ここに来ると新しい自分の好みを見つけられるはず。だからぜひ、ライブやリリイベにいっぱい来て欲しいです。
楽曲に関してですが、サビはどの曲もキャッチーで、つい口ずさみたくなる耳に残る覚えやすい歌ばかり。中でも『What About This?』は、初めて聞いたときから超お気に入りな、ダンスをしていても楽しいなと思える楽曲です。


最近のEDM系の音楽が好きな、しかも激しいスタイルを持ったダンス&ヴォーカルユニットが好きな方には、ぜひ触れて欲しい音楽性をONE N' ONLYは表現しています。ライブに来てくれたら、ホント「魅せてやる」という姿を見せつけますから。


「ステージを燃やしまくる」や「ここから新世代の登場」など、『I'M SWAG』の歌詞には力強い言葉が並んでいるように、そこがすごく好きです。まさに『I'M SWAG』は、「ここから俺たちはやっていくぞ」という決意表明のような、とても自信に満ちあふれた力強い歌詞が魅力の楽曲。もちろん、ダンスパフォーマンスも格好よく決めているように、まずはライブに来て欲しいです。

また『Everything's Changing』にはさとり少年団とEBiSSHらしさも描き出しているといいますか、可愛らしさやセクシーさも見せているように、そこがすごく魅力にもなっています。ONE N' ONLYの中にさえ嬉しいギャップがあるように、1曲1曲異なる世界観をぜひ楽しんで欲しいなと思います。


『Everything's Changing』の振りでは、EBiSSHとさとり少年団のメンバーどうしがお互いに顔を見合せニコニコとダンスを楽しんでいるように、そういう表情を自然体で描けるのも、互いに気持ちが通じあえる関係性になれたから。そんな、素で笑顔を交わしあう姿も、ぜひライブを通して観てください。


いろんな顔を見れるのが、ONE N' ONLY

――最後に、メッセージをお願いします。

さとり少年団とEBiSSHはJ-POP寄りの柔らかみのある音楽性のように、いろんな人たちが聞きやすいスタイルですけど。ONE N' ONLYは、K-POPにも似た、迫力が前に出る音楽性。しかも、まだまだ日本には少ない気もするからこそ、それを実際にライブに来て味わって欲しいです。そこは、MC面もそう。さとり少年団やEBiSSHと、ONE N' ONLYとの違いやギャップを楽しんでもらいたいし、いろんな顔を見せていけるのが、この3グループだと思うからこそ、まずは直接触れ合いながら一緒にライブを楽しみましょう。



TEXT:長澤智典
PHOTO:大西基

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
12/6 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

ONE N' ONLY はスターダストプロモーション所属の7人組の男性グループ。メンバーはEBiSSH、SBC (Satori Boys Club)の2グループからの融合。 ボーカルはEIKU(1999年12月19日生まれ)、TETTA(1997年11月24日生まれ)REI(1997年1月2日生まれ)。ダンサーはHAYATO(1999年9月17日生まれ)、KENSHI···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

木村カエラのミニアルバムは、日常の中で…

亡き親友に捧げるGIFT。パンクロック…