長澤智典の記事一覧

【インタビュー】音楽を通して誰かの力になりたい。『Sunny』は、安田レイが贈る心の応援歌。

通算10枚目となる安田レイのシングル『Sunny』が8月22日(水)に発売になります。この楽曲は、カンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のオープニング曲として起用中。彼女自身、原作漫画やドラマから影響を受けて楽曲制作にも参加。その背景を探ります。

【インタビュー】ここから乃木坂46はジコチューしていきます!!

8月8日(水)に通算21枚目となるシングル『ジコチューで行こう!』を発売する乃木坂46。今回、同楽曲について一期生メンバーの若月佑美と、初の14福神メンバーに選出された三期生メンバーの岩本蓮加がインタビューに答えてくれました。

【インタビュー】83の初ライブが決定!!心の痛みに寄り添う歌へ、あなたも心の手を伸ばしてみませんか。

女性ヴォーカリストのHITOMIと、ギター&ヴォーカルを担うU-1の2人が手を組み、2017年初冬に誕生したのが、83。 83とは、8月生まれのHITOMIと3月生まれのU-1それぞれの誕生月を組み合わせた名前。3月に、シングル『金魚』を発売。8月19日(日)に恵比寿天窓.switchで行われるイベント「夏の終わりの追憶」へ出演し、ついにライブ活動もスタートさせる。今回は、初ライブを間近に控えたHITOMIとU-1を捕まえ、83の魅力にせまった。

【インタビュー】SHE IS SUMMER これまでとこれから、2つの姿が投影されたミニアルバム『hair salon』が完成

8月1日にミニアルバム『hair salon』を発売するSHE IS SUMMER。プロデューサーに片寄明人、作家陣にTENDREやコレサワ、高橋海(LUCKY TAPES)、森山公稀(odol)など、多彩なミュージシャンを迎えて制作。「わたしの生きている軌道がそのままに詰まった」と言うこの作品。その内容を、ここに紐解きましょう。

【ライブレポート】ライブツアーで大盛り上がりのDo As Infinity、東京国際フォーラムで生きる喜びを叫ぶ!

5月中旬より始まった「Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-」も、7月7日に横浜ランドマークホールを舞台に行われた公演を持って、無事に終了した。今回はどこもSOLD OUT!!相変わらずの高い人気ぶりを示してくれた。ここでは、同ツアーの中より、5月20日に東京国際フォーラム ホールCで行われたライブ公演の模様をお届けしたい。

【ライブレポート】13歳の吉澤嘉代子?、それとも、28歳の吉澤嘉代子?? ここは、吉澤嘉代子の心の部屋!!

6月16日(土)と17日(日)の2日間、吉澤嘉代子が東京国際フォーラムホールCを舞台にスペシャルコンサート「吉澤嘉代子の発表会」を開催。16日を「子供編」、17日を「大人編」と題して開催。両日ともソールドアウトを記録したこの日の模様をお伝えします。

【インタビュー】数字なんかで、人生は推し量れない。パノラマパナマタウンが考える最新曲「$UJI」とは?

6月10日(日)より、配信がスタートしたパノラマパナマタウンの最新曲『$UJI』。数字に縛られ生きる日々の生活に、彼らは疑問を投げかけた。何故、この歌が誕生したのか。その背景を、バンドを代表し、楽曲の作詞/作曲を手がけたヴォーカルの岩渕想太が熱く語ってくれた。

【ライブレポート】東京女子流が、5月の新*定期ライブに描いたのは、さまざまな恋の物語。

 6月20日に最新シングル『kissはあげない』の発売も控えている東京女子流。彼女たちが、「その日にしか見れない毎公演見逃し厳禁な内容をお届け」する新*定期ライブを、5月よりMt.RAINIER HALL 渋谷 PLEASURE PLEASUREでズタート。その第一回目となったのが、5月26日(土)に二部制で行われた「EPISODE-1 ~キスひとつくらいあげる~」と「EPISODE-2 ~やっぱりkissはあーげないっ~」。ここでは、「EPISODE-1 ~キスひとつくらいあげる~」の模様をお伝えしたい。

【ライブレポート】LUNA SEA、日本武道館を舞台に描いた熱狂。いつだって僕らは、あの頃に戻れるのだから…。

今年初旬より始まった、最新アルバム『LUV』を手にした全国ツアー「LUNA SEA The Anniversary 2018 The LUV -World left behind- 」。同ツアーのファイナル公演として、LUNA SEAの結成日でもある5月29日に5人は日本武道館のステージに立っていた。この日の模様を、ここにお伝えしたい。

【インタビュー】「もどかしい」感情を届ける蓮花。彼女が『金魚涙。』に綴った揺れ動く心模様とは…。

5月30日に最新シングル『金魚涙。』を発売する蓮花。この楽曲は、アニメ「信長の忍び~姉川・石山篇~」の主題歌。前シングル『白雪』に引き続き、今回もアニメ「信長の忍び」シリーズの主題歌を担当することになった。でも、なぜに『金魚涙。』なのか。その理由を紐解きましょう。

【インタビュー】eddaが描くファンタジックな世界観。そこに隠されたのは、夢物語?それとも現実世界??

資料に記された、「eddaにしか描ききれない"異世界ファンタジー"を凝縮した作品」。その言葉が気になりませんか??。5月23日に発売する最新EP『ねごとの森のキマイラ』。この作品は、あなたを不思議な物語の世界へ誘います。その語り部と言うべきedda。彼女の言葉を、ここに記しましょう。

【ライブレポート】虹のコンキスタドール結成5周年プロジェクト始動!EX THEATER ROPPONGI でワンマン公演。

5月18日と19日に東京と大阪を舞台に行われた虹のコンキスタドールの東阪ツアー「虹の大三角形 in 東京 〜The Story of Rainbow〜」。ここでは、初日となった5月18日(金)にEX THEATER ROPPONGIで行われたライブの模様をお伝えします。

【インタビュー】Roys、その個性の三原色の秘密を探る!!!

TVアニメ『SPIRITPACT –黄泉の契り-』のエンディングテーマ『I’ll be there』、同じくTVアニメ「恋と噓」のエンディングテーマ『Can’t you say』を含む、1stシングル『I’ll be there』を5月16日に発売するRoys。資料へ、「「Roys」のハーモニーは「声の3原色」とも言える3色の歌声が混ざり合い全く新しい世界を作りだしている」と記されていたように、澄み渡る歌声に強く魅了される。Roysとはどんなグループなのか、その秘密を探ります。

熱狂のお給仕に、鳥肌が止まらない。BAND-MAIDのワンマン公演をレポート!!【ライブレポート】

4月13日の金曜日、BAND-MAIDがZEPP TOKYOを舞台に「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】」と題した東名阪ツアーのファイナル公演を行った。チケットはソールドアウトを記録。その日の模様を、ここにお伝えします。

【インタビュー】この男の子はダメな奴?愛おしい?コレサワ新作『君とぬいぐるみ』と『友達だからかな』を紐解く。

コレサワが4月4日に1stぬいぐるみを発売。おまけCD『君とぬいぐるみ』とのセットで話題を呼んでいる。5月2日には、長編アニメ「ゴーちゃん。~モコと氷の上の約束~」のエンディングテーマ曲『友達だからかな』の配信リリースも決定。その2つの話題をお届けします。