1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. 特集
  5. ゴブリンを狩ることが仕事の復讐アニメ作品! 「ゴブリンスレイヤー」

【特集】ゴブリンを狩ることが仕事の復讐アニメ作品! 「ゴブリンスレイヤー」

『このライトノベルがすごい!2017』に選ばれ、急激に人気を博しシリーズの累計発行部数は300万部を超える大人気作『ゴブリンスレイヤー』。2018年10月からアニメ放送が開始されたこの作品についてご紹介いたします!

2019年1月31日

Editor

katoshi


この記事の目次
  1. ・WEB作品から広がっていったゴブリンメインのファンタジー
  2. ・気になる放送と原作者
  3. ・最弱ゴブリンがウジャウジャ出てくる残虐微エロストーリー
  4. ・個人名が無い珍しいキャラクター名と声優紹介
  5. ・OP曲は色んな分野に楽曲提供もしているMiliの「Rightfully」
  6. ・ED曲はソロアーティスト、そらるの「銀の祈誓」
  7. ・この主題歌があってアニメはより楽しめる
  8. ・作品の情報はこちらから!!

WEB作品から広がっていったゴブリンメインのファンタジー

『ゴブリンスレイヤー』はweb作品として始まり、そこから小説、コミカライズ、アニメーションと色々なジャンルに広がったファンタジー作品です。『このライトノベルがすごい!2017』で新作部門1位を獲得してからより注目を集めました。

幼少期に村をゴブリンに襲われ、その生き残りとして復讐をするための物語です。

 画像引用元 (Amazon)

気になる放送と原作者

2018年10月6日、毎週25:30~TOKYO MX、サンテレビ、BS11と複数局で放送されました。

原作者は蝸牛くも、キャラクター原案は神奈月昇、監督は尾崎隆晴、シリーズ構成は倉田英之、脚本は倉田英之と黒田洋介、キャラクターデザインは永吉隆志、音楽は末廣健一郎です。


最弱ゴブリンがウジャウジャ出てくる残虐微エロストーリー

どのファンタジー物語にも、序盤で出てくる敵キャラ【ゴブリン】。主人公・ゴブリンスレイヤーはそのゴブリンに幼少時、村を潰され家族を襲われてしまいます。その恨みを晴らすため、彼は全てのゴブリンがいなくなるまで、闘い続ける復讐ストーリーです。

大量のゴブリン、残虐に人間やゴブリンが狩られるシーン、弄ばれる女性達等が、色々リアルで目を背けたくなりますが目の離せない内容です。

個人名が無い珍しいキャラクター名と声優紹介

ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎
女神官:小倉 唯
妖精弓手:東山奈央
牛飼娘:井口裕香
受付嬢:内田真礼
鉱人道士:中村悠一
蜥蜴僧侶:杉田智和
魔女:日笠陽子
槍使い:松岡禎丞

数知れず声優を演じてきたゴブリンスレイヤー役・梅原裕一郎さんが低いトーンで残酷とも思える台詞のシーンは、とても良い味を出しています!

他にも「HUGっと!プリキュア」に出ている小倉唯さん、「ウルトラマンX」役・中村悠一さん、「銀魂」の銀時役・杉田智和さんと有名どころの声優さんたちで固めていて、「豪華声優陣」で物語を盛り上げています。

OP曲は色んな分野に楽曲提供もしているMiliの「Rightfully」

 画像引用元 (Amazon)

momocashew(ボーカル)
Yamato Kasai a.k.a. HAMO(ギター)
Yukihito Mitomo(ベース)
Shoto Yoshida(ドラムス)
Ame Yamaguchi(スタイリスト・アートディレクター・デザイナー)
Ao Fujimori(イラストレーター・アニメーター)
の現在6人組バンドでさいはてレコーズから2012年に結成。自分達を[世界基準の音楽制作集団]と謳い、アニメ曲だけではなくCMやゲームにも楽曲を提供したり、有名歌手とのコラボや作詞、編曲を行うなどの活動をしてきました。

OPの『Rightfully』はMiliにとって初のシングル曲で、主人公の暗く深い闇の部分を表現したとのことです。

アニメのOPとしては挑戦的な楽曲になったと語っています。始まりはゆっくりなテンポのクラシックな感じで進み、サビに向かって徐々にアップテンポになります。

しかし、ファンタジーアニメのOPとは違い、明るい内容ではなく正に幼少期ゴブリンにやられた心身の傷をイメージさせるようにサビに入り、主人公が幼い頃に受けた心の傷、そこから逃げたくても逃げられないジレンマ、唯一村の生き残りの幼馴染みへの思いを感じさせる様に曲の幕を閉じます。

ボーカルの高い声がとても綺麗で、思わず何回も聴き入ってしまう程です。


作詞 - momocashew / 作曲 - momocashew、Yamato Kasai / 編曲 - Yamato Kasai、Yukihito Mitomo、Shoto Yoshida /


ED曲はソロアーティスト、そらるの「銀の祈誓」

 画像引用元 (Amazon)

そらるは1998年生まれの男性歌手、名前の由来は空を眺めるのが好きなことから付け、歌だけではなく作詞、作曲、エンジニアでもあるマルチアーティストです。2008年に動画投稿サイトから活動を始め、総再生数は2億再生を越える程。

今ではTwitterのフォロワー数も120万人を越える大注目の人物です。ソロ活動をしながらも[まふまふ]と[After the Rain]としての活動も行っており、どこかで歌声を聴いたことがある方も多いと思います。



『銀の祈誓』はその言葉通り、神様に誓いをたてる内容で曲は穏やかに始まり、歌詞は諦めやどうしようも出来なかった悔いで歌われています。

サビはそこから這い上がるような願いが表現され、そらるの感情も入ってぐっと悲しくなりますが作品とマッチした曲です。


作詞・作曲・歌 - そらる / 編曲 - 大西省吾




この主題歌があってアニメはより楽しめる

OP、ED曲はずっしり重い内容ですが、上手く主人公を模写した曲に作られていてよくマッチしている曲に思えます。 聴くだけでどれだけの苦悩があったかも分かりますし、作品を盛り上げてくれることは間違いないです。

アニメは終わってしまいましたが原作や漫画は終わっていませんし、アニメ続編がくるかもしれない終わり方をしていたのでこれを機にスピンオフ作品等を見るのもオススメです。

 画像引用元 (Amazon)

作品の情報はこちらから!!

HP:http://www.goblinslayer.jp/
Twitter:https://twitter.com/GoblinSlayer_GA

TEXT katoshi

majiko(まじ娘)が綴る"痛み"を…

RADWIMPS、社会現象となった「前…