1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 男性アイドル
  4. 特集
  5. 本当に本当に聞いて欲しい嵐の隠れ名曲

【特集】世界に愛される 嵐 の隠れ名曲9選!

2020年12月31日をもって、グループとしての活動を休止することを発表した嵐。数々の名曲を生み出してきた彼らですが、その中にはまだ広くは知られていない名曲が隠れています。今回は、今だからこそ聴いてほしい嵐の隠れ名曲をご紹介します。

公開日:2019年2月1日 更新日:2019年3月1日

Editor

mayuka


この記事の目次
  1. ・今だから聞いて欲しい嵐の隠れた名曲
  2. ・ファイトソング
  3. ・5×10
  4. ・スケッチ
  5. ・Still…
  6. ・僕が僕のすべて
  7. ・season
  8. ・ミラクルサマー
  9. ・君が笑えるように
  10. ・きっと大丈夫
  11. ・嵐の魅力は5人だからこそ
  12. ・嵐 最新情報
  13. ・最新ライブ情報
  14. ・嵐 Profile

今だから聞いて欲しい嵐の隠れた名曲

1月27日に、活動休止を発表した嵐。ファンをはじめ、各関係者へのきめ細かい心配りをみせた完璧な対応。会見にもあったように、何度も何度も話し合いを重ねた上での決断とあの5人だからこそ目にみえた結束力。

あの会見の随所に嵐らしさがあり、改めて嵐の魅力を感じる事ができたんじゃないでしょうか。。

素敵な魅力でファンの心を離さない嵐。本当に素晴らしいグループです。

【特集】国民的アイドル 嵐の魅力をご紹介!


結成20年目。長いですよね。そして、これまでに嵐の楽曲はドラマの主題歌やオリンピックのテーマソング、CMソングといったタイアップに多数起用されました。

そして、どの曲も多くの人の心に届き愛されてきた作品が多い。

しかし!まだまだ広く知られていない知る人ぞ知る名曲があるのです。今回は、そんな嵐の隠れ名曲を歌詞に注目して3曲ご紹介します!

ファイトソング

『ファイトソング』は、2007年2月21日にリリースされました。この曲は、『Love so sweet』の初回限定版のみに収録された曲で、メンバーの二宮さんが作曲、嵐のみなさんが作詞をしたという素晴らしい一曲です。

----------------
人は人 自分は自分
比べた時点で負けてる
自分に負けない強さが
どんな壁をも壊していく
時には泣いていいよ
弱いとこ見せても大丈夫
でもそこで腐るな!
まだやれる その先の夢
≪ファイトソング 歌詞より抜粋≫
----------------

この曲は、頑張る人を励ます応援ソングとなっています。「人は人自分は自分」。そんなことはわかっているはずなのに、誰もがどこかで人と比べて落ち込んでしまう部分も持っていますよね。

そんな当たり前のことにすら、悩んでいるときには気づきません。この歌詞でハッとする方もいるのではないでしょうか。

そして、ファイトソングでは弱さや涙を否定しません。ただ、そこで投げ出してしまえば終わりだというメッセージを、力強く伝えてくれています。

また、曲中には「頑張れ!」という歌詞も。単純な一言かもしれませんが、悩み苦しんでいるときにはこの言葉がうれしいものですよね。単純な言葉、当たり前のこと。シンプルな歌詞ではありますが、こんなに励まされるのは、嵐だからこそ、なのではないでしょうか!

5×10


『5×10』は、2009年8月19日にリリースされました。「ファイブバイテン」と読み、ライブでも10周年ライブなどでしか歌われていない、本当の隠れ名曲です。そして作詞は嵐本人なのです!

曲名からもわかるように、5人の10周年を歌った曲となっています。

----------------
焦り 不安 憤りばっか なんか感じていた日々もあったな
でもあなたがいてくれたから その笑顔温かかったから
歩いて来れたんだね(yeah) 横に並びつかんだ手(yeah)
この過ごした時間さえ…ってなんかね いまはまだただ照れるね
≪5×10 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
無邪気に奏でた不協和音は、色んな世界を見てきたんだ。
気が付けばいつの間にかそれが、僕らになってた。
≪5×10 歌詞より抜粋≫
----------------

まさに嵐を表す名曲。「嵐」として歩んできた彼らにとっての、メンバーの大切さがうかがえます。

そして、「不協和音」という表現。最初は衝突もあったのではないでしょうか。ひとりひとりがバラバラで、不協和音を奏でていた彼らも、ともに歩んでいくうちにひとつの音楽を奏でるようになったのでしょう。

そして、曲中にはこんな歌詞もあります。

----------------
もしもあなたが泣いたら ここでまた逢おうよ
この相変わらずなヤツらからただ愛贈る(yeah) 共に望む未来 for you(yeah)
≪5×10 歌詞より抜粋≫
----------------

この「あなた」とは、ファンの皆さんのことなのではないでしょうか?「ここで逢おうよ」とは嵐とファンの逢える場所、ライブ会場などのことかもしれません。

嵐を作り上げたのは、ファンの皆さんあってこそだという気持ちも伝わってくる、ぜひ聴いてほしい一曲です!

スケッチ

5×10をご紹介したところで、こちらも外せません!『スケッチ』は、2004年の結成5周年記念企画で、抽選で100名限定に配られたCDの収録曲です。まさに「幻のCD」「幻の曲」なのです。

----------------
Take it! まずは大きな感謝の言葉を
始まりは5人で乘ったヨットだろ
あれを大人と呼ぶのは酷くかも
5年てのは短くないって事だよ
元々 絆はかすか
でも 會わない日なんかわずか
≪スケッチ 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
バレーの樣子伝えて
ミレニアム2回迎えて
真夜中に胸打たれて
武道館でランナー迎えて
いま、あなた方と今を祝う
共に戰い拔くこと誓う
くどくもなるけど大きい感謝を
關わる全ての人たちに感謝を
≪スケッチ 歌詞より抜粋≫
----------------

まさに嵐の5年間を歌った曲です。作詞はメンバーの櫻井さん、二宮さん。作曲は二宮さんが担当しています。

「あれを大人と呼ぶのは酷くかも」。この歌詞に思わずグッときませんか?

デビュー当時の彼らはまだ大人にはなり切れていない、そして仲が良かったメンバーが集まったわけではない。そんな当時の彼らの様子まで描かれています。

嵐のデビューは船の上、バレーボールのサポーター、24時間テレビのパーソナリティ・・・さまざまな活動を嵐として5年の間に行ってきたのです。

それが歌詞にそのまま表られており、思わず嵐の歴史を感じてしみじみしてしまいそうですよね。この後に合わせて5×10を聴くと、さらに良さが感じられるのではないでしょうか。

節目ごとにこのような曲を発表してくれるのも、ファンとしてとてもうれしい嵐の魅力です!

Still…


『Still...』は、2007年9月5日にリリースされました。20thシングル『Happiness』に収録されています。実は今回の活動休止宣言で、ファンの間ではこの曲のラップ部分が、現在の嵐を歌っているようだという声があがっています。

----------------
“あの日 君は僕になんて言ってたっけ...”
なんて言ったってもう関係ないね
散々会って 段々分かって 季節迫り来て散々泣いて
君は君 夢 でっかく描いて
僕はここから成功を願ってる
≪Still... 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
「待ってるだけじゃ明日はないから
動いた ここじゃ始まらないから」
先の見えない暗い道路も
それが例え迂回路でも
いまは少し二人とも
つらい表情 しまっておこう
≪Still... 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
これは別れではない 出逢いたちとのまた新たな始まり
ただ 僕はなおあなたに逢いたい
また…
いつか笑ってまた再会 そう絶対
≪Still... 歌詞より抜粋≫
----------------

別れを歌った曲になっていることが、歌詞からわかります。歌詞の中には、「ずっと繋いできたその手は嘘じゃないから」という言葉もあるように、離れ離れになってしまうけれど、ずっとそばにいるという気持ちも伝わってきますよね。

そして、この別れは永遠ではないのです。いつか、また会えることを、ここからまた始まることを信じての再出発。

確かに、現在の嵐を思い浮かばせるような部分も見られますよね。別れを悲しいものでとどめず、前向きに受け止めていく気持ちを持てる名曲です。

僕が僕のすべて

『僕が僕のすべて』は、2008年11月5日にリリースされた24thシングル『Beautiful day』に収録されました。

----------------
ありのままで もう一回歩き出そう 悲しみ越えて
誰のでもない 名もなき道を
明日もそう 夢に 向かって 悩んで 笑って 笑って
今ここにいる 僕が僕のすべて それだけは変わらない
≪僕が僕のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

スローテンポな曲調が、やさしく心に響く一曲です。この曲は、自分に悩むすべての人に聴いてほしい素晴らしい曲となっています!

誰でも自分の選択に後悔したり、自分自身に失望したり・・・そんな気持ちになることがありますよね。

しかし、「僕が僕のすべて」なのです。自分は自分しかいません。だから、ただがむしゃらに生きて、前に進む。それが大切なんだと気づかせてくれます。

歌詞の中には、「今以上に自分のこと信じるよ」という部分も!素敵ですよね。自分は自分しかいないのだから、もしかすると一番の味方は自分自身なのかもしれません。

season


『season』は、2009年7月1日にリリースされた27thシングル『Everything』のカップリング曲として収録されました。au by KDDIのCMソングとしても起用されたので、聴き覚えのある方もいるのではないでしょうか。

----------------
ひらひらと花が舞う頃 旅立ちを決めた思いは
今 誰のためでもなくて
思い出を抱きしめながら 僕たちは歩いてゆくよ
今 瞳の奥に 輝く夢は いつでも いつまでも
≪season 歌詞より抜粋≫
----------------

旅立ちを歌った曲だということが、まっすぐな歌詞から伝わります。人生のさまざまなタイミングで、今いる環境からの旅立ちを決めることもありますよね。夢を追って旅立つこともあります。

そんな時、自分を支えてくれるのは友人、恋人、家族、過去の思い出。それぞれかもしれませんが、ひとりではないのです!

「誰かのため」ではなく「自分のため」の旅立ち。しかし、いつでも心には支えがあるのですね。やさしい曲調も、桜の舞う情景を思い浮かばせるような旅立ちソングの名曲です!

ミラクルサマー

『ミラクルサマー』は、2014年5月28日にリリースされた44thシングル『誰も知らない』のカップリング曲として収録されました。

----------------
Oh baby 待ち侘びた返事を
Oh baby 受け取って 胸は高鳴る
想定外の好感触に
Oh 舞い上がるよ 君以外何も見えないよ
≪ミラクル・サマー 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
なんて奇跡 惹かれ合うココロ こんなにホラ燃え上がってるよ
どうしようもなく君が好きなんだ 眩しい太陽のようさ
風に背中押されてる 'Cause I love you, yes I love you もう止められない
この腕の中 早る鼓動伝わって 夏が来る…
≪ミラクル・サマー 歌詞より抜粋≫
----------------

夏の始まりって、なんだかドキドキしますよね。そんな気持ちを歌った、爽やかな一曲に仕上がっています!

好きな人を「眩しい太陽」と表現したり、「単純に君が欲しい」とストレートに気持ちを伝えていて、直球な強い想いが溢れていますよね。

夏だからこそのラブソング!という雰囲気と、アップテンポの曲調が気持ちを高めてくれる、こちらも嵐の隠れ名曲です。

君が笑えるように


『君が笑えるように』は、2014年4月30日にリリースされた43thシングル『GUTS!』に収録されました。

----------------
何十回と書き直した 僕の心のありったけは
未送信フォルダで 古くなってく
何百回と繰り返した 君の柔らかな笑顔は
忘れたいのに 心の支えさ
≪君が笑えるように 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
さよなら さよなら 巡り会えたそれだけで
幸せだって思えるよ
これから これから 君が笑えるように
僕の想い 虹に変わるといいな
≪君が笑えるように 歌詞より抜粋≫
----------------

嵐の楽曲には珍しい、ちょっと切ない失恋ソングになっています。大切な人との別れ、辛い気持ちを抱いていますが、相手を想うやさしい気持ちも感じられます。

「君が笑えるように僕の想い虹に変わるといいな」という歌詞。虹を見ると、嬉しくなったり笑顔になったりしますよね。

自分の想いが、相手を笑顔にするための「虹」になればいいなという、相手への想いが伝わる表現が素敵です。

切なさの中にも、相手への感謝ややさしい気持ちを忘れない、あたたかなラブソングです。

きっと大丈夫

『きっと大丈夫』は、2006年5月17日にリリースされました。シングル曲なので知っている方も多いかもしれませんが、10年以上前の楽曲で耳にする機会も少ないので、ぜひ一度聴いてみてください!

----------------
ラキラキベイブ 仕事はラストのオーマイグルーヴ
なかなかベイブ 今日は楽しい!(朝まで!)
シャカシャカベイブ 気持ちは八分目
いいじゃない!わるくない!愛じゃない?
≪きっと大丈夫 歌詞より抜粋≫
----------------

ノリのいいアップテンポな曲調に、思わず楽しくなってしまうような曲です。

サビ部分の「ラキラキベイブ」「シャカシャカベイブ」については、どのような意味なのかは明確にはされていません。が、なんだかテンションがあがりませんか?

「回り道もたまにはわるくない そんなことで悩んでナイナイ!」という歌詞もあり、悩みがどうでもよくなってしまうような明るさですよね。

気持ちが落ち込んだ時、ぜひ聴いて前を向くきっかけにしてみてください!

嵐の魅力は5人だからこそ


いかがでしたか?嵐は、5人それぞれが素敵な歌声を持っています。5人だからこそ、より嵐の楽曲のよさが出るのでしょう。2020年まで走り続ける嵐を、これからも追いかけましょう!

TEXT:mayuka

嵐 最新情報

最新ライブ情報

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 』

【2019年】
1月11日(金) ~ 1月13日(日)
京セラドーム大阪 (大阪府)

4月13日(土) ~ 4月14日(日)
ナゴヤドーム (愛知県)

4月18日(木) ~ 4月20日(土)
東京ドーム (東京都)

4月28日(日) ~ 4月29日(月)
福岡 Yahoo!JAPANドーム (福岡県)

5月17日(金) ~ 5月19日(日)
札幌ドーム (北海道)

8月30日(金) ~ 9月1日(日)
京セラドーム大阪 (大阪府)

10月30日(水) ~ 10月31日(木)
東京ドーム (東京都)

11月14日(木) ~ 11月16日(土)
札幌ドーム (北海道)

11月21日(木) ~ 11月23日(土)
京セラドーム大阪 (大阪府)

11月29日(金) ~ 12月1日(日)
東京ドーム (東京都)

12月6日(金) ~ 12月8日(日)
福岡 Yahoo!JAPANドーム (福岡県)

12月13日(金) ~ 12月15日(日)
ナゴヤドーム (愛知県)

12月24日(火) ~ 12月25日(水)
東京ドーム (東京都)

ヤバみがたっぷり詰まってる「ヤバイTシ…

あいみょん『愛を伝えたいだとか』で繰り…