1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. Aimer

絶望から生まれた奇跡の歌声を持つ 謎多き歌姫「Aimer」の魅力

透明感溢れる繊細な甘い声と天まで届くような力強いハスキーヴォイスを持つAimer。彼女の歌へのただならぬ熱い想いと、たくさんの人々を魅了させる声の秘密をご紹介します!

アーティストたちも惹かれたAimerの歌声の秘密

プロフィールを公表しておらず、年齢も出身も分からない謎の歌姫「Aimer」。

音楽好きの父親の影響で、彼女は生まれた頃から当たり前のように音楽がそばにありました。
小さい頃から歌手になることが夢だった彼女は、いつも歌っていました。


しかし15歳の頃、朝起きたら突然声が出なくなってしまいました。
原因は歌い過ぎで喉を酷使してしまった為です。

その後、医師の勧めで半年間は声を出さない、しゃべらないという「沈黙療法」を受けることに。

大好きな歌を歌えないことで絶望を経験したという彼女は、この出来事をきっかけにさらに歌への気持ちが強くなっていきます。


その後、喉に負担がかからない歌い方をするようになり、たくさんの人を魅了する歌声が生まれました。

現在も声帯に傷が残っているそうで、完治してしまうと「今の歌声が出せなくなる」と医師に言われたことや、今の声への思い入れが強く現状維持を保っています。

歌手になる為に生まれてきたと感じさせるほどの熱い想いと覚悟を感じます。

〜専門家から見たAimerの声〜
日本音響研究会がAimerの声を分析したところ、「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主で、国内ではほんの数人しかいない」と絶賛しています。
ゆらぎとは人に心地よさをを感じさせるものです。

また、振幅とは音の強弱の変化で周波とは音の高さ・低さの変化だそうです。

ゆらぎを同時に発生させるという特殊な声が何度も聞きたくなる中毒性のある声を生み出しています。

人気アーティストたちが楽曲提供・プロデュース!!

Aimerの歌声に魅了された著名人やアーティストがたくさんいます。
桑田佳祐や西川貴教をはじめ、女優の倉科カナやモデルの松井美緒などがファン公言しています。

Aimerの新境地を生み出したアルバム「day dream」。
このアルバムのすべての曲を人気アーティストたちが楽曲提供やプロデュースをしています。

RADWIMPSの野田洋次郎やONE OK ROCKのTAKA 。
その他にもスキマスイッチや澤野弘之、凛として時雨のTK。

その他にもゲストボーカルとして阿部真央やEGOISTのchellyなども参加しています。
ジャンルの違う様々なアーティストたちが引き出す今までに見たことのないAimer。

アーティストの凄さを体感し、衝撃を受けるはずです!


移り変わる心に寄り添う「Aimer」の名曲をタイプ別にご紹介します!

自身で作詞を手がけているAimer。絶望を経験したAimerだからこそ書ける歌詞はどの言葉も胸に響いてきます。

たくさんある名曲の中からご紹介します。

恋をしている【LOVEソング】



「蝶々結び」



RADWIMPSの野田洋次郎がコーラス・プロデュース・楽曲提供。

ギターとコーラスでハナレグミも参加したこの曲はお互いがお互いの「赤い糸」をたぐり寄せて、結ばれるまでの恋愛模様を蝶々結びで表現しています。

誰も思いつかない視点で描かれているこの曲。
言葉の魔術師・野田洋次郎と奇跡の声を持つAimerでしか作り出せない世界観です。

「カタオモイ」



この曲はandropの内澤崇仁がプロデュース・楽曲提供しました。

歯切れの良い爽やかなで軽快なギターのリズムと切ないメロディーが作り出すのは幸せの景色。切ない曲ではなく、不思議とプロポーズの歌のように聞こえてきます。

「どんなに年をとってもずっと愛し続けるよ」と誓いのような愛の言葉が散りばめられています。

愛する気持ちを上手く伝えられず、「好きだよ、分かってよ」と叫ぶ主人公の気持ちは両想いだけど片想いのような切ない気持ちが表現されている甘酸っぱさと深い愛情を感じる歌です。

「小さな星のメロディー」



「叶わないかもしれないけど、祈る」という気持ちが出た曲と語っているAimer。

オルガンが刻む可愛いリズム・メロディーと甘くて丸いAimerの歌声がマッチしていて、恋している時の「ただ、この大きな愛がとどいてほしい」という純粋でまっすぐな気持ちが溢れています。

胸がぎゅっと切ない【別れ・失恋ソング】



「花びらたちのマーチ」



期待と不安が入り交じったようなギターサウンドから始まるこの曲は「別れと新たな旅立ち」の春の歌です。

友達との楽しかった日々も伝えられなかった想い。
ここでの思い出に別れを告げて、新しい場所へ行く強い決意に桜の花びらたちが背中を押してくれているような応援ソングでもあります。

Aimerの大ファンだというけやき坂46の佐々木美鈴がMV出演し、話題となりました。

「星屑ビーナス」



自分の本当の気持ちを押し隠して、最後は笑顔でさよならしたいという女性の強い決意と愛する人への大きな愛情を感じる切なく、優しい別れの歌です。

「7月の翼」



はくちょう座の翼は織姫と彦星の間にある天の川に、橋をかけてくれるという神話からインスピレーションを受けたこの曲。

「会いたい、けど会えない」別れから時が経っても消えない想い。
そんなどうすることも出来ない切ない胸の痛みと会いたいという願いが込められた祈りの歌です。

背中を押してくれる【応援ソング】



「ONE」



「自分で自分を奮い立たせる」という想いを込めたというこの曲は、爽やかなサウンドに颯爽と駆け抜けるスピード感と力強さを感じます。

自分という旗を上げ、前へ前へ進んでいこう!という気持ちにしてくれます。

「スピカ」



軽快なテンポで「大丈夫!、君は君だよ」と背中をポンッと押し応援してくれているこの歌は力を入れすぎず、ありのままでいいんだと思えるポップで明るいナンバーです。

「After Rain」



「流した涙は無駄なんかじゃない。今のあなたは昨日よりも輝いているんだから」と過去の辛くて苦しい出来事もこれからの自分の宝物へと変わるから大丈夫なんだと勇気をくれる一曲です。

雨上がりの清々しい景色を感じさせるサウンドが歌詞にピッタリはまっています。

「Hz」



ラジオへ向けたラブソングというこの曲はスキマスイッチが楽曲を提供しました。

今までのAimerのイメージにはあまりなかった明るく、軽快でワクワクするポップサウンド。

言葉と音のはめ方もスキマスイッチの独特の特徴が顔をのぞかせつつ、Aimerの新境地を感じさせる1曲です。

孤独・暗闇の中で答えを探して【前を向く力をくれる曲】



「キズナ」



大切なものなにもかも失って、たったひとりだと思っていても本当はちゃんと誰かがいること。

思い出は過去のものだけれど、幸せな思い出や愛された記憶は絶望の中にいる時、光になります。
今は近くに居なくても、ひとりじゃないことやもらった優しさや愛情がちゃんと心の中にあること。

いつか必ずまた笑えるから大丈夫と優しく教えてくれる曲です。

「六等星の夜」



Aimerのデビューシングル。不安を抱えて眠れない夜はいつもより寂しさと孤独を感じます。

「いらない」と捨てたものも戻りたいと泣いた日々もいつか未来を照らす希望の光になることをAimerが力強く歌い上げています。

「DAWN」



深い暗闇から目覚める瞬間は夜明けと似ています。
そんな静寂の時に自分の本当の願いが見えてくる気がします。

「もうなにがあっても負けない、怖くない。必ず朝は来る」とぶれることのない強い想いと誓いを立てた壮大で力強いバラードです。

心の奥底からパワーをもらえる曲です。


TEXT aoi

Aimer(エメ): 15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。 2011年9月7日にシングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。代表曲「蝶々結び」などを収録した4thアルバム「daydream」を2016年9月···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約