1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. 特集
  5. 皆の推しはもう決まった?B-PROJECT~絶頂*エモーション~

【特集】皆の推しはもう決まった?B-PROJECT~絶頂*エモーション~

「B-PROJECT」は、個性豊かなアイドル達をメインにした一大プロジェクト。『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』はアニメ化企画の第2弾に該当する作品です。今回はアニメを通して「B-PROJECT」の魅力をご紹介していきます。

2019年2月11日


この記事の目次
  1. ・B-PROJECTとは
  2. ・アニメ2期『B-PROJECT〜絶頂*エモーション〜』のあらすじ
  3. ・B-PROJECTの主要キャラクター紹介
  4. ・キタコレ
  5. ・THRIVE(スライブ)
  6. ・MooNs(ムーンズ)
  7. ・KiLLER KiNG(キラーキング)
  8. ・レコード会社関係者
  9. ・アニメ1期『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』のおさらい
  10. ・B-PROJECTは実際にライブを開催
  11. ・OPテーマ『絶頂*エモーション』
  12. ・EDテーマ『光と影の時結ぶ』
  13. ・まとめ
  14. ・最新情報

B-PROJECTとは

株式会社MAGES.(メージス)が主導するアイドルプロジェクトです。略称は「Bプロ」。総合プロデュースに西川貴教、企画・原作を志倉千代丸、キャラクターデザインを雪広うたこが担当しています。

2016年にアニメ第1期『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』が放送され、同年に漫画『B-PROJECT 妄想*スキャンダル』が連載開始されました。

更に、2017年にはスマホゲームとして『B-PROJECT 無敵*デンジャラス』が配信され、同年に舞台化もされています。

そして2019年にアニメ第2期『B-PROJECT〜絶頂*エモーション〜』が放送開始されました。他にも、CDのリリース、ライブイベント、コラボカフェ開催とメディア展開が幅広く、かなり大きなプロジェクトになっています。


アニメ2期『B-PROJECT〜絶頂*エモーション〜』のあらすじ

 画像引用元 (Amazon)


業界大手のレコード会社「ガンダーラミュージック」でA&Rとして働いている澄空 つばさと、その担当アイドル「B-PROJECT」は共に困難を乗り越え、ついに夢のジャパンドームライブを成功させた。

そして、新たに後輩ユニット「KiLLER KiNG」を加え14人になった「B-PROJECT」。つばさとBプロは次のステージを目指して邁進していく。


B-PROJECTの主要キャラクター紹介

 画像引用元 (Amazon)

ここからは西川Pが我が子のように愛するBプロのメンバーとアニメ版の主要キャラを紹介していきます。ちなみにBプロメンバーの名前は仏像からのイメージで命名されています。これは志倉千代丸さんのアイデアらしいです。

キタコレ

北門 倫毘沙(きたかど ともひさ)CV:小野大輔
『リアル白馬のライオン王子(キング)』。イメージカラー:白
優しくロマンチストで金持ちという、典型的な王子様タイプ。ちょっと浮世離れした所もある。Bプロの中心的存在。

是国 竜持(これくに りゅうじ)CV:岸尾だいすけ
『完全計算高嶺のキャッツ』。イメージカラー:黒
女性と見紛うばかりの容姿を持つ小悪魔タイプ。甘いお菓子や可愛いものが大好き。北門との絆はかなり強い。

THRIVE(スライブ)

金城 剛士(かねしろ ごうし)CV:豊永利行
『超絶自信家ロンリーウルフ』。イメージカラー:グレー
プライドが高い帰国子女。自信家だが、それに見合った実力の持ち主。音楽への拘りが強く、舞台やミュージカルで活躍している。特技はギターと英語。実は結構怖がり。

阿修 悠太(あしゅう ゆうた)CV:花江夏樹
『無自覚エンジェル肉食系ひつじ』。イメージカラー:ピンク
天真爛漫でマイペースな癒し系。さらに、方向音痴でおっちょこちょいで甘いものが大好きという年上キラー。

愛染 健十(あいぞめ けんと)CV:加藤和樹
『孤高のナルシーたらしフォックス』。イメージカラー:水色
軟派なナルシストで、女性に対しては挨拶代わりに口説くほど。しかしそれは寂しさの裏返し?自分の前髪に命を懸けるくらいの拘りがある。彼の前髪は世界を救う。

MooNs(ムーンズ)

増長 和南(ますなが かずな)CV:上村祐翔
『完璧主義者エリートドック』。イメージカラー:青
文武両道で才色兼備、歌もダンスもバラエティも、なんでもござれの完ぺき主義者。「MooNs」で一番の常識人であり、リーダー的存在。北門に複雑な感情を抱いている模様。

音済 百太郎(おんざい ももたろう)CV:柿原徹也
『難攻不落の冷徹ハリネズミ』。イメージカラー:赤
右目が赤で左目が青のオッドアイを持つ。あまり人と絡まず、感情表現も表に出さないので誤解されがちだが、人情深い一面を持つ。さらに第六感も持つ。

王茶利 暉(おさり ひかる)CV:森久保祥太郎
『 テンション常時MAXお調子者の珍パンジー』イメージカラー:緑
関西出身のムードメーカーで、メンバーのテンションを引き上げる。コミュ力が高く、楽天家だが、幼い頃に父親が他界しており、母親に女手ひとつで育ててもらった過去がある。いつも元気一杯に見えるが、実は…。

野目 龍広(のめ たつひろ)CV:大河元気
『超純真な暴れん坊ベア』イメージカラー:紫
友達思いな純情好青年で、女性に対しての免疫が無い。子供の頃から剣道や空手をやっていて殺陣が得意。クールな見た目だがハートは熱い。

釈村 帝人(せきむら みかど)CV:増田俊樹
『二次元に生きる変態紳士リス』イメージカラー:黄
知的なイケメンメガネ男子だが、二次元を愛するオタク。好きなものの話になるとすごい早口になる。口癖は「トゥンク!」

KiLLER KiNG(キラーキング)

寺光 唯月(てらみつ ゆづき)CV:西山宏太朗
『揺らめくTWINSミステリアスバニー』イメージカラー:シルバー
イギリスからの帰国子女。本や美術館が好きで、もの静かな性格だが意外と度胸がある。寺光遙日は双子の弟。

寺光 遙日(てらみつ はるひ)CV:八代拓
『煌めくTWINSトロピカルバニー』イメージカラー:ゴールド
寺光 唯月は双子の兄。明るく賑やかな性格で小動物が好き。そして兄の唯月も大好きなお兄ちゃんっ子。おしりフェチらしい。

不動 明謙(ふどう あかね)CV:千葉翔也
『天真爛漫エンジェルピッグ』イメージカラー:オレンジ
人懐っこい天真爛漫な男の子。殿弥勒とは幼馴染で、一緒にオーディションを受けた。

殿 弥勒(しんがり みろく)CV:江口拓也
『意識高めのストイックパンサー』イメージカラー:黄緑
Bプロ最年少。筋トレが趣味で、意外と凝り性な所がある。

レコード会社関係者

澄空 つばさ(すみそら つばさ)CV:金元寿子(アニメ第1期)/ 瀬戸麻沙美(アニメ第2期)
主人公で新人A&Rの女の子。CDショップでアルバイトしていた所を社長直々にスカウトされ「ガンダーラミュージック」に入社することになった。耳が非常に良く、些細な音感のズレや音を聞き取る能力がある。

夜叉丸 朔太郎(やしゃまる さくたろう)CV:鳥海浩輔
「ガンダーラミュージック」取締役で澄空 つばさの上司。Bプロの生みの親であり、育ての親。それ故、Bプロメンバーからは絶対の信頼を寄せられている。つばさやBプロに対してとても面倒見が良く、オネエ口調も相まって皆の姐さん的な存在。


アニメ1期『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』のおさらい

 画像引用元 (Amazon)

ここからはアニメ1期である『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』の簡単なあらすじを紹介します。※ネタバレが含まれますのでご注意ください。

業界大手のレコード会社「ガンダーラミュージック」に新人A&Rとして採用された主人公・澄空 つばさは何故かいきなり「B-PROJECT」の担当にさせられる。

「B-PROJECT」は「キタコレ」「THRIVE」「MooNs」の3つのアイドルグループから成るアイドルプロジェクト。10人のメンバーたちはまさに十人十色で、個性派揃い。

業界のことは右も左もわからないつばさですが、必死に仕事に取り組みます。しかし、なかなか上手くいかないことも多く、更に、まるで何かに仕組まれているかのように次々起こるトラブルやアクシデント。しかし、めげることなくBプロメンバーと共に困難を乗り越えていくつばさは、いつしかBプロと夢の舞台「ジャパンドーム」を目指すことになります。

Bプロとつばさの夢だった「ジャパンドーム」でのライブまであと少しとなった時、今までつばさの良き上司で、良き相談相手だった夜叉丸 朔太郎が裏切ります。そして飛び込む、Bプロがレコード会社を移籍するという電撃ニュース。

「憎いからだよ。お前も、ガンダーラも」つばさの父親のせいで、家庭が崩壊したと言う夜叉丸。最初から「ガンダーラミュージック」への復讐が目的でBプロを作り、育ててきたのでした。

Bプロが移籍するため「ジャパンドーム」でのライブは中止に…。傷心のまま、ふらふらと一人「ジャパンドーム」を訪れたつばさ。いつも明るく前向きな彼女もさすがに落ち込みます。

夢だった「ジャパンドーム」のステージ。しかし、誰もいないステージ。つばさの心が折れかけたその時、突然空からBプロのメンバーが!

「11人で見始めた夢を叶えよう!つばさ!」こうして、「B-PROJECT」夢のステージが始まるのでした。


B-PROJECTは実際にライブを開催

西川P曰く、「B-PROJECT」は2次元を超え、2.8次元を目指しているとのこと。ということで声優とキャラクターが一体になったライブを精力的に行っています。

キャラクターのイメージそのままに、演じる声優さん達が歌い、踊り、盛り上げます。その煌びやかなステージは、若いお姉様方にも大変好評です。

2018年に幕張メッセで行われた「B-PROJECT SUMMER LIVE2018~ETERNAL PACIFIC~」ではリアルモーションCGを駆使したライブを披露し、観客を大いに盛り上げました。

その様子の一部がこちらです。




アニメ2期も始まり、今後もライブイベントはどんどん開催されていくと思われます。早速、2019年3月には「THRIVE」の単独ライブが予定されています。今後の続報を楽しみにお待ちください。

OPテーマ『絶頂*エモーション』



アニメ2期のOPは「B-PROJECT」が歌う『絶頂*エモーション』。なんか、意味深なタイトルですが…(笑)。

作詞・作曲 は志倉千代丸さんが担当。14人に増えたことによって歌声の厚みが増し、OPに相応しくテンションが上がる曲調に仕上がっています。特にサビは入りからジワジワと感情が湧き上がっていき、最後に絶頂を迎える仕様となっています。

また、14人に増えたことでダンスの迫力も上がっていて、ステージ映えはバッチリ。そして、そのダンスの中に可愛らしい振り付けがミックスされているのも憎い演出。掛け合いポイントも用意されていて、ライブで大いに盛り上がりそうな曲です。

アニメ1期のOP「鼓動*アンビシャス」がBプロがスタートを切る駆け出しの曲とするならば、2期のOP「絶頂*エモーション」はしっかりと1期のBプロからバトンを受け継いだという印象を受けました。


EDテーマ『光と影の時結ぶ』



こちらの曲も、作詞・作曲は志倉千代丸さんが担当しています。EDMを基調としたポップで明るめな曲ですが、歌詞については’’シンドイ’’とすでに話題に上がっています。

あるメンバーを連想させるものになっているようですが、Bプロファンの皆さんならすぐに分かりますよね?メンバーの絆の深さや、Bプロの決意を感じさせる曲になっています。

まとめ

ここまで、2.8次元を目指す新しいアイドルプロジェクト「B-PROJECT」を紹介してまいりました。

様々なメディア展開をしているBプロですが、アニメ版においては主人公のつばさちゃんが可愛く、ギャグ要素も多いので男女関係なく楽しめる作品になっていると思います。ぜひ一度ご覧ください。

そしてBプロの動向ですが、今後も楽曲のリリースにライブ活動と、楽しみなイベントがまだまだ控えています。今年も「B-PROJECT」は私達に’’夢’’を届けてくれそうです。

最新情報

・twitterアカウト
https://twitter.com/BPRO_anime

・公式ホームページ
http://bpro-official.com/

TEXT いちゃもんてん

人気はまだまだ上り坂?乃木坂46の魅力…

あの米津玄師が作った神曲「マトリョシカ…