1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 童謡
  6. 卒業式の定番ソング「蛍の光」の歌詞の意味とは?

【歌詞コラム】卒業式の定番ソング「蛍の光」の歌詞の意味とは?

童謡「蛍の光」といえば、卒業式の定番ソング。子供の頃は言われるがままに歌っていましたが、よく考えると深い意味は知らない……なんて方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「蛍の光」の意味について解説いたします!

2019年4月14日


この記事の目次
  1. ・原曲は海外の曲!?
  2. ・旅立ちの日を迎える1番。
  3. ・友達への思いを歌った2番。
  4. ・終わりに

原曲は海外の曲!?

「蛍の光」は、歌詞の大半が古語。
昔から日本に伝わる曲だと思ってしまいますよね。

しかし!実はこの曲、もとは「オールド・ラング・ザイン」というスコットランド民謡。
ロバート・バーンズという詩人によって、歌詞がつけられました。

日本語版の歌詞を書いたのは、稲垣 千穎という方。原曲の歌詞とはまたやや違った歌詞をつけています。

さっそく見てみましょう。



旅立ちの日を迎える1番。



まずは冒頭の2行。

----------------
蛍の光 窓の雪
書よむ月日 重ねつつ
≪蛍の光 歌詞より抜粋≫
----------------

”蛍の光や窓からの光で本を読む日々を送ってきた”という意味です。

今では普通に電気が通っていますが、当時の学校には満足になかったのでしょう。
自然の光を利用して本を読んだという思い出が歌われています。

----------------
いつしか年も すぎの戸を
明けてぞ けさは 別れゆく
≪蛍の光 歌詞より抜粋≫
----------------

続く2行は、”いつしか時が過ぎ、今朝は杉の戸を開けて、別れる日が来た”という意味。
「時が過ぎ」と「杉の戸」は「すぎ」が掛詞として使われています。

この部分からお分かりいただけるように、旅立ちの当日が歌われています。

友達への思いを歌った2番。

----------------
とまるも行くも 限りとて
かたみに思う ちよろずの
心のはしを 一言に
さきくとばかり 歌うなり
≪蛍の光 歌詞より抜粋≫
----------------

ここに残る人も、次へと進む人も、今日限りでお別れ。お互いを思う何千何万もの気持ち・言葉をたった一言、「無事で」という言葉に込めて歌っている。

2番を訳すと上記のような意味になります。

「さきく」を漢字で表すと「幸く」。「無事でいてほしい」という意味をもつ言葉です。
色々と募る思いを「どうか無事でいてね」という一言に乗せるなんて、粋ですよね。

終わりに

 画像引用元(Amazon)

以上、蛍の光について解説いたしました。
歌詞を理解してみると、どれだけ卒業式にふさわしい曲かというのがわかりますよね。

大人になるとなかなか歌う機会はありませんが……ぜひ後世に伝えてください。(笑)

ちなみに、デパートの閉店時にかかるのはスコットランド民謡の方なんだそう。メロディーはほぼ一緒なのですが、拍子が違うのです……!

蛍の光が4拍子なのに対し、スコットランド民謡は3拍子。閉店間際にデパートに出かけることがあればチェックしてみてくださいね!

TEXT ゆとりーな

ライブに来ていただいたらロックオンする…

「紅」とは?「俺」って誰?YOSHIK…