1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 秦基博
  6. さよならは哀しい言葉?秦基博『透明だった世界』から見えてくるもの

さよならは哀しい言葉?秦基博『透明だった世界』から見えてくるもの

秦基博、10枚目のシングルとなる『透明だった世界』。3カ月連続リリースの第1弾として発売されたこの楽曲の背景には、怒涛のスケジュールがあった。

公開日:2015年10月23日 更新日:2019年3月22日


この記事の目次 []
  1. ・怒涛のスケジュールの中で楽曲制作!
  2. ・透明だった世界
  3. ・「サヨナラ」は悲しい言葉じゃない

怒涛のスケジュールの中で楽曲制作!


秦基博、10枚目のシングルとなる『透明だった世界』。3カ月連続リリースの第1弾として発売されたこの楽曲の背景には、怒涛のスケジュールがあった。

どうしてハードスケジュールとなってしまったのか。始まりは、大人気アニメ「NARUTO」のテーマソングの話をもらったことだった。

それが後に『透明だった世界』になるのだが、この時すでに3rdアルバムの制作を行っていた秦基博にとって、この楽曲はアルバムで伝えたい思いとは少し離れている気がした。

しかし、彼自身が言いたい事、歌いたい事が象徴的に伝わるので、あえてアルバムに収録するのではなく先行リリースすることを考えた。結果、この楽曲の発売日が8月に決まってしまった為、ケジュールは立て込んだものとなってしまったわけだ。

なにはともあれ、完成した楽曲は、前作『アイ』とはがらっと雰囲気を変え、アッパーの効いた仕上がり。オープニングを飾るに相応しい、アニメの世界感を余すことなく活かしたナンバーとなってリリースを果たした。

透明だった世界


----------------
あの日 ホントに失ったものって何だったっけ
とうに忘れてしまったよ
夕暮れで 二人 少しずつ見えなくなっていって
それなのに 僕ら 帰れずにいた
どこかに 壊れそうな脆い心
強がる言葉で覆って隠してる 覆って隠してる
≪透明だった世界 歌詞より抜粋≫
----------------

悲しい別れ程、思い出したくないものはない。人は2度と会えないかもしれないとわかった時、別れを1つの区切りにして蓋をする。

「サヨナラ」なんて、一番解かりやすい言葉だ。

しかし、『透明だった世界』では不思議と悲しい雰囲気が伝わってこない。

----------------
サヨナラ 会えなくなったって 僕らは続きがあるから
≪透明だった世界 歌詞より抜粋≫
----------------

別れを言う時、また会う約束をしないのが普通であるはずなのに、あっさりと続きがあると言えること。子供の頃だったら考えもしなかったことだ。

しかし大人になった今、自分の行動次第で何とでもなる現実が目の前にある。そこでようやく気付くのだ。

「あの日ホントに失ったものってなんだったっけ?」

そう言って惚けられるくらいの強さを、自分がもう手に入れている事に。

「サヨナラ」は悲しい言葉じゃない


少年性と別れをテーマに、大人の目線で歌い上げた『透明だった世界』。

昔には戻れなくても、今だから見えてくるものがある。

次の再会をお互いに信じていれば、「サヨナラ」は悲しい言葉じゃない。

TEXT:空屋まひろ

宮崎県生まれ、横浜育ち。2006年11月シングル「シンクロ」でデビュー。 “鋼と硝子で出来た声”と称される歌声と叙情性豊かなソングライティングで注目を集める一方、多彩なライブ活動を展開。 2014年、 映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が大ヒット、その後も数々の映画···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

恋多き女テイラーが唄う修羅場的失恋ソング

顔だけじゃない!生きざまもカッコいい福…