1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 中島愛
  6. 年上お姉さんと1つ屋根の下!?すべてのあまえんぼうさんに贈る「すのはら荘の管理人さん」の魅力

【特集】年上お姉さんと1つ屋根の下!?すべてのあまえんぼうさんに贈る「すのはら荘の管理人さん」の魅力

2018年7月からAT-X他にて放送されていた「すのはら荘の管理人さん」をご存じですか?ある決意を胸に「すのはら荘」へとやってきた亜樹とその同居人たちの日常を描いた、ちょっぴりエッチで癒し満載のラブコメディです。UtaTenでは「すのはら荘の管理人さん」に登場する個性豊かなキャラクターたちと、作品にピッタリのOPとEDを紹介していきます。

公開日:2019年4月1日 更新日:2019年4月20日


この記事の目次
  1. ・すのはら荘の管理人さんとは
  2. ・ショタっ子主人公と個性豊かな住人たち
  3. ・亜樹と彩花、2人の関係がぴったりハマるOP
  4. ・Bitter Sweet Harmony
  5. ・亜樹の心の葛藤が沁みるED
  6. ・そんなの僕じゃない
  7. ・彩花の魅力満載なCM!
  8. ・亜樹と彩花の年の差カップルは成立するのか?
  9. ・中島愛 Profile
TOP画像引用元 (Amazon)

すのはら荘の管理人さんとは

画像引用元 (Amazon)

すべてのあまえんぼうさんに贈る、年の差ラブコメディ。

これは「すのはら荘の管理人さん」のキャッチコピーです。まんが4コマパレットで2014年7月号から連載中されています。累計発行部数はこれまでに、紙媒体と電子媒体をあわせて35万部を突破しました。現在コミックスは4巻まで発売されています。

それでは次に、「すのはら荘の管理人さん」のあらすじをご紹介!女の子のような見た目のせいで、周囲から男扱いされてこなかった主人公、椎名亜樹。亜樹はそんな自分を変えるために、中学入学と同時に東京の学校へ出て、すのはら荘に入寮します。

しかし、強い決意を持った亜樹を待ち受けていたのは、天然でいたずら好きな管理人さんの春原彩花でした。しかも、ほかの同居人も全員年上の女性!?

さっそく亜樹は彩花から女の子と間違えられてしまいます。

亜樹は彩花に1人の男として認められるために、家事をお手伝いしたり、料理男子はモテるはず!と挑戦したり、マッチョになろうとしたり…奮闘をしますが、なかなかうまくいきません。

奮闘する亜樹がかわいくてしょうがないのか、彩花はとことん甘やかします。それは管理人の仕事を超えた、ちょっときわどいこともあったり…。そんな彩花の亜樹に対する甘やかしにも注目です!

はたして、亜樹は男らしく変われるのか…。

ショタっ子主人公と個性豊かな住人たち

「すのはら荘の管理人さん」を紹介する上で、絶対に欠かせないのがすのはら荘の住人たちです。

●椎名亜樹:CV喜多村英梨
自分を変えるため、すのはら荘へとやってくる。管理人の彩花に一人の男として見てもらおうと、日々奮闘するがなかなかうまくいかない。

●春原彩花:CV佐藤利奈
すのはら荘の管理人。家事は完璧にこなすが天然。スタイル抜群で、その豊満で柔らかい体に、男女問わずメロメロ。

●雪本柚子:CV高森奈津美
すのはら荘の住人。亜樹が通う中学校の生徒会長をしている。成績優秀で人望も厚い。しかし、体が小さい自分を人一倍気にしている。

●月見里菫:CV瀬戸麻沙美
すのはら荘の住人。柚子と同じ中学校で、生徒会副会長をしている。長身でスタイルが良いクールビューティー。その見た目からは想像できないが、可愛いものが好きで、特に小さくて可愛い柚子のことが大好き。

●風見ゆり:CV宮本侑芽
すのはら荘の住人。柚子と同じ中学校で、生徒会書記をしている。衣装作りやカメラが趣味。いつも笑顔で優しい印象の彼女だが、どうやら裏の顔がある様子…。

すのはら荘での唯一の男子である亜樹は、住人たちからとにかく可愛がられます。アニメの後半には、すのはら荘の住人だけでなく、彩花の妹や年下の男の子好きの友人、そして亜樹がすのはら荘へと行くきっかけとなった姉も登場!亜樹にはたくさんの試練がやって来るのです。

亜樹と彩花、2人の関係がぴったりハマるOP


OPの『Bitter Sweet Harmony』を歌っているのは、「マクロスF」でランカ・リーを演じてその歌声で注目された中島愛さん。「すのはら荘の管理人さん」では彩花の妹の友達の声を務めていました。

明るくポップな曲調にのせられた歌詞が、亜樹と彩花の2人の関係を表現しています。

Bitter Sweet Harmony

----------------
つま先で立とうとして
よろけちゃう君に思わず微笑んじゃう
まっすぐな君の夢
手伝いたいけど余計なことかな

(Stand up!)君は多分
(Look up!)変わりたくて
(Jump up!)急ぎ足で歩いてく
そんな仕草も 愛しくて 構いたくなるよ

ビターになりたい君の頑張りを
優しく包み込んでいたいの(Hold on you)
少し疲れちゃったら
甘えたっていいんだよ?

(I'll keep you any time)
いつでもスウィートな気持ちでいるから
そのままの君の歩幅で来て(Waiting you)
焦らなくても ほら
明日も 明後日も 私は
ここにいるよ
≪Bitter Sweet Harmony 歌詞より抜粋≫
----------------

すのはら荘で過ごすうちに、彩花に一人の男として見てもらいたいと思い始める亜樹。頑張って背伸びして日々奮闘する亜樹を、優しくそばで見守っている彩花。

そんな2人の姿が歌詞から想像できます。今焦らなくても、亜樹はいずれ大人に成長していくと信じているから、今の可愛いままの亜樹を構いたくなるんでしょうね。

亜樹の心の葛藤が沁みるED


OPは彩花目線で、亜樹の頑張りを見守っている歌詞でした。逆にEDは亜樹が心のなかで葛藤して、モヤモヤしている部分が描かれています。

EDを歌っているのは下地紫野さんで『そんなの僕じゃない』です。下地さんは声優として活躍しながら、2016年にアーティストとして『God Save The Girls』でソロデビューしています。

そんなの僕じゃない

----------------
なりたい自分が ぼんやり見えないなら
なれない自分を 抱きしめればいいんだ
僕が支配してるはずの呼吸が
まるで別の生き物みたい
こんな夜更けに 震え始める
≪そんなの僕じゃない。 歌詞より抜粋≫
----------------

「男らしくなりたい」そう思うけど現実はなかなか、うまくはいかない。そんな亜樹の葛藤が歌詞とリンクします。

彩花の魅力満載なCM!


▲「すのはら荘の管理人さん」迅社CM

アニメの途中で流れるCMも見逃せません!なんと、一迅社のCMとして彩花が登場しています。

3Dっぽくなっていて、彩花の豊満ボディがよりリアルに表現されていますよ!CMの最後には、彩花とあっちむいてほいができるので、ぜひチェックしてみてください。

亜樹と彩花の年の差カップルは成立するのか?

画像引用元 (Amazon)

アニメでは亜樹と彩花の関係が、少しずつ近くなっていくのが描かれていました。2人の関係、そしてすのはら荘のその後ついては、漫画をチェックしてくださいね!

▷公式ツイッター (@sunohara_anime)
▷公式ホームページ

TEXT あるこ

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

中島愛 Profile

中島 愛(Megumi Nakajima)   

6月5日生まれ。A型。2007年 「Victor Vocal & Voice Audition」にて最優秀者に選ばれ、TVアニメ「マクロスF」にて声優・歌手デビュー。同作品ではランカ・リー=中島 愛名義で「星間飛行」をはじめ数多くの楽曲がリリースされ、シングルはオリコン5位、収録アルバムはオリコン2位を記録し大ヒット。

2009年シングル『天使になりたい』にて個人名義でのリリースをスタート。同年の「第3回声優アワード」にて歌唱賞を受賞。その後、歌手活動と並行して「セイクリッドセブン」(藍羽ルリ役)、「君のいる町」(枝葉柚希役)、「ハピネスチャージプリキュア!」(愛乃めぐみ/キュアラブリー役)など数多くのTVアニメでヒロイン役を射止める。

2014年3月より本人名義の音楽活動を休止していたが、2017年2月リリースの『ワタシノセカイ』で活動を復帰。2017年10月放送TVアニメ「ネト充のススメ」主題歌を担当する。

▷中島 愛 オフィシャルHP
▷中島 愛 オフィシャルTwitter

【中島 愛 楽曲配信】
▷iTunes
▷レコチョク
▷mora

【主な出演履歴】
2008年「マクロスF」ランカ・リー役
2009年「けんぷファー」沙倉楓役
2011年「セイクリッドセブン」藍羽ルリ役
2012年「武装神姫」レーネ/戦乙女型アルトレーネ役、「ポケットモンスター ベストウイッシュ」メロエッタ役

2013年「君のいる町」枝葉柚希役
「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」春日部耀役

2014年「ハピネスチャージプリキュア!」 愛乃めぐみ/キュアラブリー/アンラブリー役 
2016年「艦隊これくしょん -艦これ-」初月役 など

●作品履歴
《シングル》
2009年
『天使になりたい』、『ノスタルジア』(ドラマ「大好き!五つ子「主題歌)、『ジェリーフィッシュの告白』(アニメ「こばと。」エンディングテーマ)

2010年
『メロディ』(OVA「たまゆら」エンディングテーマ)

2011年
『神様のいたずら』(アニメ「たまゆら~hitotose~」エンディングテーマ)

2012年
『TRY UNITE!/Hello!』(アニメ「輪廻のラグランジェ」オープニングテーマ/エンディングテーマ)、『マーブル/忘れないよ。』 (アニメ「輪廻のラグランジェ season2」オープニングテーマ/エンディングテーマ)

2013年
『そんなこと裏のまた裏話でしょ?』(アニメ「琴浦さん」オープニングテーマ)、『ありがとう』(アニメ「たまゆら~もあぐれっしぶ~」エンディングテーマ)

2017年
『ワタシノセカイ』(TVアニメ「風夏」エンディングテーマ)

《アルバム》
2010年『I love you』
2012年 『Be With You』
2014年『Thank You』

《Blu-ray》
2014年『メグミー・ナイト・フィーバー』

●主な活動履歴
2008年
・ランカ・リー=中島愛ミニライブ@フォルモ…ぢゃないよ!ヴィーナスフォート☆
・ランカ・リー=中島愛デビューイベントツアー
・中島愛インストアイベント
・中島愛クリスマスイベント2008 ~じゃないか同盟の皆さん!あと7日で2009年っ!カウントダウンスペシャル!~

2009年
・中島愛スプリングイベント2009~まめぐだワッショイ!春祭in赤坂ブリッツ~
・中島愛 1st Live Tour 2009 ~サウンド・ラズベリー~

2010年
・と~るりーす presents 中島愛 2nd Live Tour 2010 ~I love you~
・Megumi Nakajima Premium Live in TAIPEI
・Megumi Nakajima Premium Live in HONG KONG
・中島愛のシンカロン! Talk&Live in TDU

2011年
・中島愛 新春スペシャル~Lovely Time Travel Show~
・と~るりーす presents Megumi Nakajima Premium Live ~誕生日まで待てない!~
・中島愛 22歳、感謝のまつり ~どんどこどん~

2012年
・と~るりーす presents 中島愛 3rd Live Tour 2012 ~とことんBe With You !~
・5th Anniversary Live MeguMagic

2013年
・Fan Club Tour~Megumi Nakajima Unplugged Live~!
・Megumi Nakajima 5th Anniversary Year's Final Live「メグミー・ナイト・フィーバー」

2014年
・Megumi Nakajima FINAL LIVE 「Thank You」

平成アニソン大賞、映画主題歌賞受賞!「…

平成の大河ファンタジー!「アルスラーン…