1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 尾崎豊
  6. 尾崎豊の歌詞から学ぶ"生き方"のヒントとは?

【特集】尾崎豊の歌詞から学ぶ"生き方"のヒントとは?

このアーティストの関連記事をチェック

今日で学校生活ともサヨナラ…定番の卒業…

『僕が僕であるために』不確かな世界で尾…

今は亡き若者のカリスマ"尾崎豊"は26歳という若さでその短い生涯を閉じました。彼の生き方は賛否両論、色んな意見があるでしょう。だからこそ今、尾崎の作った歌から"生き方"のヒントを探ってみましょう。

公開日:2019年5月4日 更新日:2019年5月4日

Editor

時雨


この記事の目次
  1. ・「Forget-me-not」
  2. ・「15の夜」
  3. ・"子供"と"大人"の狭間で…
  4. ・「ダンスホール」
  5. ・ハードな曲ばかりではない!
  6. ・尾崎豊 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・映像情報
  9. ・尾崎豊 Profile
TOP画像引用元 (Amazon)


「Forget-me-not」

「Forget-me-not」は尾崎豊十代最後の曲でした。カップリングは皆さんご存知の「OH MY LITTLE GIRL」です。

認知度はどちらかというと「OH MY LITTLE GIRL」の方が上のような気がします。

2014年に公開された映画「ホットロード」の主題歌としてそのまま尾崎豊のこの歌が使われました。

尾崎豊のイメージは"社会に対する反発"や"破壊"などではないでしょうか?

そんな破天荒な側面を、若者はカリスマとして支持したのかもしれません。

でも実は、尾崎の作る歌には"愛"をテーマとしたものもとても多いんです。
その代表格がこの「Forget-me-not」です。

----------------
小さな朝の光は
疲れて眠る 愛にこぼれて
流れた時の多さに
うなずく様によりそう二人
≪Forget-me-not 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭の部分です。
尾崎が作る愛の歌に悲恋の歌はありません。

失恋して…傷心で…みたいな歌ではなく、必ずかたわらに"愛しい人"が存在しているのが特徴です。

しかも大事に大事に相手の女性を愛していくんですね。

「Forget-me-not」の意味は勿忘草。
花言葉は"私を忘れないで"です。

----------------
初めて君と
出会った日僕は
ビルのむこうの空を
いつまでもさがしてた
君がおしえてくれた
花の名前は
街にうもれそうな
小さなわすれな草
≪Forget-me-not 歌詞より抜粋≫
----------------

おそらくですが、"私を忘れないで"と言ったのは彼女。
そんな彼女を一生懸命に愛していこう。

この歌はそんな心情を歌っているのでしょう。
これだけ愛されれば女性冥利ですよね♡

「15の夜」


画像引用元 (Amazon)


ストレートに若者の心情を歌った楽曲「15の夜」です。
両A面で、「卒業」のカップリングとなりました。

思春期の危うい気持ち…皆さんも一度は経験して大人になったのではないでしょうか?

----------------
しゃがんでかたまり
背を向けながら
心のひとつも
解りあえない
大人達をにらむ
≪15の夜 ~THE NIGHT~ 歌詞より抜粋≫
----------------

15歳ぐらいの頃って、いつも何かにムシャクシャしていましたよね。
物事を真っすぐに見られないというか…。

そんな思春期の心情を、尾崎は見事に「15の夜」に詰め込んで歌にしてくれたんです。
当時の若者が熱狂するのも分かります。

何に腹を立てているのかも分からない…とにかく"身の置き所がない"んです。

周りの大人はそんな自分をきっと心配してくれているのに、それすら見えなくなってしまうんですよね。

----------------
誰にも縛られたくないと
逃げ込んだ この夜に
自由になれた気がした
15の夜
≪15の夜 ~THE NIGHT~ 歌詞より抜粋≫
----------------

嫌なことから逃げて逃げて…夜の暗闇ならそんなこと見なくて済むし、まず見えない。
若い頃ってそれを自由と"勘違い"してしまうんです。

"子供"と"大人"の狭間で…



器用に生きていくことは簡単なようでとても難しいです。
尾崎豊は26歳という若さで世の中の厳しさを知り、生きていくことを諦めてしまったのかもしれません。

今回は「Forget-me-not」と「15の夜」という対照的な2曲をご紹介しましたが、この2曲だけで彼の葛藤がとても強く感じられます。

こうして彼が残した歌を読み解いていくと分かることは、掲げているテーマは"愛"と"破壊"。
まったく真逆ですよね。

深読みすればするほど、とても切ない気持ちになってしまいます。

尾崎はきっと"子供"と"大人"そして、"愛"と"破壊"の間でもがき苦しんだのではないでしょうか?

尾崎の作る歌詞から生きるためのヒントを考えるとするならば、"肩の力を抜いてもっと器用に"ということに尽きるでしょう。

選択肢は一つではありません。
もっといい意味で"器用に"生きていきたいものです。

尾崎の作品にはこんな歌も…

「ダンスホール」


画像引用元 (Amazon)


尾崎豊の作品の中には、好きな女性に向けた愛の歌でも、何かに反発するでもないこんな歌もあります。

相手は女性なんですが、恋人ではなくとてもライトな関係と解釈できます。

----------------
子猫のような奴で
なまいきな奴
小粋なドラ猫ってとこだよ
おまえはずっと
踊ったね
≪ダンスホール 歌詞より抜粋≫
----------------

この楽曲は、尾崎豊がオーディションのためにカセットテープに吹き込んで当時の所属事務所だったソニーに持ち込んだといわれています。
そして、亡くなる寸前のライブで最後に歌った曲でもあります。

なので、アーティスト尾崎豊にとって"最初と最後"の曲ということになるんですね。

デモテープにしたぐらいですから、まだ迷走や葛藤などない、とてもライトな曲に仕上がっています。

----------------
気どって水割り飲みほして
慣れた手つきで火をつける
気のきいた
流行文句だけに
おまえは小さくうなづいた
≪ダンスホール 歌詞より抜粋≫
----------------

少し顔見知り程度のこの女性。

やっぱり少しワルな部分がある女性のようです。

まだあどけない女性は背伸びして、このダンスホールにやってきたのでしょう。

そもそもダンスホール…今でいう所のクラブですよ。(笑)

子供は入っちゃいけません!
主人公とどうでもいい会話をしながら、ほろ酔い気分の女性がいます。

----------------
あたい グレはじめたのは
ほんの些細なことなの
彼がいかれていたし
でも本当は
あたいの性分ね
≪ダンスホール 歌詞より抜粋≫
----------------

「あたい」とは"わたし"のことですよ!時代ですね~!(笑)
お酒が入って気分が良くなったその女性は、主人公に身の上話を始めるんですね。

これまでで自分はどうやって生きてきたとか、ダラダラと話はじめます。

きっと主人公も同じくほろ酔いでウンウン…って感じで聞いてあげているんでしょう。

ハードな曲ばかりではない!

このように、自分の事でもなく恋人のことでもなくただ「ダンスホール」であった出来事を淡々と歌にしたみたいなものも尾崎の作品には存在するんです。

メロディラインもとても優しく、流れるような楽曲となっています。

尾崎豊といえばやはりハードなロックというイメージですが、「ダンスホール」のような穏やかなポップスもあるので、機会があったらぜひ聴いてみてください♪♪


TEXT 時雨

尾崎豊(おざき ゆたか)は日本のシンガーソングライター。 1965年11月29日、東京都世田谷区にて生まれる。 1982年に受けたオーディションで合格し最優秀アーティスト賞に選出、翌年CSBソニーからアルバム「十七歳の地図」、シングル「15の夜」で高校在学中にデビュー。 85年発売のシングル「···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

尾崎豊 最新情報

リリース情報


●2018年4月25日 リリース
『10 Pieces Of Story』

★DVD
価格:5,800円(税抜)
品番:SRBL-1797
初回仕様限定:40Pフォトブック付き

★Blu-ray
価格:6,800円(税抜)
品番:SRXL-163
初回仕様限定:40Pフォトブック付き

【収録内容】
01. 十七歳の地図
02. 卒業
03. DRIVING ALL NIGHT
04. FREEZE MOON
05. 路上のルール

06. I LOVE YOU
07. 核
08. 太陽の破片 (NEW VERSION)
09. 僕が僕であるために
10. I LOVE YOU (NEW VIDEO CLIP)

[BONUS TRACK]
LIVE REHEARSAL AT AKITA BUNKAKAIKAN ON Dec.3rd.1984

【Sony Music Shop】
▷DVD
▷BD 

【店舗リンク】
◎TOWER
▷DVD
▷Blu-ray

【HMV】
▷DVD
▷Blu-ray

映像情報

●映画『尾崎豊を探して』
人がつくりあげたルールの中で生きていく苦悩を歌に託し、優しさとは何か、愛するとは何かを求め続け、わずか26歳の若さで夭折した尾崎豊。

『卒業』『I LOVE YOU』『シェリー』『15の夜』、いまもって宝石のような輝きを放つ尾崎の歌は何を伝えようとしていたのか。新宿ルイードの初ライブにさかのぼり、地方公演、ニューヨーク、大阪球場、国立代々木競技場、そしてなにげない日常まで、400時間にも及ぶ映像記録から断片をひろい集め、糸をつむぐようにより合わせた「尾崎豊を探す旅」。映像作家・佐藤輝の執念に突き動かされた編集作業を経て、初めて陽の目を見るありのままの尾崎豊がここにいる。

いまを生きるすべての若者と、同時代を生きてきた永遠の青春に捧げる感動のオマージュ。

<監督・撮影・編集>
佐藤輝 プロデュース:須藤晃/御領博/福田信 

<制作>
テル・ディレクターズ・ファミリィ

<制作協力>
アイソトープ/カリントファクトリー

<製作>
「尾崎豊を探して」製作委員会
(ライブ・ビューイング・ジャパン/マザー・エンタープライズ/ソニー・ミュージックレーベルズ/東京テアトル/グランドマザー・ミュージックビジョン/KDDI)

<配給>
東京テアトル/ライブ・ビューイング・ジャパン  

<タイトル&キャッチコピー>
日暮真三 ポスターデザイン:十河岳男

2019年/カラー/16:9/STEREO/95分/DCP  PG12
(C)2019「尾崎豊を探して」製作委員会

▷公式HP
▷公式twitter
▷公式facebook

別れを通して人は成長する。爽快感と切な…

毎話何が起こるか分からない!秘密結社が…