1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. クリープハイプ
  6. 1冊の小説に見立てた不器用な男女の恋愛 クリープハイプ『栞』

【歌詞コラム】1冊の小説に見立てた不器用な男女の恋愛 クリープハイプ『栞』

このアーティストの関連記事をチェック

尾崎世界観とは違う視点で生み出される、…

映画「百円の恋」は安藤サクラの体当たり…

栞は、本をどこまで読んだか分かるように目印として挟んでおくものだが、クリープハイプの『栞』が意味するものは、恋愛上で揺れ動く気持ち。聴き終わると、まるで1冊の小説を読んだかのような気分になる楽曲に仕上がっている。

公開日:2019年8月10日 更新日:2019年8月10日


この記事の目次 []
  1. ・“好き”という気持ちが素直に表現できない主人公
  2. ・栞
  3. ・桜の舞う季節に別れは訪れる
  4. ・悲しみを乗り越えた先が小説の結末

“好き”という気持ちが素直に表現できない主人公


こちらの楽曲は僕や私という一人称をあえて使わず、男女どちらからの視点でも受け取りやすい詞になっているところが特徴だ。

----------------
途中でやめた本の中に挾んだままだった
空気を読むことに忙しくて 今まで忘れてたよ
句読点がない君の嘘はとても可愛かった
後ろ前逆の優しさは、すこしだけ本当だった
≪栞 歌詞より抜粋≫
----------------

物語は、主人公が恋した相手と付き合い出した頃から始まっている。

実った恋を長続きさせたいと相手に嫌われないように考え過ぎてしまって、少し気疲れしている時に思い出した“好き”という純粋な気持ち。相手の何気ない言葉や行動が可愛く、何をしても2人一緒だと楽しい日々は続いた。

桜の舞う季節に別れは訪れる


----------------
桜散る桜散る ひらひら舞う文字が綺麗
「今ならまだやり直せるよ」が風に舞う
嘘だよ ごめんね 新しい街にいっても元気でね

桜散る桜散る お別れの時間がきて
「ちょっといたい もっといたい ずっといたいのにな」
うつむいてるくらいがちょうどいい
地面に咲いてる
≪栞 歌詞より抜粋≫
----------------

うまくいっていた2人の恋愛は桜が散るかのごとく、突然終わりを告げる。

お互い離れ離れになってしまうのでやむを得ないが、本当はまだ終わらせたくない。でも、素直に気持ちを表現できずもどかしい気持ちのまま、強がりにも似た最後のエールを贈る。

油断すると涙がこぼれ落ちでてしまいそうな顔を相手に見られたくないからうつむきがちになってしまう。

悲しみを乗り越えた先が小説の結末


----------------
この気持ちもいつか 手軽に持ち運べる文庫になって
懐かしくなるから それまでは待って地面に水をやる
≪栞 歌詞より抜粋≫
----------------

別れてから暫くの間は、悲しさで気持ちも沈んでいるが、いつかは2人で一緒に過ごした日々がいい思い出となって、また読み返したくなる1冊の小説のようになって欲しいという主人公の気持ちが読み取れる。

本来「栞」は本を読んだところまでの目印として挟んでおくものだが、こちらの楽曲のタイトルである『栞』は、2人の恋愛模様を描いた小説中で、主人公が大切にとどめておきたい気持ちのことを指しているのだ。

作詞・作曲を担当した尾崎世界観は小説家でもあるので、この曲の詞も恋愛小説のようになっっている。ただ、現実の恋愛は小説の中よりも複雑であり、いつも上手くいくわけではないから、ところどころあえて抽象的に描いている詞。

曲を聴いた人が個々各々で物語を描いて欲しいという尾崎世界観の願いも込められているのだ。

TEXT 蓮実 あこ

尾崎世界観(Vo/Gt)、小川幸慈(Gt)、長谷川カオナシ(Ba)、小泉拓(Dr)からなる4人組ロックバンド。 2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。 2014年には日本武道館2days公演を行うなど、シーンを牽引する存在に。 2017年、映画「帝一の國」主題歌『イト···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

推しがいる人は必聴!?キュウソネコカミ…

見たらダラダラしたくなる?「干物妹!う…