1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. MAN WITH A MISSION
  6. 「我々ハ、オオカミデモアリマスシ…」こうして生まれた、マンウィズとハロウィンの連想曲!

【歌詞コラム】「我々ハ、オオカミデモアリマスシ…」こうして生まれた、マンウィズとハロウィンの連想曲!

このアーティストの関連記事をチェック

【HEY!HEY!NEO!】MCダウン…

頭はオオカミ、身体は人間…?エレクトリックレディーランドと呼ばれる地の果てで、天才生物学者:ジミー・ヘンドリックスの手によって生まれた生命体。ヒトラーなど時の権力者に、その超人的な肉体と頭脳を利用され、最終的にはジミーの命と引き換えに南極の氷河に氷漬けにされていた者たち。

公開日:2015年10月27日 更新日:2019年3月25日


この記事の目次 []
  1. ・究極の生命体!?5人組ロックバンド マンウィズ
  2. ・マンウィズは世界にも進出!
  3. ・Feel and Think
  4. ・真っ直ぐな心から生まれる音楽

究極の生命体!?5人組ロックバンド マンウィズ


エレクトリックレディーランドと呼ばれる地の果てで、天才生物学者:ジミー・ヘンドリックスの手によって生まれた生命体。

ヒトラーなど時の権力者に、その超人的な肉体と頭脳を利用され、最終的にはジミーの命と引き換えに南極の氷河に氷漬けにされていた者たち。見た目のインパクトだけでなく、ここでは語り尽くせないほどの過去を持つ5人組ロックバンド―MAN WITH A MISSION。

メンバーの国籍や年齢、バンド結成の時期も不明となにかと謎に包まれた彼らだが、音楽の能力は高い。

最初こそ、生みの親であるジミーがギターを趣味にしていたことでプログラミングされたものだったが、1997年、AIR JAMの演奏をきっかけに考えは一変。オオカミならではの発達した聴覚で聴いただけのものだったが、「音楽で何か世界を変えられないか」と音楽を志すようになる。

マンウィズは世界にも進出!


2010年、地球温暖化の影響で氷が融けたことで復活してからというもの、若い世代を中心に人気を集め、今では活動の場を世界にまで広げつつある。

紹介する『Feel and Think』は、彼らがハロウィンを意識して出したミニアルバム『Trick or Treat e.p』に収録された楽曲である。PVには暗闇に目を光らせて歌う彼らや、パンプキンが登場するなど完全にハロウィン仕様となっている。

しかし、メンバーの中で唯一言葉が話せるボーカル・ギター担当のジャンケン・ジョニーが言うには、「楽曲の持ッテイルメッセージ性ハ、季節関係ナク年柄年中聴イテイタダケル内容ニナッテオリマス」とのこと。

存在だけでもはやハロウィンな彼らマンウィズが、人間たちに贈る音楽とは一体、なんだろうか?その真相に迫りたいと思う。

Feel and Think



ーーーーーーーーーーーーーーー
Bring it on down I'm used to being numb
The sense of incongruity I guess I'm just dumb

Now keep it on forever calculating every sum
Cause that's all what you ever do
You'll never make me cum

[日本語訳]
好きなだけ持ってくればいい 麻痺には慣れている
違和感はみつからないけど どうやら僕がバカなだけらしい

ずっとそうやってやり続けていればいい
計算ばかりし続けていれば どうせ貴方にはそれしか出来ない
アンタには俺をイカせることなんて出来やしないから
ーーーーーーーーーーーーーーー


(中略)

ーーーーーーーーーーーーーーー
Feel and think And I believe I know
言葉を飲み込み
あの日のように I sing that song again

[日本語訳]
Feel and think そして自分でわかっている、と言い聞かせ
言葉を飲み込み
あの日のように 繰り返しあの歌を歌うだけ
ーーーーーーーーーーーーーーー


真っ直ぐな心から生まれる音楽


楽曲だけを聴くと、英詩も入ったカッコイイ仕上がり。バンド名が意味するところの「使命をもった男」の名は伊達ではない。実際、この楽曲をきっかけにファンになる人も多いようだ。

----------------
あがくように もがくように
果てるまで 『生きて』みせよう
≪Feel and Think 歌詞より抜粋≫
----------------

特に、「生きて」という言葉にはパワーを感じる。

それは権力者に利用され、氷漬けにされた彼らの背景もあるが何より、そうなる原因を作ってしまった人間に言えるところがすごい。普通なら、恨んでもいいところだ。人が壁にぶつかっても、彼らには関係ない話なのに。

彼らの音楽にパワーがあるのは、そんな曇りのない真っ直ぐな心を持っているからこそなのだ。こんな楽曲を出さずとも存在そのものがハロウィンの住人な彼ら。

今年は10月後半にヨーロッパツアーが控えているため、日本でハロウィンを過ごすことは難しいようだが。ハロウィンはマンウィズが唯一、市民権を得る日。ツアーを早めに切り上げて、日本にカムバックして欲しいものである。

彼らのシーズンは、もうすぐそこだ!

TEXT:空屋まひろ

頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド、MAN WITH A MISSION。 8年前に突如音楽シーンに登場し、2011年6月に1stアルバム『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビュー。 日本武道館、幕張メッセなどのアリーナワンマン公演を即日SOLD OUTするなど、ライブでの快進···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

テイラーも歌っちゃうよ! 魅惑のカント…

幼少期の死との直面から生まれた、リアル…