1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. THE YELLOW MONKEY
  6. 未来の自分を知ることはできない『I don’t know』

未来の自分を知ることはできない『I don’t know』

これまでに数々の名曲を生み出してきたTHE YELLOW MONKEY。ドラマ「刑事ゼロ」の主題歌にもなった『I don’t know』は、忘れたい過去の記憶から目を背けず、自分自身と向き合いながら今日を生きていく、 人の強さを歌った楽曲だ。

公開日:2019年9月14日 更新日:2019年9月14日


この記事の目次 []
  1. ・忘れたいが、忘れられない過去
  2. ・今の自分が在る根拠を探す
  3. ・I don’t know
  4. ・先のことは自分自身にも分からない

忘れたいが、忘れられない過去


人は生まれながらに持っているものもあるが、今の自分を作り上げたのは、今まで歩んできた人生によるものが大きい。

どんな家庭に生まれて、どんな人と出逢い、どのような環境で育ったか、今まで何を成し遂げてきたかということは、少なからずも自分自身に影響を与えているものだ。

その中でも、誰もが1つは思い出したくないような過去の記憶もあるだろう。「あの日心に無理矢理押し込んだ記憶の中を触る」という箇所には、そんな忘れたい過去でも、月日が経ったある時、ふと思い出す様子を表現している。

辛い過去は、思い出すだけでも辛いから、「誰の温もりが残ってる?」と歌っているように、幸せだった頃の思い出も手繰り寄せるように探すのだ。

今の自分が在る根拠を探す


I don’t know

----------------
時折目を刺す手掛かりの残像
しらみつぶしてもそのほとんどが嘘ばかりで
あんなに燃えてた炎は消えたの?
灰になったとしても
あの情熱だけは忘れない
≪I don't know 歌詞より抜粋≫
----------------

今の自分の思考や性格などはどのようにして生まれたのか?

過去の様々な経験が基となって生まれたものもあるので、過去の記憶を自分自身で辿る。他人から嫌われたくないと、自分を偽り、振舞っていたことを「しらみつぶしてもそのほとんどが嘘ばかり」という歌詞で表現している。

中には、何かに情熱を傾け、夢中になって行っていた時期もある。今をただなんとなく生きている自分には、そういった過去の自分が魅力的に感じ、あの頃に戻りたいと思うこともあるだろう。

先のことは自分自身にも分からない


この歌詞中にある「あなた」とは、自分の記憶の中の自分のことだ。

過去のことは、そんなに頻繁に思い出すことはないけれど、また思い出すことがある時に、出会うであろう記憶の中の過去の自分のことを指している。

----------------
わたしは誰かと空に尋ねても答えてくれない
優しいだけの青ばかりで
どこまでも続く 魂の葛藤
いつかまたあなたと会えるのなら
今はI don't know
≪I don't know 歌詞より抜粋≫
----------------

『I don’t know』というタイトルが示しているのは、先の自分はどうなるか分からないということだ。

今まで生きてきた軌跡に、これからの人生で積み上げていく経験がプラスされると、どういった自分になっていくのかは誰にも分からない。

今の自分とさして変わらないかもしれないし、大きく変わることもあるかもしれない。

TEXT 蓮実 あこ

吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二のラインナップで1989年12月から活動。 グラムロックをルーツに持つ独自のグラマラスなスタイルで人気を博し、1992年5月メジャーデビュー。 ライブの動員、CD売上ともに90年代の日本の音楽シーンを代表するロックバンドとなるも、2001年1月8日東京ド···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

the pillows山中さわおが映画…

【インタビュー】神宿、5周年の幕張ワン…