1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. エレファントカシマシ
  6. エレファントカシマシ『悲しみの果て』が示す希望とは

【歌詞コラム】エレファントカシマシ『悲しみの果て』が示す希望とは

デビュー30周年を超えた今も日本のロックシーンの最前線を走り続けるエレファントカシマシ。代表曲『悲しみの果て』はなぜ、バンドにとってもファンにとっても大事な曲として愛され続けるのか。

公開日:2019年5月17日 更新日:2019年5月17日


この記事の目次
  1. ・名曲が持つ意味とは…
  2. ・挫折からの再出発
  3. ・『悲しみの果て』にあるもの
  4. ・悲しみの果て
  5. ・確実にそこにある「希望」
  6. ・エレファントカシマシ Profile

名曲が持つ意味とは…


『悲しみの果て』がリリースされたのはデビューから8年が経った1996年4月のこと。

今では名曲として愛されているこの曲は、実はリリース当初決して多くの注目を集めていなかった。

バンドの歴史とともに、この曲の持つ意味を問い直してみたいと思う。

挫折からの再出発

エレファントカシマシ(以下エレカシ)のデビューは鮮烈だった。時は1988年。昭和から平成にかけてのバンドブームで多くのバンドがデビューしていた時代だ。

その中でもエレカシの個性と存在感は群を抜いていた。ザラザラにそぎ落とされたサウンドに文学的な歌詞。そして客をにらみつけるように歌うボーカル宮本浩次のキャラクターは明らかに異彩を放っていた。

デビュー以降エレカシは順調に作品をリリースする。コアなファンや音楽評論家からは高い評価を受けるものの、一般的なヒットとは程遠い状況だった。

自分たちの音楽が広く受け入れられない現実に対する迷いやいら立ちが曲にも表れるようになる。1994年の『東京の空』は非常に抜けのいいアルバムであったが、不発。

エレカシは当時所属していたエピック・ソニーとの契約を打ち切られてしまうのだった。

エレカシはバンドの継続を選び地道にライブ活動を続け、新曲を演奏していく。そうして新しいレコード契約を勝ち取り、1996年4月にリリースされた再出発シングルが「悲しみの果て」だった。

『悲しみの果て』にあるもの

悲しみの果て


----------------
悲しみの果てに
何があるか なんて
俺は知らない
見たこともない
ただ あなたの顔が
浮かんで消えるだろう
≪悲しみの果て 歌詞より抜粋≫
----------------

宮本浩次は「悲しみの果て」に何があるのか知らないと歌う。

そこに具体的な答えを提示することはしない。「あなた」というのは歌の主人公にとって大切な人間なのだろう。

辛く追い込まれた状況で浮かぶ顔というのは、多くの人にとってはすがりたい、安心を得たいと思う相手であるはずだ。

----------------
涙のあとには
笑いがあるはずさ
誰かが言ってた
本当なんだろう
いつもの俺を
笑っちまうんだろう
≪悲しみの果て 歌詞より抜粋≫
----------------

レコード契約を失うというどん底を経験したエレカシは、まさに悲しみの中にあり、失意の中にいたことだろう。しかしその時期を乗り越えたことで彼らは新しい強さを手に入れたのだ。同時に、どん底にいる者たちへの優しさをも。

実際に苦しんだ人間が歌うからこそ、この曲には説得力が宿っている。歌詞の中には何も難しい言葉などない。誰でもわかるようなシンプルな言葉とメロディーで、力強く立ち上がり前に進むことを教えてくれるのだ。

確実にそこにある「希望」


----------------
部屋を飾ろう
コーヒーを飲もう
花を飾ってくれよ
いつもの部屋に

悲しみの果てに
何があるか なんて…
Oh yeah
悲しみの果ては
素晴らしい日々を
送っていこうぜ
≪悲しみの果て 歌詞より抜粋≫
----------------

「部屋を飾る」、「コーヒーを飲む」。こうした何気ない日常こそがこの曲の前向きさを象徴しているようにも思う。そしてラストは「素晴らしい日々を送っていこうぜ」なのだ。

素晴らしい日々なんてどこにあるんだよ、とやさぐれることは簡単だ。

しかし、誰あろうエレカシこそがどん底から抜け出し、この曲を手にしたのである。具体的ではないからこそ、時代を選ばず常に聞く者の心に入ってくる曲なのかもしれないと思う。

『悲しみの果て』は自分たちの音楽が広く受け入れられずに悩んでいたバンドが手にした「ヒット曲」であると同時に、いつの時代も聞く者に希望と前向きさを与える永遠の名曲なのだ。

TEXT まぐろ

エレファントカシマシは1981年に北区立赤羽台中学校の同級生である宮本浩次(Vo.)、石森敏行(Gt.)、冨永義之(Dr.)を中心として結成され、1986年に高緑成治(Ba.)が加入し現在の編成になった日本の4人組ロックバンド。1986年CBS SONY SDオーディションでの入賞がきっかけとなり1988年3月21日、エピック···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

エレファントカシマシ Profile

1981年結成。86年、中学のクラスメートであった宮本浩次・石森敏行・冨永義之に、冨永の高校時代の同級生だった高緑成治が加わり、現在のエレファントカシマシとなる。

同年CBS SONY SDオーディション入賞。88年、アルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』、シングル『デ―デ』でデビュー。

カリスマ性あふれる音作りと圧倒的なライブパフォーマンスで、熱烈な支持を得る。繊細かつ叙情的な楽曲と、激情と刹那を感じる歌詞が特徴的な日本を代表するロックバンド。

▷エレファントカシマシ Official HP
▷エレファントカシマシ Wake Up 特設サイト
▷エレファントカシマシ Official Twitter
▷エレファントカシマシ Official Facebook

chelmicoが繰り出す新曲『swi…

Mr.Childrenの隠れた名曲を1…