1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. ポルカドットスティングレイ
  6. 綺麗事で描ききれない大人なラブソング、ポルカ「話半分」

【歌詞コラム】綺麗事で描ききれない大人なラブソング、ポルカ「話半分」

このアーティストの関連記事をチェック

「ZIP!春フェス」を盛り上げたあのア…

月が綺麗な夜にポルカが紡ぐラブソング「…

メジャーデビューからタイアップを重ね、今や幅広い層から人気を集めるバンド、ポルカドットスティングレイ(以下:ポルカ)。初の武道館ライブも決まっており、今後の活躍がますます注目される。そんなポルカが描く少し臆病な片思いソングをご存じだろうか。

公開日:2019年5月15日 更新日:2019年6月2日


この記事の目次 []
  1. ・真面目な私のピュアな片思い
  2. ・ラブソングが描く綺麗事
  3. ・雫が描くラブソング
TOP画像引用元 (Amazon)


真面目な私のピュアな片思い

----------------
暗くて真面目な私が
こんな選択をすることを
初めて知りました
私の中身が透けていく様だな
これは愛だと思うので
あなたと話すのは少し怖い
冗談ばかり言って
それで、時が経てばいいのに
≪話半分 歌詞より抜粋≫
----------------

こんな冒頭で始まるこの曲の主人公は、自らの行動によって初めて自身を知っていく、恋の不慣れな感覚に戸惑っているようだ。

彼女はこの思いが「愛」であると理解しつつも、それ故に「あなた」と話すのは少し怖いと言っている。

曲の主人公は、恋愛に少し臆病な大人の女性像なのかもしれない。

現に、「話半分」のメロディーラインはBARを感じさせるような、極めてオシャレで大人びたものだ。

ギターフレーズも達者で特徴的なイメージが強いポルカの曲の中では、全体的に落ち着いた音で雫のボーカルを支えている。

「冗談ばかり言って それで、時が経てばいいのに」という歌詞は、曲名の『話半分』の意味にも繋がるだろう。

話半分でも良いから、ずっと「あなた」と会話していたいと思う実にピュアな片思いの気持ちが表れている。

----------------
私はいつでも凛として強いのに
不思議だな
あなたが見つめ返してくれてやっと
今日が息を吹き返す
≪話半分 歌詞より抜粋≫
----------------

自分で自覚している程に彼女はたくましく、まっすぐな強い心を持っている。

でも、それは周りに対してどこか強がっているだけなのかもしれない。

いつも強がれているはずなのに、不思議と「あなた」の前では弱くなってしまうのだ。

それどころか、見つめ返してくれて初めて毎日が鮮やかになるくらい、日々の生活が「あなた」によってどれほど振り回されてしまっているかが分かる。

ラブソングが描く綺麗事

----------------
簡単に嫌いになれてしまう、あなたのことだって
ラブソングが描いている綺麗事は苦手
それでもあなたが居なくなってしまったとしたら
困ったな 仕方ないかな
ネバーランドなんてない
≪話半分 歌詞より抜粋≫
----------------

世間的なラブソングは、「永遠に君が好きだ」と歌うようなもので溢れている。

『話半分』も言ってしまえばラブソングであるわけだが、この歌では“ラブソングで歌われる綺麗事は苦手だ"と言い切っているのだ。

「ネバーランドなんてない」という歌詞からも分かるように、主人公は恋なんて現実ではふとしたことで冷めてしまうような、永遠の存在ではないと考えている。

しかし、頭でそう理解してはいても、平凡な日常を輝かせてくれる「あなた」の存在は彼女にとって必要不可欠な存在になってしまっている。

この歌詞の主人公には、ポルカの顔であるボーカル雫の、クールさの中に垣間見える可愛らしく繊細な姿が感じられる。

雫が描くラブソング

----------------
そうやって言っても話半分のあなたを
愛したのは
あなたがあなたであったからと
答える他はないと思う
≪話半分 歌詞より抜粋≫
----------------

いつも話半分の「あなた」。

歌の冒頭では“冗談ばかり話して時が経って欲しい"と言っていた主人公も、最後は少し皮肉めいた言葉で「話半分」であることを歌っている。

そして、それでも「あなた」のことが好きなのは、ただ「あなた」が「あなた」であったから。

真面目で凛としている彼女であっても、理屈では説明できない感情こそが恋であり、「あなた」への愛なのだ。

きっと恋愛とは、このように綺麗事では表しきれないミステリアスな感情で作られているのだろう。

雫が描くラブソングこそ、そんな片思いの不思議な直感や曖昧な感情が、実にリアルに描写されているのである。


TEXT もりしま

福岡出身の4 人組ギターロックバンド。2015 年活動開始。 2017 年11 月、ユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。 活動歴が他アーティストと比較しても短い中、それを感じさせないバンドアンサンブル、教祖的存在感で、早耳のリスナーやメディアのSNS投稿から引火し、現在までバズりあげる···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

神宿に新メンバー塩見きらが決定。神宿第…

I Don't Like Monday…