1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 森山直太朗
  6. 森山直太朗の名曲。『愛し君へ』が教えてくれた「永遠の愛」の存在

【歌詞コラム】森山直太朗の名曲。『愛し君へ』が教えてくれた「永遠の愛」の存在

このアーティストの関連記事をチェック

今日で学校生活ともサヨナラ…定番の卒業…

種族を超えた父娘!愛と絆の物語「ソマリ…

『愛し君へ』は同名ドラマの挿入歌として用いられた楽曲。美しいメロディ、切なくもあたたかな歌詞がドラマの世界観と絶妙にリンクし、視聴者の涙を誘った。歌詞のひとつひとつにキャラクターの心情を重ねながら「愛とは何か」を考えさせられる。

公開日:2019年7月14日 更新日:2019年7月14日


この記事の目次
  1. ・「永遠の愛」がこの世界に存在することを教えてくれる
  2. ・“いっそ”の言葉がもたらす効果
  3. ・ドラマにリンクさせた「永遠の愛」
  4. ・森山直太朗 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・配信情報
  7. ・森山直太朗 Profile

「永遠の愛」がこの世界に存在することを教えてくれる

難病により、いずれ失明することを宣告されたカメラマンと、彼を支える女性研修医の純愛が描かれたドラマ『愛し君へ』。

歌詞にも「消えてしまいそうで」「何処にいるの」「幻」といった“見えなくなる”不安を感じさせる言葉が見受けられる。これらの言葉がストーリーやキャラクター(以下「彼」とする)の心情とリンクするのだが、ドラマ挿入歌という枠を外して聴いてみても、ぐっと胸に響き、伝わるものがある。

「永遠の愛」がこの世界に存在することを、私たちに教えてくれる。

“いっそ”の言葉がもたらす効果

----------------
いっそ 抱きしめて
抱きしめて 離さないよ
このまま 傍にいて欲しい
何も問わずに
≪愛し君へ 歌詞より抜粋≫
----------------

印象的なのは“いっそ”という歌い出しだ。

“いっそ”という言葉にはいくつかの意味があるが、ここでは「どうなろうと、悪い結果を招こうと、とやかく言わず」「現状を破り、思い切ってなにかをしようとする」、そんな強い意志を示す効果をもつ。(引用:google、デジタル大辞泉)

----------------
いっそ 最後まで 最後まで
信じられる力を 僕にください
例えば それが 偽りでも
≪愛し君へ 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞はさらにこう続く。

“いっそ”の意味を踏まえて考えてみると「どうなってもいい、偽りでもかまわないから、最後まで信じられる力をください」と強く願っていることが伝わる。

「信じられる力」という言葉がどこにかかるのか。ドラマのストーリーから読み解くと「病が治る未来」が適切であろう。しかし「君を信じられる力」と考えてみるとどうだろうか。

“いっそ”というなりふり構わない言葉が頭にくることで、続く歌詞に強い決意や意志が反映される。

“偽りでも(いい)”という言葉で締めることで、見返りを求めない一途な愛が見えてくる。

ドラマにリンクさせた「永遠の愛」

----------------
朝の光に 君が消えてしまいそうで
僕は また眠った振りをした
眩し過ぎる思い出たち
こっちを向いて笑っているよ
あの 日溜りの中で
≪愛し君へ 歌詞より抜粋≫
----------------

だんだんと視力が失われていく彼の切ない気持ち、現実に目を伏せこのままでいたいという気持ちが痛いほどに伝わってくる。

目を閉じて、一番良いときを反芻している姿が浮かぶ。



彼の想い出に笑顔や陽だまりといった、あたたかな存在があることにほっとする。

同時に、いずれそれらが見えなくなってしまう未来を突きつけられたようで、切なくなる。

今が幸せであればあるほど失うことが怖くなるというのは、人間なら誰しもが思う感情だ。

彼の不安にうまくリンクさせながら、恋愛の真理を語っている。

----------------
愛し君よ 愛し君よ
何処にいるの
今すぐ逢いに来て欲しい
例えば それが幻でも
いいから
≪愛し君へ 歌詞より抜粋≫
----------------

「愛し君よ」と二度呼び掛けていることで「君」を探している様子がわかる。

ドラマにおいて、彼らは一度「お互いを想うからこその別れ」を選んでいる。

離れているうちに彼が視力を失えば、二度と愛する人の姿を目に映すことはかなわない。そんなストーリーに想いを馳せてみると、より一層切なさが増す。

「偽り」以上に不確かな、もはや存在しない「幻」でも良いから会いたいと願う気持ち。このフレーズを耳にするたび、永遠に会うことがかなわない相手を思い浮かべる。

心が痛くなるほど共感してしまう。

目に見えるものだけがすべてではない。そこに「ない」ものさえも愛し続けることが本当の、永遠の愛なのだと気付かされた。

TEXT シンアキコ

森山 直太朗は、1976年4月23日生まれ、東京都渋谷区出身のシンガーソングライター。セツナインターナショナル所属。妻はピアニストの平井真美子。実母は森山良子。実父はジェームス滝。また、義兄に姉の夫・小木博明がいる。2001年3月、ミニアルバム「直太朗」でインディーズデビュー。翌年、アルバ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

大反響!wacci「別の人の彼女になっ…

叶わぬ恋に涙!小林明子「恋におちて〜F…