1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. コレサワ
  6. コレサワ「『たばこ』の恋人を良い奴にしたかった。」

【インタビュー】コレサワ「『たばこ』の恋人を良い奴にしたかった。」 (2/3)


『恋人失格』の歌詞にまたもや共感の嵐

──全体を通して「これ超絶分かる!!!」って叫びたくなるような歌詞です。絶対みんな経験したことありますよね!こういう感じって。

コレサワ:まだあんまり付き合うっていうことに対して成熟しきってない部分をちゃんと書けているなら嬉しいなと思います。

『たばこ』との歌詞を並べて読んでもいろいろこれここか、これここかって思ってもらえると思うので、本当にペアの曲になったなと思いますね。


──同じ情景が書かれているところありますもんね。

コレサワ:ありますね、けっこう。


──「君の部屋は優しかった」っていう歌詞が始めの方にあるじゃないですか。これはどういう意味というかイメージで書かれたんですか?

コレサワ:部屋は優しかったり厳しかったりはしないけれど、みんなが考える隙間というか、多分この1文は聴いた人によって想像がそれぞれ違うから、聴く人に委ねてもいいかなと思った部分でもあります。私、そういうところを詳しく書いちゃうところがあるので。

「君の部屋は優しかった」っていうフレーズがすごく優しいなって思いました。なので、それぞれが想像して優しさをそれぞれ考えてくれたらいいなと。


──聴いた人それぞれに思い出す優しい部屋がきっとありますもんね。

コレサワ:「君は優しかった」っていうよりも「君の部屋」の方があったかい感じがするかな。

──これは個人的な共感ポイントでもあるんですけど、「だけどもう君のヤキモチを 笑顔で聞けそうになくてさ 恋人失格だって 僕は若かったんだ」という歌詞。超あるあるだと思うのですがコレサワさんご自身も経験が?

コレサワ:そうですね、私も学生の頃はけっこうやきもちやきだったし、でも好きな人のやきもちとかを聞けなくなったらつらいじゃないですか。あんなに好きだった人のことなんでこんなに優しくできなくなっちゃったんだろうみたいな。そういう気持ちはみんなもあったりするのかな。

やっぱり一番は、『たばこ』で出ていった相手の方を悪い奴にはしたくなかったから、どうしたら彼にも辛い部分があったことや悪者ではないんだと言うことを伝えられるだろうってテーマにしていました。


──ちゃんと人間味が出ていますよね。でもこの主人公たち、別れなくてもよかったんじゃないですか(笑)!?っていうか、またどこかでくっついてほしい。

コレサワ:何であの2人は別れたんだろうみたいなコメントもたくさんもらいましたね。でもそういう恋愛がいっぱいあるんだろうなって、ちょっとの本人たちの行き違いというか。切ないですね。


──これぜひ今度はアフターストーリーをお願いしたい(笑)

コレサワ:また(笑)!?


──大人になった2人がまたで出会って、もう1回恋愛していてほしいですね。

コレサワ:何年後かに。また誰かに頼まれたらやるかもしれないですね。
みんながこの2人のことをずっと考えてくれていたら作った身としては嬉しいですね。


音とタイトルへのこだわり

──先ほど共感ポイントとして挙げた「だけどもう君の大好きに 笑顔で返せなくてさ」の歌詞の部分でピアノの音も入ってくるんですよね。またこれが切なくて…。

コレサワ:アレンジもすごい素敵にやっていただきました。今回はプリプロせずにスタジオでそれぞれ皆さんに話してやってもらったんですけど。すごく素敵なアレンジになりました。

特に落ちサビのところは今回初めてお願いした渡辺シュンスケさんにやってもらったんですけど、すごくセンチメンタルなピアノを入れてくださって感動しました。

今回レコーディングに参加してくださった方はみんな男性なんですけど、失恋の曲なので失恋した気持ちでやってくださいってお願いして。


──大人になると失恋も恋心も忘れそうですけど、それぞれが思い出しながら音にしてくださったんでしょうね。

コレサワ:そうですよね、大人になると始まり方と終わり方がモヤってする。でも若い頃ってちゃんとケンカしたり、付き合おうってちゃんと言ったり、いいなって思いますね。だからこんなちょっとの行き違いで別れちゃったりもするんだろうな。

でもそうやって曲を聴いてみんながそれぞれ切ない気持ちになったりとかしてくれたら本当にいいなと思います。


──アレンジに関してひとつ伺いたかったのが、最後の終わり方。アウトロが無いじゃないですか、けっこうスパッと終わる感じで。曲の余韻に浸っていたい感じもあったので驚きました。

コレサワ:ここ、悩みました。


──どうしてこうされたんですか?

コレサワ:弾き語りで最初作っていたので、アコギで弾いていて単純に「嫌いだった」で終わったというだけなんですけど。でも『たばこ』はアウトロがあるし、アウトロつけた方がいいかなと思ったけど、急に映画の幕が降りる感じが切ないというかみんなモヤモヤするだろうな、モヤモヤしてくれ!と思って。


──しました!めっちゃしました!

コレサワ:私の曲でもあんまり言い切って終わる曲がなかったので、新しい感じで。あとみゆはんの声はいい声だから、声で終わった方が切ないなという思いもありました。


──確かに本当にこの恋の終わりのようですね。どうしようもなく、ただ、終わっちゃった。みたいな。

コレサワ:未練はないんですか?って感じで。


──そうそう、未練ないんですかって本当に思いました!そういうふうに畳みかけてくるんだっていう感じですね。本当にこの曲には感情を振りまわされます。

コレサワ:振りまわせているなら嬉しいですね。


──ぜひ続編をお願いします。

コレサワ:またいつか誰かに頼んでもらわないと(笑)。


──たくさんお声がけありそう。お会いするアーティストさんで、好きな曲に『たばこ』を挙げる方多いんですよ。

コレサワ:『たばこ』が一番私のMVの中で再生回数も多かったり、コレサワは知らないけど『たばこ』は知っているっていう人はいたりして、『たばこ』が広まっているのはすごい嬉しかったけど、逆に『恋人失格』も一緒に聴いてくれるのかなと不安ではあったんですけど、意外とみんなセットで2曲聴いてくれたりして、嬉しい。失恋が合うのかな、私。ってときどき思ったり(笑)。



──確かに、他にも『SSW』だったり、コレサワさんの代表曲は失恋ソングが多いですね

コレサワ:みんな失恋って身近にあるのかな。それとも身近にないのかな。身近にあるから聴くのか、あまりないから知りたいのか。

でもやっぱり切ない気持ちってみんなが求めているものなのかなって思いますあとみんなが歌いやすい曲だったらいいなと、この曲もたくさんカバーして欲しいです。


──他にも、コレサワさんご自身が気に入っている歌詞のフレーズをご紹介頂きたいです。

コレサワ:「君の部屋は優しかった」ってけっこうお気に入りだったから、そこを良いって思ってもらえたのはすごい嬉しかったです。

自分で歌いながら歌詞を書いたので、この言葉がふっと口から出た時に、いい感じじゃんって。でもやっぱり歌詞もそうなんですけど、サビのメロディーもけっこう好きで。Aメロはちょっと低いんですよ、私が歌ってても。サビでガーンってレンジが上がるので、歌いやすいし、けっこうお気に入りです。

次ページ : コレサワは今、失恋ソングブーム!

大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。 中毒性のある声、POP なメロディー、日常の風景を独自の視点で切り取った歌詞が話題に。 メディアには顔だしはせず、素顔が見れるのはLIVEのみで、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。 2017年8月9日に1stアル···

ヨルシカ「心に穴が空いた」で描かれる悲…

スピッツが歌う朝ドラ主題歌「優しいあの…