1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. ジャパハリネット
  6. 活動休止から見事復活した、「ジャパハリネット」に注目!

【特集】活動休止から見事復活した、「ジャパハリネット」に注目!

「ジャパハリネット」は、2000年代のバンドブームで活躍した愛媛県出身のロックバンド。2007年に一度解散した後、8年間の活動休止を経て2015年に再結成を果たしました。今回はジャパハリネットを知らない方のために、彼らの歴史や魅力をご紹介いたします! 第4次バンドブームを牽引した「ジャパハリネット」。2015年に再結成を果たし、現在も愛媛県松山を活動拠点とする彼らの魅力に迫ります!

公開日:2019年7月7日 更新日:2019年9月28日


この記事の目次
  1. ・ジャパハリネットって?
  2. ・ジャパハリネットの歴史
  3. ・インディーズ時代から地元で大人気!
  4. ・突然の解散発表
  5. ・そして結成20周年突破!
  6. ・まずはこの3曲から聞いてみて!
  7. ・哀愁交差点
  8. ・贈りもの
  9. ・物憂げ世情
  10. ・第5次バンドブームで、再ブレイクを期待!

ジャパハリネットって?


みなさん、「リーゼント」と言われたらどんなバンドが思い浮かびますか?

虎舞竜・・・
キャロル・・・
氣志團・・・

世代によって異なるかと思いますが、ロック好きのアラサーなら確実に思い浮かぶであろうバンドが「ジャパハリネット」。
2000年代、青春パンク全盛期の第4次バンドブームで活躍したバンドの一つです!

彼らの魅力といえば、シンプルながらも確実に胸に響く熱い歌詞。
そして、シンプルなロックサウンド。

そう、ジャパハリネットって、ロックのあり方を、先進的に表現する、純粋な心を持ったバンドなんですよね!いい意味で飾り気が無く、単純。

だからこそ、聞くとハマる人が多いんです。
これまでジャパハリネットを知らなかったという方、これを機に要チェックですよ!

ジャパハリネットの歴史

インディーズ時代から地元で大人気!



1999年に結成し、2004年に「哀愁交差点」で一躍有名になったジャパハリネット。
当時はTVにも出演するなどかなりの活躍ぶりでした。

しかし!実は、ジャパハリネットの人気はメジャーデビューが決まる前から。

彼らの地元である四国地方では、デビュー前にも関わらずワンマンライブで200人以上を動員するほどの人気ぶりでした。

その後話題が話題を呼び、インディーズ時代にリリースした「物憂げ世情」や「烈の瞬」はオリコンチャートにもランクイン!

当時は今ほどSNSが発達していませんでしたからね・・・。
それを考えると、どれほどの勢いがあったバンドなのかお分りいただけると思います。

突然の解散発表



日本ゴールドディスク大賞で「ニューアーティストオブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、ロックバンドとしてはかなり活躍した彼ら。

しかし、2006年に突然解散を発表します。
そしてメンバーはバラバラに活動することに。

ボーカル・城戸けんじろはソロや別のバンドで音楽活動を、ベース・鹿島公行はバンド活動や楽曲提供を、ドラムのりょういちはバンド活動やラジオDJを、そしてギターの中田衛樹に至っては理学療法士を目指すなど、それぞれの道へ。

もう再結成はないだろうと誰もが思っていましたが・・・。

なんと2015年、突然再結成を発表!
誰もが予想していなかった展開に、待ち続けたファンは歓喜の嵐でした。

その後は再結成記念のライブ、ニューアルバムの発表など、精力的な活動を続けています♪

そして結成20周年突破!



1999年に松山大学の音楽サークルで結成したジャパハリネット。
2019年にはめでたく20周年を迎えます!
活動休止期間も含めてですけどね・・・。(笑)

しかし、活動再開を望んでいたファンにとっては嬉しいアニバーサリーイヤー真っ只中。
東京と愛媛では記念ライブも予定されています!

メンバーが普通に仕事をしていると言うこともあり、なかなか西日本以外でライブを行わない彼らですが、今年はどこかで見れるかもしれませんね♪

まずはこの3曲から聞いてみて!



哀愁交差点

ジャパハリネットが有名になるきっかけにもなった名曲。
哀愁のあるメロディーに乗せて、故郷への思いが歌われています。

----------------
いつの日か胸を張って 「帰ってきたよ」 そう言いたくて
いつの頃か歩きだした ただひたすら認められたくて
≪哀愁交差点 歌詞より抜粋≫
----------------

上京とともに訪れる悩み、葛藤、不安。
それらが飾ることないシンプルな言葉で表現されていますよね。
上京経験や慣れた街を離れた経験がある方なら、きっと誰でも共感できるはず!
だからこそ、以下のサビが胸に沁みます。

せっかく一人夢を叶えに出たのなら、次に会うときは胸を張っていたいもの。
がむしゃらに頑張ろうとする熱い想い、そして故郷への感謝をほのかに感じる名曲です。

皆さんも是非、ご両親や友人の顔を思い浮かべながら聞いてみてくださいね!

贈りもの

こちらはジャパハリネットきってのラブソング!
歌詞に方言が使用されており、愛媛を拠点とする彼ららしさが現れた一曲です。

----------------
あなたがわからない えせらいコトもよくある
あなたは気付かない くじくる私を観て
私の願い事 たとえヒシテでもかまわないから
私が眠るまで トギをしていて欲しい
≪贈りもの 歌詞より抜粋≫
----------------

全体を通して素敵な歌詞ですが、「誰目線?」とやや疑問も浮かびますよね。
個人的には、男性と女性の2視点から歌われているのではないかと考えます。

具体的に解説すると、女性の視点で歌われてるのは2箇所。
まずは2番のAメロにあたる下記の部分です。

好きだー!といってくる男性に対して、向けられた言葉。

あなたが知らない辛いこともあるし、うまくいっていない私に気付かないこともある。
だからそんな時は1日だけでいいからそばにいて欲しい・・・。
そんな可愛らしいメッセージです。

そして再び男性目線へと戻り、続くサビの後半で再び女性目線が登場。
下記の部分です。

----------------
好きになれないと 好きになればいいと
好きになれない あなたにはわからないはずだわ
≪贈りもの 歌詞より抜粋≫
----------------

この部分は完全なる女性目線ではなく、男性と女性の掛け合いを表しているといった方が分りやすいかもしれません。

好きになってほしい男性と、好きになれない女性。
女性は「私の気持ちなんてわからない」といっているのですが・・・。

最後の最後で男性が、「見つめ合う時のこの心 君にわかるかな?」といっていますよね。

ここから察するに、おそらく男性は「私の気持ちなんてわからない」という女性のこの気持ちを分かっているのではないかと思います。
「君のことよく分かってるんだけど、その気持ち分かってるかな?」的な。

あくまで筆者の想像ですけどね。
でもきっとこのカップル、男性の方が上手なんだと思います。(笑)

物憂げ世情

こちらはジャパハリネットがインディーズ時代にリリースした楽曲。
今でもライブでは必ず演奏される名曲です。

ジャパハリネットの歌詞って、非常にシンプルなんですけど、どこか文学的なんですよね。
そこが他のロックバンドとはやや異なる魅力の一つでもあります。
例えば下記の部分。

----------------
溢れ過ぎる情報と 毎日飛びかう電波の中
良くも悪くも上っ面な虚像に騙されては
まだ見ぬ明日を夢みていた
≪物憂げ世情 歌詞より抜粋≫
----------------

よく読むときちんと意味は分かるしシンプルなメッセージ。
でも、もっと簡単にまとめられそうな表現が多用されています。(笑)
でもでも、そこがジャパハリネットの「味」なんです・・・!

また、この曲で一番胸を打つのがサビの部分。

----------------
はにかんで心から 愛する人がいるのなら
それだけでこの今を 生きた意味があるでしょう
はにかんで心から 笑える事ができるなら
それだけでこの今を 生きた意味があるでしょう
≪物憂げ世情 歌詞より抜粋≫
----------------

生きる意味が見えなくなった時。
他人が羨ましく感じてしまう時。
そんな時にスッと心に入ってきそうなメッセージですよね。

現状に感謝し、もう一度前向きにさせてくれる一曲です♪

第5次バンドブームで、再ブレイクを期待!



以上、愛媛県出身のロックバンド「ジャパハリネット」について解説いたしました!
彼らを知らなかったという方、少しは興味を持っていただけたでしょうか?

最近のおしゃれなバンドも素敵ですが、ジャパハリネットのように飾り気がなく、ストレートなバンドもまた素敵。
むしろ今のバンドブームは彼らが築き上げた「第4次バンドブーム」があってこそですからね!
ぜひこれをきっかけに、ジャパハリネットを聞いてみてください♪

また、ジャパハリネットの楽曲は歌詞にない掛け声があるのも面白いポイント。
例えば「贈りもの」では「あんだだすてーん」という(!?)謎の歌詞があったり、「物憂げ世情」では「よいしょー!」という掛け声が入ったり。
ライブで盛り上がるポイントなので、要チェックです!

そして本文中でも述べたように、今年活動20周年を迎えた彼ら。
新曲の発表、フェスへの出演、ワンマンライブなど精力的に活動中です!
今後の活躍ぶりに注目ですね^^

TEXTゆとりーな

この特集へのレビュー

男性

かんちゃん

2019/09/28 15:26

にわかファンですが、大変的を射た記事です。むしろ自分の中にあった想いを思い起こさせてくれた気がします。ありがとう。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

椎名林檎が描く「駆け落ち者」の関係性と…

飛翔いた鳥はサスケか?いきものがかり「…