1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 菅田将暉
  6. そんな日もあるよね…女だから「キスだけで feat.あいみょん」菅田将暉

【特集】そんな日もあるよね…女だから「キスだけで feat.あいみょん」菅田将暉

7月10日にリリースされる菅田将暉の2ndアルバム「LOVE」からすでに3曲が先行配信されている。さまざまなアーティストが参加しているこのアルバムの中から『キスだけで fest.あいみょん』を徹底考察してみたい。

公開日:2019年7月19日 更新日:2019年7月19日

Editor

時雨


この記事の目次
  1. ・菅田将暉のカケラの一つ
  2. ・キスだけで feat. あいみょん
  3. ・ロングホープ・フィリア
  4. ・まだまだ菅田将暉から目を離すな!
  5. ・菅田将暉 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・パネル展情報
  9. ・ドラマ情報
  10. ・菅田将暉 Profile

菅田将暉のカケラの一つ

「仮面ライダーW」でデビュー後、数々のドラマ・映画に出演するという”俳優”の部分。そして作詞・作曲を手掛けながら歌うという”アーティスト”の部分。これらは菅田将暉を作り上げるカケラの一つ一つに過ぎない。



客観的に彼を見ると、スラッとしてオシャレな今どきの好青年。その中をかきわけていくと小さくキラキラ光るカケラがたくさん。どれもどうしようもなく気になるし、手に取ってみたくなる。

『キスだけで feat. あいみょん』でそんな菅田将暉のキラキラ光るカケラがもう一つ増えた。”せつない”というワードはお約束の表現だけれど、この楽曲はそんなんじゃない。全貌を覗いたら、それだけは分かった。

キスだけで feat. あいみょん

----------------
私今日は女だから 今日は女だから
きっと 抱きしめてもらえないでしょう
今日は女だから 今日は女だから
ずっと 溢れているでしょう
≪キスだけで feat. あいみょん 歌詞より抜粋≫
----------------

何をどうとか説明しなくても「今日は女」というリリックで意味は分かる。「抱きしめてもらえない」理由は、彼女は今日が"女"だからだ。

----------------
確かめなくても
湿ってく 揺らいでく
沈みたいの
キスだけでいけそうなの
傷だらけになるとしても
キスだけでここにきたの
やるせないね やる気ないね?
≪キスだけで feat. あいみょん 歌詞より抜粋≫
----------------

ここまでが一番の部分で”女”の感情が歌われている。担当するのは菅田将暉だ。

ふわっとシチュエーションが浮かび、”女”の気持ちまで見えてしまうかのような妙に生々しいリリック。そんな部分を”男”が歌うことによって和らぐ…なんてことはこの楽曲の場合ないといえる。



作詞・作曲を手掛けたのはもちろんあいみょん。彼女らしいベールに包まない心理描写はさすがだ。

----------------
お前今日は女だから 今日は女だから
ちょっと 忍ばせているでしょう
お前今日も女だから 今日も女だから
そっと 触れていたい
≪キスだけで feat. あいみょん 歌詞より抜粋≫
----------------

ここからは二番になる。”男”の感情をあいみょんが歌っていく。

話は脱線してしまうが、彼女の楽曲の中に『君はロックを聴かない』というものがある。

この”会話の一部”のような題名そのものが、彼女の曲作りに対する”取り組み方”や”感覚”がよく表れていると感じるのだ。

”聴かない”と否定で終わる題名はとても珍しい。リリックの解釈は、君がロックを好きじゃないのは知っているけれど、僕がロックが好きな理由を知って欲しい、そしてそんな僕のことも知って欲しいというもの。

一見題名だけ見れば”?”となるけれど、なんのことはない。僕の気持ちの一部をそのまんま題名にしただけなのだ。

言いづらい・恥ずかしい・難しい”感情”を歌にしようとすると、いろんなものが足されて足されて…最終的にはただのカッコイイ歌になりがち。でも彼女の作る歌は確実にその類のものじゃない。

特にこの『キスだけで feat. あいみょん』は最たるもの。よくある”男”と”女”の一コマをそのまんま切り取ってある。

あまりにストレート過ぎて、聴く者がイマジネーションをもっともっと膨らませてしまう。

----------------
待ち構えていても
歪んでく 乾いてく
急がなくちゃ
キスだけでいけそうなの?
傷つけてもかまわないの?
キスだけでここにきたの?
やるせないね 眠れないね
≪キスだけで feat. あいみょん 歌詞より抜粋≫
----------------

すぐそばにいる二人。「キスだけで」会いに来た”女”と待ち構えていた”男”。お互いの気持ちを探り合うほんの数時間の出来事。



恋愛の歌は大体、長い時間に自分がどんな感情でいたのか、その結果ハッピーエンドかバッドエンドか…というものが多い。しかしこの楽曲は逆だ。

今この瞬間の”男”と”女”が、それぞれに思っていることが切り取られている。「キスだけで」は納得がいかない二人がそこに見えるのだ。

----------------
背中合わせの夜
心臓泣かせの夜
重なり合いたい気持ちをまたいで
抱きしめて
キスだけで
私今日は女だから お前今日は女だから
いつも女だから いつも女だから
今日も2人だから
≪キスだけで feat. あいみょん 歌詞より抜粋≫
----------------

最後の部分は二人一緒に歌われる。アコギが主体の静かな曲調でドラムは入らない。テンポもとてもスロー。

静かな夜、お互いの想いがありながらそろそろ眠りにつこうとしている。

「心臓泣かせの夜」という表現がとても彼女らしい。悲しいでもせつないでもない感情。「背中合わせ」でいることで、心臓が泣くのだ。

全体を通して、”女”を真ん中に描かれる『キスだけで feat. あいみょん』。そんな日もあるけれど、いつも一緒にいる二人にとってはほんの一コマに過ぎないのだ。

ロングホープ・フィリア

今回ご紹介の『キスだけで feat. あいみょん』を始め、すでに当サイトでも特集のある『まちがいさがし』などが収録された2ndアルバムが7月10日にリリースされる。

このアルバムの収録曲の中からもう一曲おすすめを紹介したい。それが『ロングホープ・フィリア』だ。



アニメ映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」の主題歌となっている。作詞・作曲を手掛けたのはamazarashiの秋田ひろむで、このアニメのための書き下ろしだ。

----------------
歩くほどに靴底が汚れてく そんな風に
僕らの魂も磨り減れば影ってしまうよ
そんな時に思い出して 君が諦められない理由を
救ったはずが救われたっけ 握ったつもりが握られた手
≪ロングホープ・フィリア 歌詞より抜粋≫
----------------

疾走感がとても特徴的なアレンジで、先にご紹介した『キスだけで feat. あいみょん』とは毛色が180度違う楽曲といえる。

----------------
遍く旅路に光あれ 強さや弱さでは語れないぜ
立ち向かうその一歩ずつが 君の勇敢さの勝利だった
叫ぶ為に息を吸うように 高く飛ぶ為に助走があって
笑う為に僕らは泣いた それを敗北とは言わない ロングホープ・フィリア
≪ロングホープ・フィリア 歌詞より抜粋≫
----------------

アニメの世界観に寄り添い、勇敢な少年がそこに見える。もう一人友の存在もあるようだ。お互いに挫折や敗北を味わいながら、称賛しあっている良き仲間。

”青春”と一言でいえば終わってしまうが、そこには闘いという複雑な事情も感ぜられる。

男というのは、いつの時代も”闘う”生き物。傍らに心強い友がいるのはそれだけで財産といえる。

この楽曲からは主人公の他にもう一人の”友”がいることで、辛い試練だけではなく、希望や勝利も伝わってくる。

生きていくことのほとんどは辛いことだけれど、「今日の君が笑った」ことですべては救われてしまうのだ。

まだまだ菅田将暉から目を離すな!

俳優としても、他とは違う光を放つ菅田将暉という人物。



彼にはどれだけのカケラがあるのだろうか。

”俳優 菅田将暉”のファンと、”歌手 菅田将暉”のファン、皆さんはどちらなのだろうか。

”両方”のファンならベストといえるだろうけれど、この先は”歌手 菅田将暉”のファンが膨大な数になることは確実だといえる。

TEXT 時雨

菅田将暉は、日本の俳優・歌手である。所属事務所はトップコート。 2008年、「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリストに残った事がきっかけで菅田将暉は、芸能界に足を踏み入れる。 2009年に平成仮面ライダーシリーズ第11作「仮面ライダーW」の主演に抜擢され、俳優「菅田···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

菅田将暉 最新情報

リリース情報

●2019年7月10日(水)リリース
2nd アルバム『LOVE』

★菅田将暉『LOVE』
▷iTunesプレオーダー(予約注文)

★完全生産限定盤
価格:5,000円(税抜)
品番:ESCL-5248-9

[内容]CD+大判フォトブック
(ブックレット内容) アルバムの制作風景を収めた64Pに及ぶ豪華フォトブック
「菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”」チケット先行チラシ封入
抽選受付:~2019年7月14日(日) 23:59まで
▷予約はこちら

★初回生産限定盤
価格:3,611円(税抜)
品番:ESCL-5250-1

[内容]CD+DVD
菅田将暉 初監督作品Short Film「クローバー」(主演:太賀)
「菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”」チケット先行チラシ封入
抽選受付:~2019年7月14日(日)23:59まで
▷予約はこちら 

[Short Film 「クローバー」]
出演:仲野太賀、永嶋柊吾、石崎ひゅーい、菅田将暉
監督・企画プロデュース:菅田将暉
監督補佐:山田健人
衣装:伊賀大介
主題歌:菅田将暉『クローバー』(作詞・作曲 石崎ひゅーい)

★通常盤
価格:2,963円(税抜)
品番:ESCL-5252

[内容]CDのみ
「菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”」チケット先行チラシ封入
抽選受付:~2019年7月14日(日)23:59まで
▷予約はこちら

【収録曲】
01. まちがいさがし
作詞・作曲・プロデュース:米津玄師
(カンテレ・CX系 火9ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌)

02. クローバー
作詞・作曲:石崎ひゅーい

03. ロングホープ・フィリア
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)
(映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-」主題歌)

04. 7.1oz 
作詞:菅田将暉、柴田隆浩(忘れらんねえよ) 作曲:柴田隆浩(忘れらんねえよ)

05. ドラス 
作詞・作曲:菅田将暉

06. つもる話 
作詞・作曲:菅田将暉

07. キスだけで feat. あいみょん 
作詞・作曲:あいみょん

08. りびんぐでっど
作詞・作曲:志磨遼平(ドレスコーズ)

09. TONE BENDER LOVE 
作詞・作曲:菅田将暉、KNEEKIDS

10. あいつとその子
作詞・作曲:菅田将暉

11. ベイビィ 
作詞:菅田将暉 作曲:永嶋柊吾

《特典情報》
2019年7月10日(水)に発売となる菅田将暉2nd ALBUM『LOVE』の購入特典絵柄・対象店舗が決定!店舗別の特典となりますので、お早めにご予約ください!
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※下記店舗以外での配布はございません。ご了承ください。

【対象店舗/特典内容】
・Sony Music Shop
→オリジナルステッカー(Type.A)

・TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
→オリジナルステッカー(Type.B)

・HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
→オリジナルA4クリアファイル(Type.A)

・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)
・ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
→オリジナルA4クリアファイル(Type.B)

・WonderGOO/新星堂全店(一部店舖除く) および新星堂WonderGOOオンライン
→オリジナルA4クリアファイル(Type.C)

・山野楽器CD/DVD取扱店及びオンラインショッピング
→オリジナルアナザージャケット

・Amazon.co.jp
→オリジナルデカジャケ ※各形態毎に同一絵柄のオリジナルデカジャケをお渡しいたします。

・楽天ブックス
→オリジナルバッジ

・菅田将暉 応援店
→オリジナルポスター(B2サイズ) ※対象店舗は追ってご案内いたします。
▷“菅田将暉 応援店”対象店舗




●2019年5月14日(火) 配信リリース
『まちがいさがし』
作詞・作曲・プロデュース:米津玄師
ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌
▷配信はこちら
『まちがいさがし』MV




★菅田将暉『キスだけで feat. あいみょん』
▷ミュージックビデオURL
▷配信URL

ライブ情報

●菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”

8月24日(土) 福岡 Zepp Fukuoka 
8月29日(木) 愛知 Zepp Nagoya 
8月31日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside
9月5日(木) 東京 Zepp DiverCity TOKYO
9月6日(金) 東京 Zepp DiverCity TOKYO

【チケット料金】
1Fスタンディング:7,500円
2F座席指定:8,000円
2Fスタンディング:7,500円
※入場時別途ドリンク代必要
▷詳細はこちら

パネル展情報

●2nd Album 『LOVE』 発売記念 菅田将暉 初監督作品Short Film「クローバー」パネル展
7月10日(水)発売、菅田将暉 2nd Album『LOVE』の発売を記念して、初回生産限定盤DVDに収録されている菅田将暉 初監督作品Short Film「クローバー」オフショットの店頭パネル展を以下の対象店舗にて実施いたします。是非実施店舗に足をお運びください。

【実施店舗】
▷実施店舗はこちら
※掲示パネルは店舗によって異なる可能性がございますので、予めご了承ください。
※SHIBUYA TSUTAYAに関しましては、1Fにて店内特大フラッグでの展示となります。

【実施期間】
2019年7月9日(火)~
2019年7月15日(月・祝)
※実施期間は店舗によって前後する可能性がございますので、予めご了承ください。

ドラマ情報

「パーフェクトワールド」
カンテレ・フジテレビ系全国ネット、毎週火曜21:00~
▷公式サイト

菅田将暉 Profile

1993年2月21日大阪府生まれ。2009年「仮面ライダーW」でデビュー。

「共喰い」で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞、「あゝ、荒野」で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。同作により2017年度の映画賞を総なめし、若手実力派俳優として多方面で活動中。また、同年の活躍が評価され第68回 芸術選奨映画部門 文部科学大臣新人賞を受賞した。

2017年から音楽活動を開始し、シングル『見たこともない景色』でデビュー後、『さよならエレジー』はLINE MUSICで2018年年間ランキング1位を獲得。2018年3月にリリースしたデビューアルバム『PLAY』はオリコン初登場2位にランクイン。音楽アーティストとしても大きな注目を集めている。

2019年1月期日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」に主演。最終回は、平均視聴率15.4%となり、15年4月に新設された同局「日曜22時30分」枠のドラマとしては最高の最終回視聴率を記録。

また公式Twitterのフォロワー数が日テレプライム帯歴代1位、冬ドラマ満足度ランキング1位を獲得するなど話題作となった。現在、映画「シャザム!」(日本語吹替)が公開中、今後の待機作品には、「アルキメデスの大戦」(7月26日公開)、「タロウのバカ」(2019年公開)がある。

▷菅田将暉 OFFICIAL HP
▷菅田将暉 音楽OFFICIAL HP
▷菅田将暉 公式Twitter

中島みゆき「ヘッドライト・テールライト…

2019年、夏フェスの前に要チェック!…