1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. JAM Project
  6. 趣味でヒーローやってる男!正義執行!「ワンパンマン」

【特集】趣味でヒーローやってる男!正義執行!「ワンパンマン」

主人公が趣味でヒーローをやっている、アニメ『ワンパンマン』をご存知ですか?ネット漫画発の『ワンパンマン』は、リメイク版でさらに知名度が上がり、アニメ化で人気が爆発!第1期は2015年10月~12月、第2期は2019年4月~7月に放映されましたね。本記事では、アニメ『ワンパンマン』の魅力について紹介していきます!

公開日:2019年8月29日 更新日:2019年8月29日

Editor

有紀


この記事の目次
  1. ・「ワンパンマン」とは・・・
  2. ・究極に俺TSUEEEE!!
  3. ・控えめに言って、サイコー!
  4. ・1期OP「THE HERO!!」は胸アツ!
  5. ・2期の「静寂のアポストル」も熱い!
  6. ・サイタマが歌う「地図が無くても戻るから」
  7. ・イメージぴったりのキャスト陣!
  8. ・待ちに待った、ONE版再開!!
  9. ・JAM Project 最新情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・JAM Project Profile

「ワンパンマン」とは・・・

アニメ『ワンパンマン』の原作は、WEB漫画『ONE PUNCH-MAN』!

『ONE PUNCH-MAN』は「モブサイコ100」のONEが原作を、「アイシールド21」の村田雄介が作画を担当し、発行部数は1850万部を超える大ヒットコミック!

現在ウェブコミックサイト「となりのヤングジャンプ」で連載中です!

▲ワンパンマン 公式PV

『ワンパンマン』は、もともとは原作者のONEがHPで発表している、大人気ネット漫画でした。

ネット漫画からスタートしたこの作品は、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧するほどの、大人気コンテンツへ!

単行本(リメイク版)10巻以降では、原作版とは異なる展開も多く見られていますね。

つまり、ONE版とリメイク版のどちらも楽しめるということです!

究極に俺TSUEEEE!!


▲画像引用元 (Amazon)

ある日、就職活動に行き詰る青年・サイタマは、顎の割れた少年を怪人から救います。

サイタマは「ヒーローになりたい」という子供の頃の夢を思い出し、就活を辞めてヒーローになることを決意。

3年間に及ぶハゲるほどのトレーニングの末に、どんな敵でもワンパン(一撃)で倒せる無敵のパワーを手に入れました!

サイタマは、弟子・ジェノスとともに、ヒーロー協会でプロヒーロー活動を開始。

強すぎるパワーをインチキだと非難されながらも、周囲の評価を気にせずワンパンで強敵を倒していきます。

主人公が最強!究極の俺TSUEEEE系ストーリー!それが『ワンパンマン』なのです!

控えめに言って、サイコー!

第2期放送開始記念特番 一撃でわかる!TVアニメ『ワンパンマン』マジ振り返り!

▲第2期放送開始記念特番 一撃でわかる!TVアニメ『ワンパンマン』マジ振り返り!

この『ワンパンマン』、良くも悪くも登場人物全員が人間らしく描かれているところが、他のヒーローものとはちょっと違うところ!

ヒーローやっているからまるっきりの善人、とは限りません。

新人ヒーローつぶしや派閥勧誘など、おいおいとツッコみたくなることも…。

でもみんな、ひとたび敵が現れればやはりヒーローなんですよね。それに、ちゃんとイメージ通りのヒーローもいますよ。

弟子のジェノスや、無免ライダーなど、ヒーローとしての心意気を持ち、努力し続けるヒーローたちの姿は素晴らしいです。

飄々として1歩退いているサイタマと、他のキャラクターとの温度差も面白いですね!
『ワンパンマン』には、普通のヒーローものにはない独特の緩さがあります。


▲画像引用元 (Amazon)

それでもやはり、1番カッコいいのは主人公のサイタマなのです!

『ワンパンマン』では、強すぎるヒーロー・サイタマの魅力が爆発していますよ!

サイタマは、強さはもちろん中身が最高に格好良く、その結果、あの見た目すらもどんどんカッコよく見えてくる不思議!

腕っぷしの強さだけでなく、とぼけたクールさの中にある熱い心にしびれます。やはり、男はハートですね!

主人公の成長物語が多い中、ワンパンで片付ける「敵よりも圧倒的に強い主人公」というのは、かなり斬新な設定!

単純で明快なストーリー展開にも、サイタマの活躍にも、惹きこまれますよ!

演出や作画、声優さんの演技も最高です!

1期OP「THE HERO!!」は胸アツ!


▲画像引用元 (Amazon)

第1期の制作会社はマッドハウス!様々なアングルから、スピード感を持って描かれるバトルシーンは圧巻でした!

アニメ-ションの限界にチャレンジしているかのような、神作画!

とにかく動きに華があり爽快感がありますね!特にボロス戦の作画・演出は、神の領域のレベル!凄いです!

『ワンパンマン』第1期のOPは、「THE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜」!作詞・作曲は影山ヒロノブ、編曲は宮崎誠、歌っているのは「JAM Project」。

影山ヒロノブは、平成アニソン大賞・作詞賞を受賞した「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を歌っていますよ。

▲[Official Video] JAM Project - THE HERO !! - "One Punch Man" Opening Theme ワンパンマン

「THE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜」は、最高に燃えたぎる爆発力のある歌!熱いボーカルに荒れ狂う演奏が、ハイテンションで最高です!

それでは、「THE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜」の歌詞の一部を見てみましょう。
----------------
HERO 俺を讃える声や 喝采なんて 欲しくはないさ
HERO だから 人知れず 悪と闘う
(Nobody knows who he is.)
天覆い 押し寄せる敵 俺は背を向けはしない
HERO ならば 揺るぎなき覚悟したため 繰り出せ鉄拳
≪THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~ 歌詞より抜粋≫
----------------

「俺はてめえらの評価が欲しくてヒーローやってるんじゃねえ。自分がやりたいからやってるんだ!」と言い切るサイタマ。

そんなサイタマの想い、熱さ、強さ、優しさ、孤独が、見事に表現された楽曲!胸アツで、たまりません。

OPの映像も神がかっていて、楽曲とつくり上げる世界観が秀逸です!第1期最終話でこの楽曲が流れたバトルシーンは、最高に盛り上がりました!

2期の「静寂のアポストル」も熱い!


画像引用元 (Amazon)

『ワンパンマン』第2期のOPは「静寂のアポストル」!作詞は森雪之丞、作曲はヒカルド・クルーズ、編曲は宮崎誠、1期に続き「JAM Project」が歌っています。

第2期では、制作会社がJ.C.STAFFに変更!作画や演出が少し変わりましたね!

1期よりもメインキャラが増え、アクションの迫力だけでなく、ストーリー展開をメインに勝負しようとしている感じでしょうか。

原作に忠実な演出、絵作りにこだわりを感じます!

▲JAM Project「静寂のアポストル」(TVアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌)

2期のOPも、熱いヒーローソング!OP映像は少しポップになり、1期と雰囲気を変えてきました!

影山さんは「作詞は森雪之丞さんで、天才だと思いました。ノリがいいし、歌っててワクワクするよね。」とコメント。

刺激的な音楽に、ボーカル陣の魂のシャウト!「静寂のアポストル」は、JAM Projectの熱唱と主人公のクールさの対比も絶妙です!

サイタマが歌う「地図が無くても戻るから」

▲古川 慎 / 2nd Single 「地図が無くても戻るから」-MUSIC VIDEO- Short Ver.(TVアニメ『ワンパンマン』第2期エンディング主題歌)

『ワンパンマン』第2期のEDは「地図が無くても戻るから」作詞は畑亜貴、作曲・編曲は本多友紀、歌っているのはサイタマ役の古川慎です。

それでは、「地図が無くても戻るから」の歌詞の一部を見てみましょう。

----------------
手を伸ばせば 優しさが強さだと
教えてくれる絆が
生きるために 大切なものさ
だから戻ってくるよ ここへ戻ってくるよ
≪地図が無くても戻るから 歌詞より抜粋≫
----------------

2期ED「地図が無くても戻るから」はもう、1期ED「星より先に見つけてあげる」のアンサーソングですね。

1期の歌詞の 「早く帰ってきてね」 に対する「 戻ってくるよ」でしょう。

ビブラートで歌い上げた切ないバラードは、優しく力強く…。

前向きな歌詞が、サイタマの想いを届け、ワンパンマンの世界観やサイタマの気持ちが、ストレートに伝わってきます。

…それにしても、さすがヒーローを趣味でやってる男・サイタマ!歌唱力も、S級ヒーローですよ。

イメージぴったりのキャスト陣!

▲TVアニメ『ワンパンマン』第2期特報

≪声のキャスト≫
サイタマ:古川慎
ジェノス:石川界人
ガロウ:緑川光
戦慄のタツマキ:悠木碧
無免ライダー:中村悠一
キング:安元洋貴
スイリュー:松風雅也
地獄のフブキ:早見沙織
音速のソニック:梶裕貴

素晴らしいとしか言いようのない、豪華声優陣!

もちろん、主役のサイタマをはじめ、イメージぴったりです!演出・作画・音楽もいいですよ!

もしも、うっかり見逃してしまったという方は、UーNEXTなら、全話無料で見ることができますよ。

最強ヒーローのワンパンを、ぜひご覧ください!

待ちに待った、ONE版再開!!


画像引用元 (Amazon)

2019年4月に、ONE版『ワンパンマン』が約2年ぶりに更新!それ以降、更新が続々と続き、うれしい限りですね!

2019年4月に『ONE PUNCH-MAN』の最新刊・19巻が発売。

ようやく、ガロウvsS級ヒーロー、ガロウvsサイタマに向けて動き出しました!それにしてもガロウの激闘を見ると、サイタマが強くなった理由がわかります!

また、2018年6月21日〜2018年7月22日、アニメ『ワンパンマン』はドット絵RPG『グランドサマナーズ』とコラボイベント中!

7/28(日)ワンダーフェスティバル 2019 [夏] 会場内の『WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 30』にてTVアニメ「ワンパンマン」ステージが開催決定!!

まだまだ、『ワンパンマン』から目が離せませんね!

『ワンパンマン』の最新情報は以下でどうぞ

▶TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト
▷TVアニメ「ワンパンマン」公式Twitter
▶ワンパンマン(原作)サイト
▷となりのヤングジャンプ:ワンパンマン

TEXT 有紀

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

JAM Project 最新情報

ライブ情報

『Lantis Matsuri at Anime NYC』開催!、ゲスト出演決定!
アメリカ・ニューヨークにて開催されます「Lantis Matsuri at Anime NYC」にJAM Projectの出演が決定いたしました!
【イベント名】Lantis Matsuri at Anime NYC
【日程】2019年11月15日(金)
【会場】アメリカ・ニューヨーク Javits Center’s Special Events Hall
【出演者】 Guilty Kiss from Love Live! Sunshine!! Aqours・JAM Project・ZAQ・TRUE

公演詳細はこちら

JAM Project Profile

JAM Projectは「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニットです。世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集いました。

アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたい‥‥そんな欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げました。

何よりも大切なのは、その声に、他のシンガーとは違う「力」が存在する事です。現在では、メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わっています。プロデューサーや監督達との打合せ、デモづくり、ディレクションと、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進しています。

メンバーは個人でも活躍の中、お互いに刺激しあい、一人一人の豊かな個性が一つの名のもとに集うことで、JAM Projectならではの「主題歌」を作り上げるのです。現在までに約200曲を発表。それら全てがパワフルでスピリットあふれた「真の主題歌」なのです。

2008年には、「No Border”」というタイトルのもと、初のワールドツアー(台湾・ブラジル・アメリカ・韓国・中国(北京・上海・香港)・メキシコ・フランス・スペイン)8カ国10都市にて実行しました。

以後、海外からの呼び声も多く、シンガポール、タイ、サンマリノ、ドイツなどのアニメイベントや上海万博、麗水万博など日本文化の代表として「アニソン」を各国で歌っています。2012年にはバンドを引き連れ、南米ツアー(ブラジル・ペルー・アルゼンチン・チリ)を行い、日本の本格的なアニソンライブを届けてきました。

日本国内でも09年に日本武道館でのワンマンライブを満員にしたのを皮切りに、大阪城ホールや横浜アリーナ、武道館2days公演や全国各地でツアーを行い、老若男女を問わず、幅広い年齢層に支持をされています。

2016年7月からは、「AREA Z」というタイトルのもと、海外を含めたツアーも開始します。

「アニソン」は、国境や音楽のジャンル…様々な境界線を越えていきます。アニメの主人公と同じく、彼らのボイスパフォーマンスは、常に「夢」の実現を目指しています!

影山ヒロノブ / 遠藤正明 / きただにひろし / 奥井雅美 / 福山芳樹

▷公式サイト
▷Official Video JAM Project -TOKYO DIVE-

答えを求め続けてきたその先でNICOが…

勝つのは愛か欲望か?「さらざんまい」が…