1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. miwa
  6. miwa、ハイキックで自身を再起動!1年半ぶりのシングルを語る

【インタビュー】miwa、ハイキックで自身を再起動!1年半ぶりのシングルを語る

2019年8月14日に約1年半ぶり、25枚目のシングル『リブート』をリリースしたmiwa。 TBS系金曜ドラマ「凪のお暇」の主題歌として書き下ろされた同曲は、ドラマの主人にmiwaが共感した気持ちも込められているという。

公開日:2019年8月22日 更新日:2019年9月9日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・miwa、リブート(再起動)!
  2. ・大人になっても夢はあるし、吐き出したっていい!
  3. ・『すべてを捨てても』の歌詞に込めた想い
  4. ・全てを発散しにmiwaのライブへ!
  5. ・miwa 最新情報
  6. ・CM情報
  7. ・リリース情報
  8. ・タイアップ情報
  9. ・miwa Profile

miwa、リブート(再起動)!

──初めまして!よろしくお願いします。

miwa:よろしくお願いします!


──早速ですが、私が今作で一番印象的だったことを話していいですか!?表題曲『リブート』MVのキックの高さすごくないです!?(笑)足めっちゃ上がってる!と思って。人前でキック見せるのは初めてですか?

miwa:(笑)!そうですね、確かに言われてみれば初めてです。



──miwaさんがキックしてることと、そのキックがめちゃめちゃ上がってるっていう衝撃がダブルで来ましたけど、MVの撮影でmiwaさんご自身が印象に残ってることってありますか?

miwa:バンドサウンドでロックな感じなので、演奏シーンを中心にした撮影になっていって。
激しく動く演奏シーンが多くて、エレキを弾いたりアコギを弾いたり首を振ったりしているんですけど、何回も撮っていったので次の日にむち打ちになりました(笑)!


──何回も撮られたということは、撮影は結構長かったんですね。

miwa:そうですね、MVの撮影なので、1日かけて撮りました。回を重ねるごとに皆で激しく演奏しながらでしたね。


──お疲れさまでした(笑)

miwa:いえいえ(笑)。その辺のロックさや熱さをミュージックビデオからも感じていただけたらいいなって思います。


──感じました。なにかツルっと一皮向けたようなmiwaさんが観られるMVで気持ち良かったです。

miwa:ありがとうございます。


──そんな話から始めてしまいましたけど。髪をバッサリ切られてから、シングルとしては初のリリースで、ベストアルバムからはちょうど1年くらい経ちますよね。今のところショートヘアはご自身の中でしっくりきているというか、続けていこうという感じ?

miwa:そうですね、はい。切ってから1年経つんですけど、やっぱりそれまでの10年があったので、長い髪のイメージがまだある方が沢山いると思うので。

今回こうやってパッケージになるっていうことで、改めて「あ、髪切ったんだ」って知る人も沢山いると思うので、新鮮な人もまだまだいるんじゃないかなって思います。


──配信2曲がこの間にもありましたけど、『リブート』は1年4ヶ月ぶりのシングルですよね。この1年4ヶ月という期間はmiwaさんにとってどんなものになったか、聞かせてください。

miwa:ベストアルバムをリリースして、去年は本当に沢山ライブを回りました。武道館から始まって弾き語りツアーもやってベストアルバムのツアーを今年の3月まで回っていたので、1年を通してライブ三昧な日々だったんですけど、その間にも曲作りも定期的にやっていて。

今年の1月はLAでも曲作りをしたので、本当に沢山の曲が書けました。その中でこの『リブート』はドラマのタイアップとして「凪のお暇」の主題歌に決まったので、書き下ろしなんですけど、すごくうれしいなと思っています。



──ちなみにLAで曲作りもされたということですけど、LAで曲を作ることのこだわりというか、miwaさんにとっての意味はどういったものですか?

miwa:海外のクリエイターの人と一緒に曲を作るっていうのを日本で1回やってみたんですけど、それがすごく刺激的で学ぶことが多かったので、楽しいなっていう風に思ったんです。

じゃあ今度は私が行って、再会したり、また新しく出会ってタッグを組んで曲を作ってみたりしたいという気持ちが大きいです。あとオリアンティも「いつLA来るの?」「LAで一緒に曲作りしよう」って言ってくれてたので、オリアンティとも作りました。


──今作の中に収録されてるんですか?

miwa:まだリリースはしてないんですけど…。


──それも楽しみですね!では、ライブ三昧の1年4ヶ月ではあったけどコンスタントに曲作りもされてきて、これからはリリースもしていくような予定ではいらっしゃるんですか?

miwa:そうですね。曲は沢山書いているので、オリジナルアルバムにしていきたいなとまだ考えている段階です。


──楽しみですね。今回『リブート』はドラマの書き下ろしのお話があったかと思うのですが、久しぶりのシングルのカップリング曲として収録された曲たちについても伺わせてください。

miwa:『すべて捨てても』も『リブート』と同じく「凪のお暇」という作品からインスパイアされて作った曲なんです。

主人公の凪は仕事も辞めて、恋愛も踏ん切りをつけて、携帯も捨てて、住む場所も変えて、1から人生をやりなおすところに立っていて。

それなりに働いて生きてOLとしてのキャリアもあって、友人関係だったり恋愛関係だったりっていうものが大人としてちゃんと築いてきたものがあるのに、良いことも悪いこともすべて新しい人生を始めていくっていうのはすごく決意の要ることだなって感じていて、もちろんその重さっていうものも分かりながら選択していったんじゃないかなっていう風に思うと、すごく勇気のもらえる作品だと思っていて。

私自身も髪を切ったり、ベストアルバムで一区切りつけてまた新しいスタートを切ったりっていうところで共感できるところは沢山あって、リンクするなっていう風に思っていたタイミングだったので、作品を読んで共感できる部分を『リブート』と『すべて捨てても』には詰め込みました。


──なるほど。確かになかなかすべて捨てるのは本当にできることじゃないので、なんだかヒヤヒヤしながら『すべて捨てても』は読み進めちゃうような歌詞でした。miwaさんもあの長さの髪の毛を切ることはきっと相当な決意でしたよね。

miwa:そうですね、この10年培ってきたイメージだったりとか、miwaといえばっていうみなさんが持っているイメージがあると思うので、それを無くすことは勇気がいりました。でもこれからの自分っていうのを考えた時に、これから30代に入っていって、等身大を更新していっても世の中のイメージっていうのはそう簡単には変わらないじゃないですか。

思い切って自分からイメージを変えてやってくよっていう意思表示をすることで、イメージって変えられるものだと思うので、私自身がそうやってやることだったり、気持ちだったり、取り組む内容だったりっていうのをどんどん変えていくことはすごく大事だなっていう風に思っていて。


大人になっても夢はあるし、吐き出したっていい!

──『リブート』の歌詞や楽曲についてもう少し詳しく沢山触れさせていただきたいなと思います。「求めたのは ユートピア あなたからは ノーリプライ」っていうフレーズがありますが、私個人的に「ノーリプライ」の歌い方がめっちゃ好きなんです(笑)

miwa:えー、嬉しい(笑)


──なんか"ちょっと投げやりだけど強気"って感じが声から感じられるんです。

miwa:確かに(笑)、そうなんですよ。今回日本語とカタカナの対比っていうか、羅列が言葉遊びみたいになっていて、そうやって歌詞で遊びながら、ノリも良いけど意味を考えるとグサッと来ちゃうみたいなところは意識しました。

一瞬英語を日本語に変換させることで、例えば「返信がない」って意味が伝わる日本語よりも「ノーリプライ」の方が軽く聴けるけど考えてみたら意味がキツイっていうような(笑)


──miwaさんが特に気に入っている歌詞をご紹介頂きたいです。

miwa:歌う時に個人的に気に入ってるのは「共に笑うアミーゴ」って部分です。

「アミーゴ」って友達、友情を意識してるんですけど、それまでは個人の事を言っていて、孤独な人が主人公だと思うんですけど、ここでこういう私たちでいるって、急に仲間を引き連れてる感じが気持ちが良いなって思って。

自分の決断が間違っていないよねって不安になったり、すごく孤独を感じたり、何かを気にしてたり…でもその孤独を抱えてるのって、私だけじゃないよねっていう開き直りの瞬間な気がしてて、そこはすごく気に入ってます。


──曲の最後の方に出て来るからこそグッとくる感じがありますよね。1番では「愛してる なんて 本音さえ言えないでいるなら」と歌われていて、2番では「信じてる 私は私 幸せになるんだ」って言ってるその流れが、愛する気持ちに蓋をしないで自分に素直になることが幸せになれるための秘訣と言ってくれているように感じたりもしたんですけど、それはmiwaさんの中の信念みたいなものが反映されてたりとかってするんでしょうか?

miwa:大人になっていくと、例えば空気を読むのも上手くなったり、周りの人の意見をきいたりとか、自分がこうしたら上手くいくだろうなってことが分かったりとか、そういう能力を身につけていくじゃないですか。

それが社会で生きていくっていうことだと思ううけど、社会の中の一員であるっていうことはやはりどこかで人の気持ちを考えたり、作業を効率良くなるようにとか、そうやって周りの事を見ることができるようになっていって。

それと同時にじゃあ自分の本当にやりたいこととか「私これが良いと思う!」っていうことを押し進められない状況も発生してると思っていて。

本当にやりたいことだったり、思っていることを吐き出せるチャンスって少ないんじゃないかなっていう風に思うから、やりたいことだったり夢っていうのは、大人になってもあるんだよっていう事を伝えたいなって。


──例えばmiwaさんが自分の本音を話せていないなとか、これはワガママになってしまうかなと気持ちを言葉をするのをやめた時に、その感情を発散する方法ってどんなことがありますか?

miwa:こうやって作品として曲になって形になると一つ吐き出せたって感じもしますし、これを歌う度に発散出来たり、これをライブとかで歌って、お客さんが盛り上がってくれたりするとすごく嬉しいですし、消化されていく感じはあります。


──ライブでこの曲はどういう風になっていくんでしょうね、皆で。

miwa:結構ストレス発散な感じもありますよね。

次ページ : 「すべてを捨てても」に込めた想い

生年月日:1990年6月15日 出身地:葉山生まれ東京育ち 15歳の頃よりオリジナル曲を作り始め、下北沢のライブハウスや路上での活動を経て、 2010年3月に「don't cry anymore」でデビュー。 翌2011年4月に発売されたファーストアルバム「guitarissimo」で平成生まれのシンガーソングライ···

オーラル、フレデリック等「MASHRO…

言いたい、言えない。心の内面を見事に表…