1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. LiSA
  6. LiSAが綴る淡く弾ける夏の恋…「オレンジサイダー」の甘酸っぱさ

【歌詞コラム】LiSAが綴る淡く弾ける夏の恋…「オレンジサイダー」の甘酸っぱさ

女性シンガーLiSAの8thシングル「Rally Go Round」のカップリングに収録されている「オレンジサイダー」。この楽曲は、思うように届けられずに弾ける恋心の甘酸っぱさを、夏の夜の一瞬一瞬を切り取って描いた一曲である。

公開日:2019年9月5日 更新日:2019年9月5日


この記事の目次
  1. ・届かない胸の願い
  2. ・キミはズルイ
  3. ・花火をキミと
  4. ・LiSA 最新情報
  5. ・配信情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・LiSA Profile

届かない胸の願い


----------------
小さな奇跡を願って 騒いだ群れに乗って
浴衣に隠した鼓動 静かに響かせてる
少し前 歩いてく キミへのわずかな一歩が 果てしなく遠くて
私を呼ぶ その声も虚しく
キミの隣は いつもあの子の特等席
≪オレンジサイダー 歌詞より抜粋≫
----------------

花火大会や夏祭りなどのイベントの中で、様々な想いが交差する夏。
キミへ届けられない恋心を潜ませたまま、仲間と共に花火を見に来た日。

“もしも私の想いを届けられる勇気と時間があれば…”という淡い期待も虚しく、
キミとの距離を縮められないまま、どうすることも出来ずに想いを秘め続けることしかできない。

結局、キミの隣で笑っているのはいつも別のあの子で、
僅かに離れた私には届かないことを知る。

----------------
大胆に染まったハートは オレンジサイダーテイスト
急いで飲み込む言葉全部 弾け飛んでった
夏色の空に咲き出した 花火はそっと
寄り添う二つの影を照らしてた
叶わないWISH
≪オレンジサイダー 歌詞より抜粋≫
----------------

キミへの恋心が溢れながらも、
まっすぐに伝えられない甘酸っぱい気持ちが外にこぼれないように飲み込む。

その想いの言葉がオレンジサイダーの様に、
胸の内をざわつかせながら弾け飛んでいく。

そして、夏の夜空に咲く色とりどりの花火の下、
キミとその隣に寄り添うあの子の姿を眺めながら、
私は、届かない願いを秘め続けることしかできなかった。

キミはズルイ



----------------
抱えた期待を消して やり過ごす時 限って
訪れるキミと二人きり ほらね、キミはズルイ
普段は気にも止めないくせに 誰にも気づけない私の弱気を当てるんだ
冷えかけてた ココロに火灯した
このままキミを忘れられなくても 知らないから
≪オレンジサイダー 歌詞より抜粋≫
----------------

キミの事を考えて、期待して、諦めて、キミの事を考えたくないと思った時に限って、
キミと二人きりになってしまう。

そこで、私だけに見せてくれるキミの優しさに触れ、
改めてキミの事を好きになった理由を、私は思い知る。

キミへの心を簡単に忘れさせてくれない姿に、
私はズルイと感じて、この心を離したくないと思うのだ。

そのズルさに、諦めようとしていたキミに対する想いに再び火がつき、
私をこれまで以上に強気にさせることとなる。

----------------
曖昧にぶらさがってた 私にタッチして
優しく抑えてた キモチまた加速させてった
暗闇が二人を包んで 今だけちょっと
強がる私を素直にしてるんだ
≪オレンジサイダー 歌詞より抜粋≫
----------------

確かに胸にあるが、表に出そうか、飲み込んでこのまま忘れてしまおうか、と
曖昧にさせて忘れようとしていた心に、キミはありのままに無意識で触れ、
改めてキミが好きなんだという気持ちに、強いエネルギーをくれ奮い立たせてくれた。

世界からの灯りが邪魔をしない、キミと私だけの世界に包まれた中、
余計な感情で誤魔化してきた自分の心をキミは自然と素直にしてくれたのである。

花火をキミと



----------------
いつまでも残ったまんまの オレンジサイダーテイスト
無意識にいつでも キミの全部思い出すから
夏色の空埋め尽くした 花火にそっと
寄り添う二つの影に願いを重ねて
来年キミの隣で… 叶えたいWISH
≪オレンジサイダー 歌詞より抜粋≫
----------------

キミへの溢れる心を飲み込んだはずが、
忘れられずに頭の至るところに残り、ずっと離れないまま生きている。

甘酸っぱく内側で弾けるオレンジサイダーの味を忘れられない私に、
キミは、ただキミを見せてくれただけで、私の恋心に前へ進む力をくれたのだ。

それは、これまで内側で弾け続けるものではなく、
夏の空に飛んで弾け、埋め尽くす花火のような外側に向かう強い願いである。

その花火の様な願いを、いま寄り添うキミとあの子の影に重ねて、
来年こそはキミの隣で花火を見れる関係になりたいと、そっと彩る夜空の下、私は誓うのだ。


TEXT 京極亮友

LiSA(リサ)は1987年6月24日生まれ岐阜県関市出身の女性シンガー。所属レーベルは”SACRA MUSIC”、所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。本名は織部 里沙(おりべ りさ)2010年春よりテレビアニメ”Angel Beats!”内のバンド”Girls Dead Monster”(通称:ガルデモ)の2代目ボーカル・ユイの歌···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

LiSA 最新情報

配信情報

●2019年9月2日(月) 配信開始
FictionJuncrtion feat. LiSA
『from the edge』
(作詞・作曲・編曲:梶浦由記)
▷『from the edge』フル配信ダウンロードリンク

ライブ情報

●THE EYEWALL NiGHT vol.2

2020年2月23日(日)
会場:福岡 国際センター
時間:OPEN 16:00 / START 17:00
出演:SiM / LiSA / THE ORAL CIGARETTES

【チケット】
1Fアリーナスタンディング:7,800円(税込)
2Fスタンド席:7,800円(税込)
3Fスタンド席:7,800円(税込)

先行予約:オフィシャル2次先行 10/10 (木)18:00〜10/22 (火祝)23:59
▷詳細はコチラ

主催:SiM / THE EYEWALL NiGHT制作委員会
企画/制作:gil soundworks / キョードー西日本 / PROJECTFAMIRY
公演:SPACE SHOWER TV
ハッシュタグ:#TEWN2020

詳細はオフィシャルサイトまで

LiSA Profile

LiSA (読み:リサ)
岐阜県出身、6月24日生まれ。
座右の銘:今日もいい日だっ。

'10 年春より放送された TV アニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster (通称:ガルデモ)」2代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、ガルデモ名義でのシングル・アルバム累計40万枚以上をセールスし、人気を集める。

'11 年春にミニアルバム『Letters to U』にてソロデビュー。その後、TV アニメ「Fate/Zero」、「ソードアート・オンライン」、「魔法科高校の劣等生」など 数々の人気作品の主題歌を担当し、国内のみならず世界中にてヒットを記録。

2017年2月には「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の主題歌を担当し、大ヒットセ ールスを記録(オリコンデイリー1 位、ウィークリー4 位、各配信サイト 1 位など)。

2018年5月には初のベストアルバム『LiSA BEST -Day-』『LiSA BEST -Way-』を2タイトル同時リリース、オリコン週間アルバムランキング(5/21 付)にて 1 位・2 位を独占した。

また、圧倒的な熱量を持つパフォーマンスと歌唱力、ポジティブなメッセージを軸としたライブは瞬く間に人気を集め、次々と完売公演(日比谷野外大 音楽堂、日本武道館、幕張メッセ、横浜アリーナ 2days、さいたまスーパーアリーナ 2days など)を記録。アニソンシーンにとどまらず、数多くのロックフ ェスでも活躍するライブアーティストとして、その存在感を示している。

▷LiSA Official Website
▷LiSA Official YouTube

ASKA「L&R」に込められた意味。今…

「浦島坂田船」は、「crew」とともに…