1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 男性アイドル
  4. 男性アイドル&特集
  5. 関ジャニ∞
  6. 心の根っこそっくりで…名曲「無限大」に重なる関ジャニ∞の絆

心の根っこそっくりで…名曲「無限大」に重なる関ジャニ∞の絆

このアーティストの関連記事をチェック

【関ジャム】ふざけて見えるバンドの音楽…

2020年の冬に聴きたい!オススメの「…

関ジャニ∞の名曲「無限大」。この曲には、彼らだからこその絆を深く感じられる。今回は、無限大の歌詞の意味を紐解きながら、この曲から感じられる関ジャニ∞の絆について紹介してゆく。

公開日:2019年9月9日 更新日:2020年3月26日


この記事の目次 []
  1. ・関ジャニ∞の再出発曲『無限大』
  2. ・20年以上、苦楽を共にしたメンバー
  3. ・決して諦めない
  4. ・どこにいても家族以上の絆で結ばれている
  5. ・eighterである限り…
2019年9月、突如流れた衝撃のニュース。関西出身の8人組で結成された人気アイドルグループ「関ジャニ∞」からひとりのメンバーが旅立ち、今後グループは5人で活動していくという。

寂しさや悲しみがないとは、嘘でも言えない。けれど旅立ちを決める者、グループを守り続ける者…それぞれ道は分かれても、苦楽を共にした彼ら「8人」の絆は無限に続いていく。



関ジャニ∞の再出発曲『無限大』

『無限大』は、2005年9月にリリースしたトリプルA面シングルの1曲。7人の関ジャニ∞の出発地点にあたる曲だ。

ここから13年、関ジャニ∞はトップアイドルへの階段を駆け上がってきた。

メンバーの旅立ちに、どうしようもなく寂しくなった日には『無限大』を聴く。思い出すのは、楽しかった日々と、関ジャニ∞の深い深い絆。いつのまにか悲しみは、温かい涙へと変わっていく。



20年以上、苦楽を共にしたメンバー

KinKi Kids以来、二組目となる関西発のジャニーズグループ。そう聞くと華々しいが、関ジャニ∞のデビューも、それまでの道のりも、決して平坦なものではなかった。

「関ジャニ∞」としてのCDデビューは2004年、正式な結成は2002年だが、関ジャニ∞のメンバーはみな、90年代にはジャニーズ事務所入りを果たしており、彼らの歴史は20年以上にもわたる。

早くから関西ジャニーズを支えてきた彼らだが、Jr.黄金期の終焉や世代交代といったさまざまな理由により、デビューまでの数年は仕事がほとんどない時期もあったという。

10代における5年、6年という時間は、大人が思うよりも長く、果てしないものだ。

ブームによって乱高下する人気、いつ訪れるとも分からないデビュー…見えない将来に、心が折れてしまいそうな時期もあっただろう。そうそうくさらずにいられるものではない。

それでも彼らは続けた。そして大阪・松竹座には、彼らを求めて多くのファンが集まっていた。



決して諦めない



関ジャニ∞は、あきらめないことでデビューをつかみとった。華々しくはなくとも、美しくはなくとも…。



デビュー後も、すぐにブレイクに至ったわけではない。握手会やホール公演を積み重ね、テレビでも貪欲に前に、前に出た。

全国の47都道府県のファンに会いに行き、ツアーを欠かさず、バンドとしても着実に力をつけた。

そして、苦楽をともにしたメンバーと道が分かれても、走ることをやめなかった。

この先並んで歩くことはなくとも、関ジャニ∞が存在し続けるかぎり「8人」の名前も軌跡も、永遠に残り続けるのだ。

どこにいても家族以上の絆で結ばれている



『無限大』は、フレーズのすべてが関ジャニ∞を示しているような楽曲だ。友情、夢、希望…「まさにこれから」という、当時の関ジャニ∞にぴったりの言葉が並ぶ。胸が弾む。



決して、前だけを向いて進もうというポジティブな楽曲ではない。ふと足を止め、過去を振り返る。これまでの道を確かめ、そうしてまた前を向いて歩いていく。そんな強さが感じられる楽曲なのだ。



彼らが過ごしてきた、20年にもわたる時間。その間に、きっと、うれしいことも楽しいことも、悔しいことも全部の荷物を一緒に分け合ってきたのだろう…。

関ジャニ∞にしか分からない関係性、関ジャニ∞にしか分からない絆は、きっと永遠に失われることはない。

そう、きっと、どこにいても、何をしていたとしても。

それだけは、彼ら関ジャニ∞を見てきた人ならば、きっと分かるだろう。




Gerd AltmannによるPixabayからの画像

eighterである限り…

旅立つメンバーの背中を祝福したい想いと、寂しさと混乱。ファンの心が平穏を迎えるまでには、まだまだ時間がかかることと思う。

「この8人だけは何があっても分かれることはない」そんな風に思っていたファンもいたはずだ。

けれど家族だからこそ、旅立つことができるのかもしれないとも思う。

なにがあっても、どこにいても、彼らは永遠に友達であり、家族であり、グループだ。

関ジャニ∞というグループが守られ続けるかぎり、そしてそれぞれの場所で輝き続けるかぎり、彼らが走り抜けた青春も私たちの記憶もなくなりはしない。

いつか笑って話せる日まで、今は想い出をそっと宝箱にしまっておこう。

TEXT シンアキコ

▷関ジャニ∞ オフィシャルウェブサイト ▷ベストアルバム「GR8EST」 特設サイト

この特集へのレビュー

女性

70.

2019/09/10 10:15

涙が出ました。
優しい言葉で紡いでくださって
ありがとうございます✧︎*。

女性

あか

2019/09/10 11:11

色々な雑音が聞こえる中で、これを読ませて頂いて、∞erであること、ずっと∞を見てきたことを幸せに、誇りに思えました。ライブで何回も何百回も聞いてきた無限大が、絆は途切れないと改めて教えてくれました。ありがとうございました。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

pixiv×コレサワ 歌詞からイメージ…

福山雅治もカバーする大沢誉志幸『そして…