1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. GLAY
  6. 夢と片道のチケット。GLAY『May Fair』が紡ぐ青春の旅立ち

夢と片道のチケット。GLAY『May Fair』が紡ぐ青春の旅立ち

世紀をまたいだ激動の時代・平成を駆け抜け、音楽界に数々の金字塔を打ち立てたロックバンド・GLAY。その勢いは未だとどまることを知らない。いくつもの青春を彩ってきたGLAYの楽曲には、いくつもの切ない別れが描かれている。

公開日:2019年10月2日 更新日:2019年10月2日


この記事の目次 []
  1. ・“GLAY時代”を象徴するアルバム
  2. ・TAKUROの描く青春
  3. ・投げやりともとれる表現が深い
  4. ・「片道のチケット」が示す恋の結末
  5. ・叶わなかった恋
GLAYの楽曲の特徴は、尖りながらも耳なじみの良いリフに乗せた、美しい日本語で紡がれる歌詞だ。

彼らが走り抜けた平成は、彼らの青春でもあった。数々の名曲のなかから、今回は名盤「pure soul」に収録された『May Fair』をご紹介したい。

“GLAY時代”を象徴するアルバム


『May Fair』が収録されている「pure soul」は、1998年7月29日にリリースされたGLAYのメジャー4作目にあたるオリジナルアルバムである。

1998年といえば、まさにGLAYの人気絶頂期にあたる。

前年にリリースした「口唇」「HOWEVER」の大ヒットに続き、同年4月には「誘惑/SOUL LOVE」をリリース。

翌99年には「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」で音楽史上最大の20万人を動員。まさに、世はGLAYの時代を迎えていた。

当時を知る者で、ここに挙げた楽曲を口ずさめない者はいない。いるはずがない。

そんな時代に放たれたアルバム「pure soul」は一般層にも知名度が高く、多くの人々から愛された名盤だ。

いや、もはや当時のGLAYには「一般層」などいなかったかもしれない。それほど、誰もがGLAYに熱狂していた。

それらは決して過去の話ではない。今なおGLAYは輝き続け、チャレンジャーであり続けている。

TAKUROの描く青春


GLAYの楽曲には、青春の岐路が多く描かれている。『May Fair』も同じく、旅立ちの曲だ。

輝いていた日々に馳せる想いと、ほんの少しの後悔。若き日の自分と想い人、旅立ちを決めたあの日のこと…目を細めて懐かしむような、優しさと切なさが交差する楽曲だ。

----------------
心踊らせては
駆けだす君を見てた
額の汗が落ちる
その僅かな時
幼い恋心 痛んで・・・
≪May Fair 歌詞より抜粋≫
----------------
青春とは、心のシャッターを切り続ける日々なのかもしれない。二度と訪れない「今」を忘れないよう、無意識に心の奥に焼き付ける日々。

だからこそ色褪せない記憶となり、鮮明に思い出せる「瞬間」がある。TAKUROの書く詞はそういう「瞬間」を切り取った歌詞だ。

巧みな情景描写と、対象への想い。まるでカラー写真を見るかのように、歌詞の世界がありありと目に浮かぶ。

投げやりともとれる表現が深い


----------------
誰よりも僕らは
この胸に映した
虹色の明日なんてものを
信じてた
記憶を辿る岐路に
あの日の空
君と太陽を
近くに感じていた
≪May Fair 歌詞より抜粋≫
----------------
「虹色の明日なんてもの」「愛も夢も希望とやら」。投げやりともとれる歌詞が印象的だ。

過去の自分の幼さ、信じていたもののもろさ、大人になるにつれ知っていく現実、そういった「リアル」への嘆きのようにも感じる。

なんだってできると思っていた、永遠はあると信じていた、そんな自分を皮肉るような、けれど愛おしむような秀逸な表現だ。

「片道のチケット」が示す恋の結末


----------------
新しい旅立ち
住みなれた街並
きっと大丈夫
愛も夢も希望とやらも
ポケットにつめ込んで
・・・そして
片道のチケットを
握りしめた
≪May Fair 歌詞より抜粋≫
----------------
『MAY FAIR』の切なさを際立たせるキーワード、それは「片道のチケット」だ。

距離とはつまり恋の終わりだと心のどこかで感じながら、住み慣れた街並に別れを告げ、夢を追って上京する。

「きっと大丈夫」と言い聞かせるように、不安や迷いなど打ち消すように、チケットを握りしめる。

そんなストーリーを想像させる。

叶わなかった恋


----------------
今では仕事帰りの
車窓の向こうに
佇む 遠き夢よ・・・
住みなれた街並
行く先は違うけど
きっと大丈夫
≪May Fair 歌詞より抜粋≫
----------------
彼は戻らなかったのだろう。

きっと終わってしまうことがわかっていた恋と、愛と、夢と、希望。未来へと持ってゆくものすべてをポケットに詰め込んで、大切な思い出を置いてきたあの街。

大人になった彼の瞳には、どのように映るのだろう。


----------------
誰よりも僕らは
誰よりも切なく
恋愛の真似だってきっと
理解っていた
それでも心なぞる
5月の風
涙流れても優しくて
≪May Fair 歌詞より抜粋≫
----------------
叶わなかった恋ほど、色褪せないものはない。けれどこんなふうに、優しく切なく思い出せる恋ならば…

たとえ叶わなくとも、これもひとつのハッピーエンドの形なのだろう。
そんなふうに思う。

TEXT シンアキコ

1994年にメジャーデビューし、2014年に20周年を迎えたロックバンド。 メジャーデビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など常に日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。 2016年1月にリリースした53枚目のシングル『G4・IV』が オリコン・ウィークリーチャート1位を獲···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【オリジナルレポート】神宿、幕張メッセ…

伝説を作れ!ZEROSTYLE、いよい…