1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 須田景凪
  6. 記憶が繋ぐ過去と現在。「二ノ国」主題歌「MOIL」の歌詞世界

【歌詞コラム】記憶が繋ぐ過去と現在。「二ノ国」主題歌「MOIL」の歌詞世界

このアーティストの関連記事をチェック

嫌いになれたらどんなに楽か、須田景凪「…

映画『二ノ国』の主題歌に抜擢された、須田景凪の『MOIL』。現世に生きる人間と命の繋がった別の人間が存在する世界で、かけがえのない人の命を天秤にかけなくてはならないとしたら?須田景凪の歌詞世界を読む。

公開日:2019年10月23日 更新日:2019年10月23日


この記事の目次
  1. ・今につなぐ大切な過去
  2. ・漂う虚無感
  3. ・感情に振り回される苦悩
  4. ・純粋なうちに伝えたい想い
  5. ・「大人」への抵抗
  6. ・須田景凪 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・ライブ情報
  9. ・須田景凪 Profile

今につなぐ大切な過去


----------------
思い出すのは砂を噛む様な
茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き

今となってはあの感触も笑えるほど
するり 手からこぼれてしまった
≪MOIL 歌詞より抜粋≫
----------------
歌い出しから、すでに思い出を語っているところが切ない。

すでに幸せな思い出や大切な人の温もりは失われて、脳裏に焼き付いた記憶だけが忘れ形見になっているのだ。

まるで白昼夢のように曖昧でぼやけた記憶だけが大切な過去と今の自分をつないでいる。

漂う虚無感


----------------
大人になった 大人になってしまったみたいだ
左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい
明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に
今、募るこの想いを あなたへと伝えたい
≪MOIL 歌詞より抜粋≫
----------------
あの日の焦燥や感触が遠い記憶になってしまったことで、自分が大人になったことを悟る。

手からこぼれてしまったものが一体何かは分からないが、とても大切で忘れたくないものなのは確かだ。

いつまでも覚えているように、あの日の自分と変わることがないように頑張ったけれど、いつの間にか変わり果ててしまった現実。

それを実感した虚しさや喪失感が漂っている。

これから訪れる未来さえも過去の記憶となり果ててしまう前に、今、この瞬間を刻みつけたい。

忘れないうちにこの想いを伝えたい。切なる想いが聴く人の心に迫りくる、印象的な歌詞だ。

感情に振り回される苦悩


----------------
「あなた無しでは意味がない」
など感情は盲目だ 尚更また膨らむ欠落

生きていく度 より鮮明に
胸の底で別れが育つ様な気がした
故に懸命に腕を伸ばし
身勝手な光を追うのは何故
≪MOIL 歌詞より抜粋≫
----------------
大切な人を失くした時、生きる望みを失ってしまうのは人の性だ。

たとえ1人でも生きていかなくてはならない苦しみの中、「あなた無しでは意味がない」などと、言っても意味のないことが口をついて出てしまう。

意味がないと知りながら、思考を埋め尽くすその考えに悶えるのは、愚かといえば愚かだ。

しかし、理屈ではどうにもならないのが人の心というもの。

言い聞かせれば言い聞かせるほど、時が経てば経つほど、大切なものを失った喪失感や損失の大きさを思い知らされるのだ。

純粋なうちに伝えたい想い


----------------
大人になった 大人になってしまったみたいだ
左様なら 日々の中で揺蕩う 風にでもなりたい
心がいつか 飾りになって 安い空夢になる前に
今、募るこの想いを あなたへと伝えたい
≪MOIL 歌詞より抜粋≫
----------------
『MOIL』では、「大人」というものが、なってはならないもの、成り下がりたくないものの象徴として描かれている。

大人になることは、悲しみや欠落、大切ななにかとの決別であり、人として失ってはならないものを失うことを意味している。

それでも、人はいつか大人になる。今苦しんでいるこの感情も痛みも、いつかは忘れ去ってしまう。

だとするならば、痛みを伴うほどに純粋な感情が生きているうちに、大切な「あなたへ」、この想いを伝えておかなくてはならない。

それは切なる願いであり使命だ。だからこそこの楽曲には、どこか切羽詰まる印象が漂っている。

何をそんなに急いでいるのか?それは、刻一刻と迫る、大人への道だ。時の流れに抗うように「今」を生きる姿が胸に焼き付く。

「大人」への抵抗


----------------
夕凪に世界が身勝手に沈んでも
もう決して目を逸らしはしないだろう
輪郭は段々と曖昧に変わっていく
その様すら愛していたいんだ
≪MOIL 歌詞より抜粋≫
----------------
「大人」というものを否定し続け、今という時間を必死で生きようとする姿を描いた『MOIL』。

最後は変わりゆく世界の中で、無情に流れる時の中で、自分だけは現実から目を背けないと誓う。

「夕凪に世界が身勝手に沈んでも」「輪郭は段々と曖昧に変わっていく」これらは、確実に時間が流れ、自分が大人に近づいていくことを示している。

抗えないなら、その変化さえも愛してしまおう。もがいてもがいて、ようやく辿り着いた答えが人間らしく、愛おしい。

2人のかけがえのない人間の命を天秤にかけなくてはならい「二ノ国」の物語を彷彿させ、見事に作品世界と音楽を融合させた楽曲だ。

▲須田景凪 『MOIL』MV

TEXT 岡野ケイ

須田景凪(すだけいな)は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家である。また、「バルーン」の名義でボカロPとしても活動している。所属はA-Sketch、レーベルはunBORDEである。2013年にニコニコ動画に「造形街」を公開したことをきっかけに、動画サイトに楽曲を発表する···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

須田景凪 最新情報

リリース情報

●2019年8月21日リリース
2nd EP 『porte』

▷「MOIL」配信リンク
▷「veil」配信リンク

★初回限定盤
アボガド6デザイン・40Pルックブック付属 / スリーブケース付トールサイズ・デジパック仕様
価格:3,000円(税抜)
品番:WPZL-31649
内容:CD+DVD+40Pルックブック付

★通常盤
価格:1,500円(税抜)
品番:WPCL-13090
内容:CD Only

【CD収録曲】
01. veil
(TVアニメ「炎炎ノ消防隊」エンディング主題歌)
02. MOIL
(映画「二ノ国」主題歌)
03. 語るに落ちる
04. 青嵐
05. couch

【DVD収録内容】※初回限定盤
『porte』 concept movie
『MOIL』 music video
『veil』 music video

▷須田景凪『porte』特設サイト
▷『porte』購入リンク

ライブ情報

●須田景凪 TOUR 2020
《東京》
日程:2020年2月29日(土)
時間:OPEN 16:00 / START 17:00
会場:Zepp DiverCity(TOKYO) 
お問合せ:SOGO TOKYO 03-3405-9999

《愛知》
日程:2020年3月7日(土)
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
会場:ダイアモンドホール 
お問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

《大阪》
日程:2020年3月8日(日)
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
会場:なんばHatch 
お問合せ:キョードーインフォメーション0570-200-888

《北海道》
日程:2020年3月14日(土)
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
会場:札幌 cube garden 
お問合せ:マウントアライブ011-623-5555

《宮城》
日程:2020年3月20日(金・祝)
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
会場:仙台Rensa 
お問合せ:GIP 022-222-9999

《広島》
日程:2020年3月28日(土)
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
会場:LIVE VANQUISH 
お問合せ:YUMEBANCHI 082-249-3571

《福岡》
日程:2020年3月29日(日)
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
会場:福岡イムズホール 
お問合せ:BEA 092-712-4221

【全公演共通】
チケット料金:4,300円(税込・ドリンク代別)
※スタンディング/指定席

プレイガイド一般発売:12月21日(土)

須田景凪 Profile

2013年より“バルーン”名義でニコニコ動画にてボカロPとしての活動を開始。その後『シャルル』『雨とぺトラ』『レディーレ』と続々にヒット曲を投稿。

自身の曲を自ら歌うセルフカバーも多くの支持を集め、『シャルル』のセルフカバーはYouTube で 3800万回再生を突破。JOYSOUND の 2017 年発売曲年間カラオケ総合ランキングは1位、2017&2018年の年代別カラオケランキング・10代部門では2年連続1位を獲得した。

2017年10月、自身の声で描いた楽曲を歌う“須田景凪”として活動を開始。2019年1月、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEより1st EP「teeter」をリリース。オリコンウイークリーアルバムランキングでTOP10にランクインした。

楽曲は作詞、作曲、編曲全てを須田自身が手掛けており、中毒性のある予想外かつ大胆でありながら、隅々までこだわりの詰まったメロディーが多くの若者の支持を集めている。

▷オフィシャルサイト
▷須田景凪『porte』特設サイト
▷須田景凪/バルーン Twitter
▷須田景凪/バルーン スタッフTwitter
▷須田景凪 LINE公式アカウント
▷Youtubeチャンネル

世の女性を虜にした「大恋愛〜僕を忘れる…

美しく儚い新選組奇譚「薄桜鬼」!隊士達…