1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. ミオヤマザキ
  6. ミオヤマザキは男へ鋭く突き刺さるナイフである【UtaTenレビュー】

ミオヤマザキは男へ鋭く突き刺さるナイフである【UtaTenレビュー】

ロックバンド「ミオヤマザキ」その歌詞と歌声は女性から圧倒的な支持を得ている。 そして男には、鋭く突き刺さるのだ…

2015年11月17日


この記事の目次
  1. ・ミオヤマザキ 最新情報
  2. ・ミオヤマザキ全国ライブツアー情報
  3. ・ミオヤマザキ Profile


10月30日に新曲「アイドルfeat.100人のアイドル」を配信リリースした4人組バンド「ミオヤマザキ」が耳について離れない。

ご存じの通り日常BGM代わりに聴いて良いタイプの曲ではないのだが、LINE MUSICで聴き放題になってしまっており、ミオヤマザキ禁断症状の私はついつい聴いてしまう。
そんな中で、頭をハンマーでズガン!とひと叩き…、いや身体をすり抜けて心臓をグッと突き刺さった曲を紹介したい。


ゆうた君の元カノ
今カノが元カノについての正直な気持ちを叫ぶこの楽曲。ミオヤマザキのバンドの安定感をビシビシ感じるビートが心地よい。そしてどこか違った空間へ男の私を連れ出すミオのボーカルが、また不安を駆り立てる。

間奏やテンポの良い「イヤイヤイヤ〜」の後、女性の心の中から鋭く突き刺さる言葉が俺を襲うのだ。男は昔の恋愛を思い出として採っておきたいもの。武勇伝であり自身の経験を豊かにしてくれた相手だから。

でも女性はそう思っていないし、その気持ちはまったく理解しない。「このカップ捨てよう」「上書きして欲しいの」元カノのことがほんの僅かでも思い出させるものは、たとえ断片であろうとも存在を許さない。

彼氏の事は信じたい。いや信じている。でもカマをかけざるを得ないのだ。それこそが今カノの強さであり、当たり前の行動。
男はこの曲を聴いて、自分のアドレス帳や日頃の会話に元カノが登場していないか、振り返ってみよう。そして女はこの曲を今カレに聴かせよう
…などとは思ってはいけない。。。




私の彼
ケータイは二人を幸せにしたのだろうか? 多くの二人がこの機械によって結ばれ、その後裂かれていったのであろう。それでも引き裂かれない二人がいるとするなれば、それは女の包容力と役者の格の違いなのだ。

男はどこか変わった事をする。香水を強くつけたり、聞かれてもしないのに「あ、友達からだ」とケータイを手に取る。そんな何気ない仕草を自然に演じようとするほど、女は気づくのだ。そう異変に。

「“0428” 2人の記念日。暗証番号は変えておいて欲しかったな。」
隠すなら徹底的にしなければならないのに、安易な暗証番号から浮気相手が発覚することもある。この楽曲では、そんな夫の事を信じた信じ切った妻が登場する。

ここで妻に浮気を問い詰められた方がまだマシだったかもしれない。しかし女はそんな生き物ではないことをミオヤマザキは教えてくれている。いや、学ぶべきだと警告している。

「浮気をしてたって気付かないフリをするよ。毎日毎日『おかえりなさい』て言うから。」
雨降って地固まる。家庭に平和が訪れたかに思える。女は本音で行動する。いや本音を行動や考えに上書きするのだ。そしてアナタは「夫」から「私の彼」になる。



LINEミュージック ミオヤマザキ サブスク万歳キャンペーン
LINEミュージックでは、ミオヤマザキ全20曲が聴き放題。

【LIVE情報】
【ミオヤマザキ ワンマンTOUR 2015『たった2、300人のライブハウスで歌ってる今の私達に何が出来るのか』】
公演日 2015.11.29(日)
地域宮城県
会場仙台 PARK SQUARE
開場/開演17:00 / 17:30
札幌DUCE

公演日2015.12.05(土)
地域愛知県
会場名古屋 LIVE HALL M.I.D
開場/開演17:00 / 17:30

公演日2015.12.13(日)
地域千葉県
会場柏PALOOZA
開場/開演17:00 / 17:30

【ミオヤマザキメジャーデビュー1周年記念パーティ「あの日の約束覚えていますか?」】
公演日2015.12.24(木)
地域東京都
会場東京カルチャーカルチャー
開場/開演17:00 / 19:00

◆ミオヤマザキ Official Website
http://www.mioyamazaki.jp/

◆ミオヤマザキ Official Twitter
https://twitter.com/mio_yamazaki


ミオヤマザキ 最新情報

ミオヤマザキ全国ライブツアー情報

ミオヤマザキワンマンスレツアー2018「diffusion」

10月20日(土) 横浜BAY HALL
10月21日(日) 柏PALOOZA
10月27日(土) 札幌PENNY LANE

11月3日(土) 仙台darwin
11月4日(日) 高崎club FLEEZ
11月10日(土) 長野JUNK BOX

11月17日(土) 金沢EIGHTホール
11月18日(日) 新潟NEXS
11月23日(金祝) 広島CLUB QUATTRO
11月24日(土) 福岡DRUM LOGOS
11月25日(日) 高松MONSTER

12月8日(土) 名古屋ダイヤモンドホール
12月9日(日) 浜松窓枠

12月15日(土) –SEMI FINAL- 新木場STUDIO COAST
12月29日(土) -FINAL- なんばHatch
and more...

<ミオヤマザキ Official YouTube Channel>
https://www.youtube.com/c/mioyamazakiSMEJ

ミオヤマザキ Profile

mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)からなる4人組ロックバンド。2013年、東京で結成。Vo.のmioによる、”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。

更に、ミオヤマザキの楽曲をテーマに制作されたプロモーション・ゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeのランキングで1位を獲得し、現在までに累計800万ダウンロードを突破。

大きな話題と様々な謎に包まれたまま、2014年のクリスマスイブにソニーミュージックのエピックレコードからメジャーデビュー。2016年にはフジテレビ深夜ドラマの主題歌に起用され、11月2日に待望の1stフルアルバム『anti-these』をリリース。

オリコンアルバム・デイリーチャートで9位にランクインするなど、10代~20代の女性を中心に熱狂的な支持を集めている。2017年4月1日には日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを成功。

同年7月にリリースしたシングル「ノイズ」はiTunesロックチャートで1位を獲得。2017年12月24日にはZepp TOKYOワンマンライブを完売させ、2018年3月にはフランス・マルセイユで初の海外ライブを成功させるなど、現在最も注目を集めているバンド。

【ミオヤマザキアカウント】
LINE公式アカウント
ミオヤマザキ オフィシャルサイト
ミオヤマザキ オフィシャルTwitter
ミオヤマザキ オフィシャルfacebook
ミオヤマザキ ブログ

JAM Projectの『THE HE…

関ジャニ∞「ズッコケ男道」バンドver…