1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 星野源
  6. 星野源、くだらない日々を愛して生きる人

【歌詞コラム】星野源、くだらない日々を愛して生きる人

星野源の『くだらないの中に』という曲は、こんな歌詞ではじまる。彼女の髪の毛の匂いがくさくて、うれしがる。なんだか変態的ではあるが、その行動には彼女への愛がつまっているような気がして、聞いていて思わず笑みを浮かべてしまう。

公開日:2015年11月25日 更新日:2019年4月3日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・些細な様子から、愛を感じる
  2. ・「星野源」という、多彩な人間
  3. ・くだらないの中に
  4. ・日常の中で育む愛おしさ
  5. ・星野源 最新情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・配信情報
  8. ・リリース情報
  9. ・星野源 Profile

些細な様子から、愛を感じる


----------------
髪の毛の匂いを嗅ぎあって くさいなあってふざけあったり
くだらないの中に愛が 人は笑うように生きる
≪くだらないの中に 歌詞より抜粋≫
----------------

星野源の『くだらないの中に』という曲は、こんな歌詞ではじまる。

彼女の髪の毛の匂いがくさくて、うれしがる。なんだか変態的ではあるが、その行動には彼女への愛がつまっているような気がして、聞いていて思わず笑みを浮かべてしまう。

「星野源」という、多彩な人間

そもそも、みなさんは、星野源という人をご存じだろうか。

【特集】次々と名曲を生み出すヒットメーカー!マルチの才能を持つ星野源

芸人でもないのに、NHKのコント番組のレギュラー。俳優としては、今期の産婦人科医を題材にしたドラマで、主人公の同期を演じている。文筆家としても活動していて、雑誌の連載も2本持っている。そして、音楽家として歌も歌っており、12月には4作目のアルバムが発売される。

忙しい人である。見るからに自然体で、失礼だけれど体力だってあんまりなさそうなのに、なんというバイタリティだろう。師走という月が、師匠が走るほど忙しいという意味なら、星野源は一年中、師走なんじゃないだろうか。

二足のわらじよりも、もっと多くのわらじを履いているのにも関わらず、そのどれでも、彼は成果を挙げている。疲れなど感じさせないような愛くるしい笑顔で、いつだって精力的に働いている。

「毎日を面白くするのは自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない」と、彼は自身の著作に書く。自分で毎日を面白くした成果が、仕事、ということなのだろう。

そんなに頑張っていて、もしかしたら時代の寵児のような売れっ子になりたいのかと思ったら、そうでもない。

「くだらないの中に」にはこんな歌詞がある。

くだらないの中に


----------------
流行に呑まれ人は進む 周りに呑まれ街はゆく
僕は時代のものじゃなくて
あなたのものになりたいんだ
≪くだらないの中に 歌詞より抜粋≫
----------------

あなたのものになりたい。なんてキュンとくる言葉だろうか。このひとことで、私の乙女心は鷲掴みされる。

彼はきっと、時代の寵児になりたいのではなく、ただ、いい曲をつくりたいだけなのだ。それを一生懸命にやっているだけだ。

彼のなかからでてくる、彼の毎日のなかで構築されていった素直な言葉が歌詞になって、そして彼の素朴でやわらかな声で歌われる。そんな歌だから、支持されているのだろう。

日常の中で育む愛おしさ


----------------
心が割れる音聴きあって ばかだなあって泣かせあったり
つけた傷の向こう側 人は笑うように
≪くだらないの中に 歌詞より抜粋≫
----------------

好きな人をふいに、心が割れるほど傷つけてしまう。日々のなかに隠している、彼の、もしくは彼女の抱えている傷を見つける。お互いに涙がながれてしまうほど苦しい。

けれど、彼は優しく言う。「ばかだなあ」と。それからふたりで、傷の向こう側を見るのだ。

この部分からは、涙をこぼしながら優しくわらう星野源がみえるようだ。

この曲は、日常のなかで相手を愛おしむラブソングだ。くだらない毎日かもしれないが、そんな日々をとことん愛してしまう星野源の性格が、なんとも好ましい。

●くだらないの中に / 星野源



TEXT:緑の瞳

星野源は日本の音楽家、俳優、文筆家。歌手業での所属事務所はアミューズ。俳優業では大人計画に所属している。2003年に舞台「ニンゲン御破算」への参加をきっかけに俳優としてのキャリアを本格的にスタートさせる。2010年に細野晴臣の勧めでソロデビュー。レーベル「デイジーワールド」から1stアル···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

星野源 最新情報

ライブ情報

●星野源 POP VIRUS World Tour

【2019年】
11月23日 
上海:National Exhibition & Convention Center Hong Arena

11月25日 
ニューヨーク:Sony Hall Special Guest MARK RONSON

12月09日 
横浜:Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON

12月10日 
横浜:Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON

12月14日 
台北:Legacy MAX

配信情報

全楽曲のストリーミング配信がスタート!
Apple Music、Spotify、YouTube Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Musicほか主要サイトにて配信中!
▷配信はコチラ

リリース情報

●好評発売中!
『DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』

[Blu-ray]
★初回限定盤
価格:7,200円(税抜)
品番:VIZL-1597
内容: 2Blu-ray+特製ブックレット

★通常盤
価格:6,700円(税抜)
品番:VIXL-267~8
内容:2Blu-ray
 
[DVD]
★初回限定盤
価格:6,500円(税抜)
品番:VIZL-1598
内容:2DVD+特製ブックレット

★通常盤
価格:6,000円(税抜)
品番:VIBL-944~5 
内容:2DVD





●好評発売中!
5th Album『POP VIRUS』

★初回限定盤A
価格:5,000円(税抜)
品番:VIZL-1490
内容:CD+Blu-ray+特製ブックレット

★初回限定盤B
価格:4,800円(税抜)
品番:VIZL-1491
内容:CD+DVD+特製ブックレット

★通常盤 初回限定仕様
価格:3,100円(税抜)
品番:VIZL-1492
内容:CD+特製ブックレット

★通常盤
価格:3,000円(税抜)
品番:VICL-65085
内容:CD

★アナログ(生産限定盤)重量盤仕様2枚組
価格:5,000円(税抜)
品番:VIJL-60194~5
内容:2LP

星野源 Profile

1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。

2000年にバンドSAKEROCKを結成。2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。2015年5月にリリースしたシングル『SUN』が大ヒットを記録。

同年12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』は自身初となるオリコンウィークリーアルバムチャートで1位を獲得し、現在までに40万枚を超える大ヒットアルバムとなっている。

また、2016年10月にリリースしたシングル『恋』は、自身も出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットを記録した。

2017年5月に発売した初のMUSIC VIDEO集『Music Video Tour 2010-2017』が、オリコンウィークリーDVDならびにBlu-rayランキングにて初登場1位を獲得。Blu-rayの初週売上は、ソロアーティストによる音楽Blu-ray作品の中で歴代1位を記録した。

また8月に発売した10作目のシングル『Family Song』がオリコンウィークリーシングルランキングにて、同年度のソロアーティストによるシングル作品として最高売上枚数も記録する快挙となり、初登場1位を獲得。同年3年連続となる「第68回NHK紅白歌合戦」出場を果たした。

2018年は国民的アニメ映画「映画ドラえもん のび太の宝島」の主題歌、挿入歌を担当。主題歌『ドラえもん』が収録されているシングル『ドラえもん』はオリコンウィークリーシングルランキングで2作連続となる1位を獲得。

さらに4月から放送のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌『アイデア』は初の配信リリースながら、オリコンデジタルランキングにおいて、デイリーチャートの史上最高記録を樹立するなど、こちらも大きな話題とともに大ヒット中。

俳優として、映画「箱入り息子の恋」(13/市井昌秀監督)、「地獄でなぜ悪い」(13/園子温監督)等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞等の映画賞を多数受賞。

ドラマ「コウノドリ」シリーズ(TBS)、大河ドラマ「真田丸」(16/NHK)、「逃げるは恥だが役に立つ」(16/TBS)、「プラージュ」(17/WOWOW)など出演作多数。

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」(17/湯浅政明監督)では声優として初主演を務め、アニメ映画「未来のミライ」(18/細田守監督)にも出演。2019年8月30日には主演映画「引っ越し大名!」が公開を控える。

また、作家として著書「蘇える変態」、「働く男」、「そして生活はつづく」、「星野源雑談集1」「いのちの車窓から」を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。

2016年3月からはニッポン放送でレギュラー番組「星野源のオールナイトニッポン」がスタート。2017年には第54回ギャラクシー賞ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞した。

▷星野源 オフィシャルサイト
▷星野源 オフィシャルTwitter
▷星野源 Facebookページ
▷星野源 LINE公式アカウント
▷星野源 YouTube オフィシャルチャンネル
▷星野源 オフィシャルInstagram

赤い公園が『交信』しているのは誰?

フジファブリックの名曲『若者のすべて』…