1. 誰にも似てない夢の背中を追いかけた「Folder5」の今、 知ってる?

誰にも似てない夢の背中を追いかけた「Folder5」の今、 知ってる?

沖縄アクターズスクール出身のアーティストが芸能界を席巻していた90年代~00年代。 当時の沖縄アクターズスクールといえば安室ちゃんやMAX、SPEED、DA PUMPなど数々のビッグネームを輩出してきましたが、「Folder5」という5人組の女の子達も活躍していたのを覚えている人はどれくらいいるのでしょう。

2015年11月28日




沖縄アクターズスクール出身のアーティストが芸能界を席巻していた90年代~00年代。
当時の沖縄アクターズスクールといえば安室ちゃんやMAX、SPEED、DA PUMPなど数々のビッグネームを輩出してきましたが、「Folder5」という5人組の女の子達も活躍していたのを覚えている人はどれくらいいるのでしょう。

「Folder5」はもともとは
Folderという当時小中学生の男女7人で結成されたグループでした。
Folder時代のメンバーは、DAICH、AKINA、ARISA、HIKARI、NATSU、MOE、JOE。
1997年にデビューしますが、その後女性メンバーのみのFolder5になりました。

彼女達の代表曲と言われる「Believe」は、LOLITAの「DREAMIN' OF YOU」のカバーで、フジテレビ系アニメ「ONE PIECE」の2代目オープニングテーマに使用されていました。

当時大流行したユーロビートと高いダンスパフォーマンス、若年層とは思えない歌唱力もあり、一度聴いたら何度でも聴きたくなる作品になっています。

Folder5の「Believe」の歌詞はコチラ

-----
誰にも似てない夢の背中を
追いかけて 追いかけてく
夜明けを呼び覚ますような
燃えるキモチ

アトサキなんて今は知らない
退屈な時間よりも
ドラマティック 手に入れるまで
Believe In Wonderland !

-----

10代の青春真っ盛りの若者のポジティブな姿勢が、爽やかですが、勢い良く伝わってきて、こちらまで胸が弾むようです。
10代の内にここまで夢中になれる何かに出会えることは、本当に幸せですね。
奇しくもFolder5のメンバーはこの時全員青春真っ盛りの10代でした。
大なり小なり、夢を必死で追いかける自分達とこの歌詞を、重ね合わせて歌っていたのではないでしょうか。

さて、「Believe」同様、芸能界を必死に駆け抜けてきた彼女達ですが、現在は何をしているのでしょうか?

AKINAは現在もAKINAの名義で女優活動をしています。ビビる大木の奥さんとしても有名ですね。
ARISAは仲間愛里紗および arieとしてシンガーソングライターをしていましたが、2009年に結婚を機に引退しています。
HIKARIは旧姓の満島ひかりとして女優活動中で、2010年に、自身が主演を務めた映画の監督である石井裕也と結婚しました。
NATSUは芸能界を引退し、沖縄でOLをしているそうです。
MOEは本名の石原萌名義で、地元沖縄でタレント活動をしているそうで、2008年に泡盛の女王に選ばれました。

ちなみにFolder5の前身だった「Folder」の男性メンバーの現在。

JOEは芸能界を引退しているようですが、DAICHIは三浦大知として歌手活動中です。
Folder時代から頭角を現していた彼ですが、抜群の歌唱力と世界でも最先端の卓越したダンスを併せ持ち、その世界水準のパフォーマンスから数少ない“本物”と言われ「天才」「和製マイケルジャクソン」などと称されています。

こうみると、
未だに活躍しているメンバーも多いですね。
引退したメンバーも、息災のようで何よりです。

誰もが一番がむしゃらになれる青春時代、未来を、そして自分を信じて駆け抜けていく姿は眩しいものです。
これからもう一度、青春時代を始めてみようかな!


TEXT:rie-tong

監獄学園オープニングテーマのHaKUが…

しょこたんさっちゃんの『無限∞ブランノ…