1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. 平井堅
  6. 泣きたい秋の夜に聴きたい!平井堅の極上バラード3選

【特集】泣きたい秋の夜に聴きたい!平井堅の極上バラード3選

このアーティストの関連記事をチェック

サザンの歌への傾倒ぶりを「セカチュウ」…

生と死に立ち向かう禁断の純愛「4分間の…

1995年のデビュー以来、平井堅の音楽は多くの人を魅了してきました。バラードと言えば、平井堅を連想する方も多いのではないでしょうか。特に「泣けるバラード」は絶品です。そんな平井堅のバラードから極上の3曲を紹介します。

公開日:2019年11月26日 更新日:2019年11月28日


この記事の目次
  1. ・どこまで行っても交差しない二人の想い
  2. ・何度聴いても泣ける「even if」
  3. ・心傷ついても「half of me」
  4. ・ずっと君と共にいる「瞳をとじて」
  5. ・泣きたい夜に聴きたい平井堅のバラード
  6. ・平井堅 最新情報
  7. ・イベント情報
  8. ・平井堅 Profile

どこまで行っても交差しない二人の想い


秋の夜って何故かしんみりして、泣きたい気持ちになりますよね。「芸術の秋」と言いますし、秋は私たちの感受性を豊かにする何かがあるのかもしれません。

そんな秋の夜に、平井堅のバラードを聴いてみてはいかがでしょうか?これから紹介する3曲は、「泣けることまちがいなし」の極上バラードです。

片想いだったり、失恋だったり、もう相手に届かなくなってしまった想いだったり…。どこまで行っても交差しない二人の想いが胸を締め付けます。

それでも見返りを求めず、ただひたすらに相手を愛し続ける切ない男心を、感じてみませんか?

何度聴いても泣ける「even if」


初めに紹介するのは『even if』です。
----------------
"たまたま見つけたんだ"ってさっき言ったけど
本当はずっと前から君を連れて来たかったんだ

キャンドルが優しく揺れる この店のカウンターで
君はうれしそうに 彼にもらった指輪を眺めてる
≪even if 歌詞より抜粋≫
----------------

片想いって何故この世に存在するのでしょうか?そんなことを考えたくなるような、切なすぎる歌い出しです。

片想いをしていると、いろいろ考えてしまいますよね。”一緒にこんな店に行きたいな”とデートを想像してみたり、”こんな話をしたいな”と相手の顔を思い浮かべてみたり。

この歌の主人公もきっと、考えに考えて「この店」を選んだのでしょう。

「キャンドルが優しく揺れる」ロマンティックな店内…良い雰囲気になりそうです。そして何より、「君」が好きそうだから「この店」を選んだのではないでしょうか。

それなのに、彼女は「うれしそうに 彼にもらった指輪を眺めている」。

歌詞から主人公の切ない気持ちが伝わってきて、泣けてきますよね。

こんなに想われているのに気が付かないのでしょうか?しかし、そんな無邪気でかわいらしいところに、主人公は惹かれているのかもしれませんね。


----------------
君の心に 僕の雫は落ちないけど
このバーボンとカシスソーダがなくなるまでは
君は 君は 僕のものだよね
≪even if 歌詞より抜粋≫
----------------

主人公は決して「君」を彼から奪おうなんて思っていません。ただ、「この店」で過ごすわずかな時間だけは、自分の方を向いて欲しいと思っているのです。

しかし、そんなささやかな願いすら叶わないことが、この先の歌詞から分かります。

----------------
会話が途切れて 二人の時間が彷徨うたび
きまって君は彼の話ばかりを繰り返す
≪even if 歌詞より抜粋≫
----------------

想いを寄せている相手の好きな人の話なんて、絶対に聞きたくないですよね。

相手に好きな人がいる事実を頭の中で消去しているからこそ、片想いが成立するのではないでしょうか。

しかし、あえて彼がいることを強調し、主人公に自分との恋愛を諦めてもらおうと思っているのではなさそうです。

彼に夢中で、主人公が自分に恋愛感情を持っていることにも気が付かないのでしょう。そして、彼のこと以外見えてないからこそ、目の前にいる主人公にも彼の話をしてしまうのです。

きっと主人公は彼女とのデートを楽しみにしていたに違いありません。しかし、こんな罰ゲームのような展開になってしまい、主人公の気持ちを考えると聴いている方も泣けてきます。

カシスソーダというアルコール度数が低めで、酔いにくいお酒を飲んでいる「君」。もしかしたら、この後彼と会うのかもしれませんね。

それがわかっている主人公が、「君」を彼の元へ返す時間を気にしている様子が、次の歌詞から読み取れます。


----------------
鍵をかけて 終電を越えて 君がこの店から帰れないように
今はただ独りよがりだけど 本当の気持ちなんだ
君もいっそ酔ってしまえばいい そして彼のことを忘れちゃえばいい
だけど残りのバーボンを今飲み干して 時計の針を気にした
≪even if 歌詞より抜粋≫
----------------

どこまで行っても交差することのない二人の想い。

彼女を独占したいのに、彼女のために時計の針を気にする主人公。優しすぎるくらい優しい主人公の気持ちが切ないですね。

心傷ついても「half of me」


次に紹介したい曲は『half of me』。なんと、『even if』のストーリーの続きなのです。
----------------
君が置いていった雑誌には コップのシミが出来て
乾いて消えるかと思ったら 痣のように残った
≪half of me 歌詞より抜粋≫
----------------

雑誌の上に、飲み物が入ったコップを置いたのは「君」でしょう。細かいところにこだわらない無邪気な女性。きっと、『even if』の「君」と同じ女性だと思われます。

----------------
あたりまえは いつももろい 君がいない世界が待ってる
いつものような 僕でいられるけど 誰にも気づかれずに泣いていた
≪half of me 歌詞より抜粋≫
----------------

二人の間には進展があり、二人でいることが「あたり前」になる日が来たのです。きっと主人公は「君」のことをとても大切にしたでしょう。

しかし、それでも別れることになってしまった。

『even if』と『half of me』の歌詞から、主人公がこれ以上ないくらい深く「君」を愛し、「君」に彼がいた頃は「カレシのいる女性」の立場を尊重して、彼との仲を邪魔しないように頑張ってきたことが伝わります。

こんなに愛しても、こんなに努力しても、そして、主人公がこんなにも優しくて良い人であっても、うまくいかない関係があるのです。

それはもう努力ではどうにもならない、「縁」が関わっていることなのかもしれません。


----------------
抱えた傷は形を変え いつしか体の一部になる
人はどうして 叶えられぬものを 引きずりながら生きて行くのだろう?
≪half of me 歌詞より抜粋≫
----------------

失恋して心の傷を抱えることになった主人公。心の傷は「君」と出会い、恋愛した証ですよね。

これから先、「君」の隣で生きていくことは出来ないのかもしれない。もしかしたら、もう二度と会えないのかもしれない。

でも、主人公は「君」を愛した証と共に生きています。それは心の中にいる「君」と一緒に生きていることにならないでしょうか?

主人公は死ぬまで、こんなにも深く愛した相手と、心の中で共にいるのだと解釈することはできないでしょうか?

心の傷のないときには、もう戻れない。「君」と出会ったことによって、主人公は確実に変わったのです。

でも、その変化すら主人公は後悔していないように感じられます。

ずっと君と共にいる「瞳をとじて」


最後は平井堅のバラードといえば、誰もが心に浮かべるこの一曲。『瞳をとじて』を紹介しましょう。

----------------
いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな
今の痛み抱いて 眠る方がまだ いいかな
あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は
瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる
≪瞳をとじて 歌詞より抜粋≫
----------------

ここでも、「君」とのことで受けた心の傷が消えて、「なにも感じなくなる」くらいなら、「今の痛み」と共に在ることを望んでいる主人公の気持ちが表現されています。

「君」と出会って恋愛をしたからこそ、心も体も「君で輝いている」のでしょう。

----------------
記憶の中に 君を探すよ それだけでいい
なくしたものを 越える強さを 君がくれたから
≪瞳をとじて 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞から、「君」と恋愛をして変わった主人公の姿が伝わってきます。「君」は主人公の強さを形作る存在として、ずっと共にあり続けるのでしょう。

泣きたい夜に聴きたい平井堅のバラード

泣きたい夜は誰にでもあると思います。泣いてしまった方が、少しは楽になるときもあるでしょう。それでも、悲しみのあまり心が緊張してしまい、泣けないこともありますよね。

そんなときは、平井堅の極上のバラードを聴いてみませんか?ただひたすらに「君」を想う主人公の気持ちが切なすぎて、気が付くと涙がこぼれてしまいます。

その涙と一緒に、悲しい気持ちも押し出せるかもしれませんよ。

TEXT 三田綾子

平井堅は大阪府出身のシンガーソングライター。1992年の大学在学中に、Sony Music Entertainment Auditionに自作のビデオを応募して当選したことがきっかけとなり、翌1993年、ソニーレコードとの契約に至る。 美しい高音且つ伸びのある声と、老若男女問わず幅広い層からの共感を呼ぶ歌詞も評価が高···

この特集へのレビュー

女性

ユーミン

2019/11/28 04:27

even if を歌いながら泣いた堅さんが忘れられません。私だったらこの歌と歌って泣いた堅さんを笑えません。多分そう思った時から、堅さんのコアなファンになっていた気がします。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

平井堅 最新情報

イベント情報

●WOWOW Presents「Ken’s Bar Special!! in SHANGHAI」先行試写会

<東京>
日程:2020年1月28日(火)
会場:東京都内某所

<大阪>
日程:2020年1月29日(水)
会場:大阪府内某所

応募期間
12/24(火)夜7:00 ~ 1/17(金)昼12:00

人数:各会場30組60名様をご招待
来場特典:Ken’s Bar×WOWOW オリジナルグッズ

▷詳細はこちら

平井堅 Profile

三重県名張市出身。1995年デビュー。

2018年10月発表の最新シングル『half of me』を含め45枚、最新アルバム『THE STILL LIFE』含めオリジナルアルバム9枚をリリース。

歌謡曲は勿論のことR&B、POP、ROCK、HIPHOP、HOUSEなど多種多様なジャンルに傾倒し、数多くのヒット作品を輩出。累計3,000万セールスを記録する。

日本人男性ソロアーティストとしては初めてのMTV UNPLUGGEDの出演や、スティーヴィー・ワンダー、ジョン・レジェンド、ロバータフラッグ、美空ひばり、坂本九、草野マサムネ、安室奈美恵など時代/ジャンル/国境を越えたコラボレーションを実現。

これまでに4枚のALBUMでミリオンセラーを記録し男性ソロでは歴代No.1の記録となるなど、記憶と記録に残る活動を続ける。

▷平井堅 Official Website  

児玉かほ・桃花あや、BIGO LIVE…

【関ジャム】この一行が凄い! グッとく…