1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. amazarashi
  6. 「未来になれなかったあの夜に」はどん底を肯定してくれる歌である

【歌詞コラム】「未来になれなかったあの夜に」はどん底を肯定してくれる歌である

ぎゅっとまとめ
  • 秋田ひろむの過去や今に対する思いが込められている
  • 「悔しさ」を、「夢」を追いかけるエネルギーに
  • 人の醜い部分も全て肯定してくれる歌詞が心に響く

このアーティストの関連記事をチェック

その歌詞に込められた思いとは?amaz…

2019年11月20日に先行配信がスタートした『未来になれなかったあの夜に』。楽曲と共に人気俳優らが出演するMVも注目を集めており、YouTubeでの再生回数は100万回を突破。amazarashiの思いが込められたこの曲の歌詞を独自に考察しました。

公開日:2020年1月4日 更新日:2020年1月4日


この記事の目次
  1. ・過去には別れも経験してきた
  2. ・泥だらけになりながら追いかける夢
  3. ・「くそくらえ」と歌ってくれる存在
  4. ・amazarashi 最新情報
  5. ・配信情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・amazarashi Profile

過去には別れも経験してきた


----------------
「色々あったな」の 色々の一つ一つを
つまびらかにしたくて ペンを取ったわけですが
もう君の好きにしてよ 僕も大概好きにしてきた
僕の事は忘れて 他に行きたい場所があるんなら
≪未来になれなかったあの夜に 歌詞より抜粋≫
----------------

『未来になれなかったあの夜に』のMVはamazarashiのボーカル・秋田ひろむの過去を題材にして作られており、歌詞にも音楽を生業とする秋田ひろむの過去や今の思いが込められています。

バンドを続けていくことは、想像以上に大変なことです。

たとえ一時は気が合ってもやはり夢を追いかける人間同士、ぶつかり合うことも多くあり、それが原因で解散してしまうバンドもたくさんあります。

秋田ひろむも、これまで人間関係のもつれからバンドが続けられなくなったこともあるのかもしれません。

自分のやりたい音楽にメンバーを付き合わせてきた部分もあるでしょう。

でも「もう、それぞれ自分のこともバンドのことも忘れて好きなように生きてほしい」という秋田の思いを表現したような言葉が綴られています。

泥だらけになりながら追いかける夢


----------------
名誉ある潔い撤退より 泥にまみれ無様な前進を
尻尾を振る称賛の歌より 革命の最中響く怒号を
あの日の情熱の火はいずこ 悔しさを並べたプレイリスト
そぞろリピート音楽と風景 後悔、浄化する過去の巡礼
≪未来になれなかったあの夜に 歌詞より抜粋≫
----------------

「夢を追い続ける」という言葉は綺麗ですが、売れないバンドマンをずっと続けるより潔く諦めてしまった方がいいこともあるでしょう。

でも、彼はたとえどんなにみっともなくても自分の夢を追いかけ続けることを選んだのです。

夢を諦めてしまえば周りに合わせたり、相手の機嫌を取ったりして疲れることがあっても、一人で革命を起こして立ち向かうことより苦労は少ないでしょう。

また、悔しさは時には夢を追いかけるエネルギーにもなります。

「悔しさを並べたプレイリスト」とは、自分より先に売れていった人たちの曲を並べたプレイリストではないでしょうか。



「くそくらえ」と歌ってくれる存在

----------------
まさかお前、生き別れたはずの 青臭い夢か?恐れ知らずの
酒のつまみの思い出話と 成り下がるには眩しすぎたよ
なじられたなら怒ってもいいよ 一人で泣けば誰にもバレないよ
そんな夜達に「ほら見たろ?」って 無駄じゃなかったと抱きしめたいよ
未来になれなかった あの夜に
≪未来になれなかったあの夜に 歌詞より抜粋≫
----------------

いつまで経っても諦め切れず、忘れられない夢。

「生き別れたはず」という表現からは、たとえ一度は手放そうとも心の底からなかったことにして諦めることができていない、夢への思いの強さが感じられます。

思い出話や、お酒のつまみの笑い話にも到底できません。

それはまだ自分の心の中で本気で夢を諦める覚悟などできていないからです。

夢を馬鹿にされて悔しくて一人で泣いた夜も、いつかはきっと報われる、つまり未来に繋がっていく夜なのです。


----------------
醜い君が罵られたなら 醜いままで恨みを晴らして
足りない君が馬鹿にされたなら 足りないままで幸福になって
孤独な奴らが夜の淵で もがき苦しみ明日も諦めて
そんな夜達に「ざまあみろ」って 今こそ僕が歌ってやるんだ
未来になれなかった あの夜に
ざまあみろ
≪未来になれなかったあの夜に 歌詞より抜粋≫
----------------

どれだけつらい夜があってもそれを「くそくらえ」「ざまあみろ」と踏み付けて、踏み台にしてやればいい。

「未来になれなかったあの夜」にも意味があったことを実感できた自分が、今度はあの夜の真っ只中にいる人たちに向かって歌ってやる。

力強い言葉とともに「そのままでいい」と聴く人の醜い部分も全て肯定してくれる歌詞が心に響きます。

どん底の人たちを救ってくれるこの曲は、amazarashiらしい応援歌なのです。

▲amazarashi 『未来になれなかったあの夜に』Music Video


TEXT ぽんつ

amazarashiは2007年に青森県で結成された。メンバーはヴォーカル、ギターの秋田ひろむと、キーボードの豊川真奈美の2人。デビューのきっかけは、現事務所であるレインボーエンタテインメントのA&Rが、青森県のラジオ局を訪れ地元インディーズバンド紹介のコーナーで楽曲を聴いたことがきっかけとな···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

邦楽シーンを俯瞰する、今最も賢いバンド…

物語の謎を暴けるか?「サイコパス3」に…