1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. ボーカロイド
  4. ボーカロイド&特集
  5. v flower
  6. お洒落でカッコいい!大人気ボカロ「フィクサー」の魅力とは!?

【特集】お洒落でカッコいい!大人気ボカロ「フィクサー」の魅力とは!?

ぎゅっとまとめ
  • 『フィクサー』の人気ぶりや、どのような気持ちで作った曲かを紹介
  • 『フィクサー』の作詞作曲者・ぬゆりについて、新アルバムについて
  • おすすめの「歌ってみた」動画を3つ紹介

このアーティストの関連記事をチェック

2020年8月TikTok最新話題曲!…

2017年のボカロシーンを代表する名曲『フィクサー』をご存知ですか?ジャズの雰囲気とダンスミュージックの要素を持ちあわせた、クールで大人の色香を感じるメロディは、中毒性が高いです。この記事では『フィクサー』の魅力について紹介します。

公開日:2020年1月15日 更新日:2020年1月15日

Editor

有紀


この記事の目次 []
  1. ・危険な香りの中毒曲!
  2. ・歌・曲・アレンジ…ぬゆりの才能!
  3. ・3つ紹介!おすすめの「歌ってみた」!
  4. ・まふまふ×luz
  5. ・獅子神レオナ
  6. ・めいちゃん
  7. ・「フィクサー」を超えていけ!

危険な香りの中毒曲!

▲フィクサー / flower - ぬゆり

2017年3月22日に公開された『フィクサー』は、ぬゆりによって作られたボカロ曲で、歌唱ボーカロイドはflowerです。

なんと『フィクサー』は、公開後1か月を待たずに10万超えで殿堂入りした大ヒット曲で、2017年開催の「ニコニコ超パーティ2017」のトレイラーでも使用されました。

2018年7月30日に、ニコニコ動画の再生数が100万を超え、伝説入りを果たしています。

ちなみに「VOCALOID伝説入り」とは、ニコニコ動画で100万再生を達成したVOCALOID曲に贈られるタグのことです。

▲ニコニコ超パーティー2017 出演者発表トレイラー第一弾

『フィクサー』(英:fixer)の意味は、「正規の手続きを経ずに事件などを陰で調停・処理して報酬を得る人」のこと。

そのまま「フィクサー」として使われることも多いですね。

たしかに、時に黒幕とも訳され、表に出ずに暗躍する『フィクサー』のイメージのように、歌詞からもメロディからも危険なにおいがします。



『フィクサー』はイントロの格好良さから心が奪われますよね。

色気と危険な香りが漂い、引き込まれる魅力があります。

「パッパッパッパリラ」が頭から離れなくなる、中毒性の高い楽曲です。

ぬゆりはインタビューで「『フィクサー』は、スネアを使わずにキックとハイハットのループばかりで作ろうと思ってできた曲でした。」とコメント。

『フィクサー』は、ぬゆりの楽曲の中でもジャズ感が色濃く出ていて、コード感もかなりおしゃれな仕上がりの楽曲になっています。

カラオケランキングでも、ぬゆりのボカロ曲の中で最も順位が高く、その人気がわかります。

『フィクサー』は、2017年12月29日発売の、ぬゆりの4thアルバム『plotoplan』に収録されています。

歌・曲・アレンジ…ぬゆりの才能!

▲フィクサー / ぬゆり

『フィクサー』の作詞作曲者であるぬゆりは、2012年から活動するボカロP兼シンガーソングライターです。

現存する楽曲の中で一番古いのは2012年7月27日に投稿された「アンキャッチ」ですね。

もともとは「ヌルット」でデビューし、その後「ぬるり」に変更してから、現在の「ぬゆり」名義になりました。

2016年、鏡音リンオリジナル曲『DE-Pression』で投稿から2年越しで、初のVOCALOID殿堂入りを達成。

2017年の『フィクサー』で、完全に人気に火がつきました。

シンガーソングライターでもあるぬゆりは、『フィクサー』も自分で歌って動画にあげています。

自分で作った曲を自身の解釈で歌っているからか、なんだか歌詞に重みを感じますね。

▲フラジール / GUMI - ぬゆり

ぬゆりは『フィクサー』の他にも『フラジール』、『命ばっかり』など数々のビッグヒットを生み出しています。

ぬゆりの作る楽曲は、どこか神経をなでるようなメロディと、なにかしら焦燥感を感じさせる歌詞が特徴ですね。



この独特の不安定な世界観こそが、ぬゆりの魅力と言えます。

また、ニコニコインディーズでもインスト楽曲を投稿しており、2017年に『coffin』がニコニコインディーズ殿堂入りを果たしました。

さらに、「ずっと真夜中でいいのに。」の話題曲『秒針を噛む』ではアレンジも手がけ、その才能をいかんなく発揮しています。

3つ紹介!おすすめの「歌ってみた」!

『フィクサー』は「歌ってみた」動画に、色っぽく、力強く、小悪魔的など、さまざまな歌い方であげられています。

ここでは、おすすめの「歌ってみた」動画を3つご紹介します。

まふまふ×luz

▲フィクサー/まふまふ×luz【歌ってみた】

まふまふ×luzという、高音イケボと低音イケボの、神がかったコラボです。

最初のささやき声の「フィクサー」で、キュン死する人も多いのではないでしょうか。

思わず、のたうち回りたくなるほどの色気ですね。

あまりのセクシーさに耳がとろけそうなイケボは、聴きごたえばっちりですよ。

獅子神レオナ

▲【歌ってみた】フィクサー/獅子神レオナ【Vtuber】

歌詞を見なくてもハッキリと聴き取れる、滑舌の良さが素晴らしいです。

すごくカッコいいのにどこか可愛い。歌声も、きれいで魅力的です。

声・音楽・イラスト・配色、すべてひっくるめて魅了されますね。

めいちゃん

▲フィクサー / ぬゆり(Cover) めいちゃん

正統派のスッと耳に入り込んでくる歌声。

語尾の切り方が、とてもかっこいいです。

力強く爽やかな歌い方のアレンジが素敵です。

「フィクサー」を超えていけ!



『フィクサー』を手掛けたぬゆりは、2018年12月に、Vocaloidアルバム『Outer Sample』を発売。

『フィクサー』を収録したアルバム『plotoplan』以来1年ぶりのアルバムとなる今作には、『ディカディズム』『終末じゃない』など10曲が収録されています。

お洒落で聞き心地が良く歌詞も奥深い『フィクサー』の空気感をさらに深め、心を揺さぶるものになっていますよ。

「一か所にとどまらずに、これからも新しいものを作り続けていきたいですね。」と語るぬゆりの進む先を、これからも楽しみにしたいですね。


TEXT  有紀

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

藤井風「何なんw」がやばめすぎる![し…

Official髭男dism「I LO…