1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. SiM
  6. ハードコア・レゲエ「SiM」の勢いが凄い!

【特集】ハードコア・レゲエ「SiM」の勢いが凄い!

ぎゅっとまとめ
  • SiM激しく疾走感のあるロックバンド
  • 最初で最後の武道館ライブはSOLD OUT
  • SiMの中でおすすめの曲3選
SiMは、2004年に神奈川県湘南で結成されたバンドです。レゲエパンクバンドに部類され、ハードコアやラウドなどの激しく疾走感のあるサウンドが特徴的。2013年にシングル『EViLS』でメジャーデビューを果たし、日本の音楽シーンを騒がせました。今回はそんなバンド「SiM」を紹介します。

公開日:2020年1月29日 更新日:2020年1月29日


この記事の目次 []
  1. ・SiM(シム)ってどんなバンド?
  2. ・シングル「EViLS」でメジャーデビュー
  3. ・全作品のiが小文字の理由
  4. ・メジャーデビュー後のSiM
  5. ・最初で最後の日本武道館ライブ
  6. ・SiMおすすめ曲3選
  7. ・代表曲「KiLLiNG ME」
  8. ・ゲームのテーマソング「A」
  9. ・SAND CASTLE feat. あっこゴリラ
  10. ・勢いを増すSiMの今後に注目

SiM(シム)ってどんなバンド?

画像引用元 (Amazon)

SiMの音楽はメタルやハードロックにレゲエの要素が取り入れられています。

メンバーはボーカルのMAH(マー)、ギター・シンセサイザーのSHOW-HATE(ショウヘイト)、ベースのSIN(シン)、ドラムのGODRi(ゴリ)の4人。

単独ライブツアーやイベント、フェスなど精力的に活動をしているロックバンドで、ファン層は若者が中心ですが、ロックを愛する人々に広く支持されています。

シングル「EViLS」でメジャーデビュー

画像引用元 (Amazon)

2004年、スリーピースバンド「Silence iz Mine」として湘南で結成され、翌年にSiMに改名しています。

当初現メンバーはMAH以外いませんでした。今のメンバーがそろったのは2009年のことです。

2010年のツアー中にSHOW-HATEが脳梗塞で倒れ、急遽ツアーをキャンセルするなどのハプニングもありましたが、見事回復し今も4人で激しいパフォーマンスを見せてくれています。

2012年にはSUMMER SONICに出演し、翌年の2013年の4月にジングル『EViLS』でメジャーデビューを果たしました。

全作品のiが小文字の理由



SiMの曲のタイトルや作品名の「i」は、バンド名に掛けてほとんど小文字です。

一人称や文頭の場合のみ大文字表記にしていますが、他のすべての「i」が小文字になっています。

現在の「SiM」という名前は、結成当時のバンド名「Silence iz Mine」の頭文字をとっています。

Silence iz Mineの意味は「静寂は我の物なり」。音楽の間を操るバンドという意味を持つそうです。

メジャーデビュー後のSiM



メジャーデビューを果たした2013年4月から半年後の10月にはメジャーで初のアルバム『PANDORA』をリリースし、週間オリコンチャート5位になりました。

2015年には、インディーズ時代からずっとライブハウスで開催していたイベント「DEAD POP FESTiVAL」を、初めて野外フェスという形で川崎市内の公演で開催しています。

その他、地上波の音楽番組に出演するなどしてSiMの名前と音楽はどんどん広がっていきました。

さらに大きく世間に名が知れ渡ったきっかけは、その同年にYouTubeで『KiLLiNG ME』のPVの再生数が1,000万回を超えたことでしょうか。

精力的に活動し続ける彼らの勢いは、その後も勢いを増すばかりでした。

最初で最後の日本武道館ライブ

画像引用元 (Amazon)

2016年、彼らは自ら「最初で最後」と公言し日本武道館でのライブを開催します。

「日本武道館は特別な会場であり続けて欲しい」という彼らの想いから「最初で最後」ということだそうです。

チケットはすぐにSOLD OUT。当日の会場には今までにないくらいの人数で埋まりました。

彼らの、どのライブでも演奏されてきた『KiLLiNG ME』からの幕開けに会場は大盛り上がり。

はじめてのアコースティック演奏や、サプライズの席替えまであったのです。

その場でルーレットをまわし、選ばれた2階席の4名は最前列のステージ中央席へ移動し、ライブを鑑賞しました。

SiMおすすめ曲3選

SiMの魅力のひとつはライブですが、各楽曲のMVにも強いメッセージが込められています。

SiMを聴くならこの3曲は押さえていただきたいという曲が、次の3曲です。

代表曲「KiLLiNG ME」

▲SiM - KiLLiNG ME (OFFICIAL VIDEO)


先ほどから何度か登場しているSiMの代表曲『KiLLiNG ME』です。

この曲は作詞がMAH、作曲はSiMのメンバー全員です。約3分という短い曲ですが、この曲の歌詞にも注目するとさらにMVを楽しむことができるでしょう。

SiMはサウンドやパフォーマンスはもちろん、歌詞も高く評価されています。そのことがよくわかる1曲がこちらの『KiLLiNG ME』です。

ゲームのテーマソング「A」



作詞はMAHで作曲はSiM。この曲はPlayStation4の人気ゲームソフト「龍が如く 極2」のテーマソングに起用されています。

このゲームからSiMを知ったという方もいるかもしれません。

MAHさんは「龍が如く」の大ファンだそうです。新宿歌舞伎町をイメージした街を舞台に物語を進めていくゲームで、Youtubeや配信サイトでもゲーム実況する人が多くいます。

まさにこの曲は「龍が如く」をイメージして作られた曲で、MVにもその雰囲気が大きく表れています。

SAND CASTLE feat. あっこゴリラ

▲SiM _ SAND CASTLE feat. あっこゴリラ(OFFICIAL VIDEO)

あっこゴリラは日本の女性ラッパーです。

もともとガールズバンドHAPPY BIRTHDAYでドラムを担当していた彼女はバンドの解散後、2018年からラッパーとして活動をはじめました。

作詞はMAHで作曲はSiM、5thフルアルバムの新曲として収録されています。

あっこゴリラのカラーが色濃く入ったトロピカルなMVに、なかなか見れないSiMのいろいろな表情を垣間見ることができるでしょう。

レゲエの要素が強い1曲になっています。

勢いを増すSiMの今後に注目



ロックファン・ライブファンの注目を集める「SiM」。圧巻のステージと音楽を持つ彼らの今後の活躍は、まだまだ止まることを知らないようです。

SiMの重たいサウンドに込められたメッセージや、高いエンターテイメント性に今後も目が離せません。


TEXT Imahashimiwa

NAME : SiM (Silence iz Mine) MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt) FORMED : Shonan, Kanagawa, Japan in 11/03/2004 STYLE : REGGAE PUNK (HARD CORE PUNK / NU-METAL meets SKA / REGGAE) LABEL : EMI RECORDS (UNIVERSAL MUSIC JA···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「まだいけます」阿部真央からの挑戦状!

STU48コメント到着!「無謀な夢は覚…