1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 平井堅
  6. ずるい?ずるくない?失恋した人の側にいること 平井堅「#302」

ずるい?ずるくない?失恋した人の側にいること 平井堅「#302」

ぎゅっとまとめ
  • 視聴者数300万人以上!YouTubeにも注目
  • 「#302」は「ずるいかどうか」を超えた深い愛を歌う
  • 「自分を深く愛している人と過ごす幸せ」を考えたくなる
TBSドラマ「4分間のマリーゴールド」の主題歌、平井堅の『#302』。どこまでも深く相手を愛する男性の恋心を表現した、切ない歌詞が心に残ります。この記事では、平井堅の「#302」を紹介します。

公開日:2020年2月3日 更新日:2020年2月3日


この記事の目次 []
  1. ・こんなにも深く人を愛することができる
  2. ・片想いの人と二人きりでカラオケ
  3. ・「ずるいかどうか?」を超えている愛
  4. ・自分を深く愛している人と過ごす幸せ

こんなにも深く人を愛することができる

▲平井 堅 『#302』MUSIC VIDEO

2019年12月4日にリリースされた平井堅の46枚目のシングル『#302』は、TBSドラマ『4分間のマリーゴールド』の主題歌です。

MVでは、ドラマの内容とは異なる状況の中で、片想いでありながら深く相手を愛する男性の姿が歌われていて、とても印象的でしたね。

MVも短編映画のような美しさと情感で、再生回数が300万回以上となっています。

そんな切なさに胸が締め付けられるような『#302』を歌詞を考察します。

片想いの人と二人きりでカラオケ


----------------
「カラオケしたいな」と君が突然言い出す 街は夜をはじめたばかり
面倒臭そうな顔をつくってみたけど 本当は凄く嬉しかった
≪#302 歌詞より抜粋≫
----------------

「これからカラオケに行って、好きな女性と二人きりになれる」ことが分かり、内心大いに喜びつつも、それを隠してさりげなさを装っている歌の主人公。

「面倒臭そうな顔をつくって」みせるところに親近感がわきますね。

でも、そのあとに「本当は凄く嬉しかった」と心の中でつぶやける主人公の素直さ。

出だしからリスナーの心を鷲掴みにします。

----------------
僕が歌うラブソング 真面目に聴いてる
淋しげな横顔 忘れられぬ思い出重ねて こぼれそうだよ
≪#302 歌詞より抜粋≫
----------------

「こぼれそう」な程のたくさんの「忘れられない思い出」を思い出して、淋しそうな顔をする「君」。

それらの思い出は、「僕」との間の思い出ではないですよね。

たくさん思い出があるということは、元カレとの付き合いはかなり長かったのでしょうか。

「ずるいかどうか?」を超えている愛



続きの歌詞で「僕」の歌を聴きながら「君」は泣いてしまいます。

----------------
ずるくてもいい 代わりでもいい
君の悲しみの一番近くにいたい
いつか僕が きっと僕が
彼を忘れさせる その時まで そばにいるよ
≪#302 歌詞より抜粋≫
----------------

元カレとは別れたばかりなのかもしれません。でも、失恋した人の側にいることは「ずるい」ことなのでしょうか?「僕」はずるいのでしょうか?

彼女にとってすでに終わった恋だとしても、「僕」は他の男性を心の中で想っている「君」の側にいる。

これは、彼女への愛情が深ければ深いほど、辛いことです。

「君」が笑ってくれていても、「内心はここにいるのが僕ではなくて前の彼だといいのに、と思っているのではないか?」と疑ってしまいそうです。

でも、「僕」はきっぱりと言い切っています。「代わりでもいい」「ずるくてもいい」と。

「僕」は、自分が「ずるいかどうか」や「元カレの代わりなのではないか」などの疑問よりも、「君」が笑顔になってくれることを大切に思っているのですよね。

自分のことよりも「君」が笑顔になれることを優先する「僕」の深い愛情を感じます。

自分を深く愛している人と過ごす幸せ



「自分が深く愛する人と恋愛すること」と「自分を深く愛してくれる人と恋愛すること」。どちらが幸せなのでしょうか。

これは、繰り返し議論されている「答えの出ない問い」なのかもしれません。

その人の性格や価値観によって違いますし、年を重ねるにつれて考えが変わるのかもしれないし、相手によって変わるのかもしれない。

二人の間の愛情のバランスも常に同じとは限らないですよね。

でも、この歌に限っていえば、「君」は自分をこんなにも深く愛してくれている「僕」と共に過ごすことが幸せにつながる気がします。

カラオケには「君」が誘ったのです。つまり、「君」は一緒にカラオケに行っても良いくらいの親しみを「僕」に感じていました。

それならば、「自分を深く愛してくれる人と過ごす幸せ」を考えてみてもよい気がします。

歌詞の中に、友達から相談を持ち掛けられたかのようなリアリティを感じる『#302』。タイトルはカラオケボックスの個室のナンバーの意味でしょうか。

ドラマはもう終わってしまいましたが、今一度『#302』の深い愛の世界に浸ってみませんか。


TEXT 三田綾子

三重県名張市出身。1995年デビュー。2019年12月発表の最新シングル「#302」を含め46枚、最新アルバム『THE STILL LIFE』含めオリジナルアルバム9枚をリリース。 歌謡曲は勿論のことR&B、POP、ROCK、HIPHOP、HOUSEなど多種多様なジャンルに傾倒し、数多くのヒット作品を輩出。累計3,000万セールス···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

あの人気キャラクター「うちタマ?!」が…

「Stand By You」から見る、…