1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Perfume
  6. Perfume「再生」で “再生” されるものとは?

【歌詞コラム】Perfume「再生」で “再生” されるものとは?

ぎゅっとまとめ
  • 映画「屍人荘の殺人」主題歌『再生』の歌詞を徹底解釈
  • 中田ヤスタカの独創的な世界観と言葉遊びに溢れた歌詞に注目
  • 「再生」「再生成」から感じられる"生"への執着心

このアーティストの関連記事をチェック

豪華キャストで実写化!奇想天外のミステ…

2019年11月29日に発売されたPerfumeの『再生』は、映画『屍人荘の殺人』の主題歌です。映画とマッチした楽曲の世界観や、“再生”されるものは一体何なのか、歌詞とともに紐解いていきます。

公開日:2020年2月5日 更新日:2020年2月5日


この記事の目次
  1. ・言葉遊びに溢れた歌詞
  2. ・時の流れがもたらす別れ
  3. ・失われたはずの記憶がつなぎとめるもの
  4. ・「生」への果てしない執着
  5. ・Perfume 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ツアー情報
  8. ・Perfume Profile

言葉遊びに溢れた歌詞



「このミステリーがすごい!2018年度版」をはじめ、国内の名だたるミステリーランキングで1位を獲得した小説『屍人荘の殺人』は、今最も注目度の高いミステリーといっても過言ではありません。

そんな人気ミステリー小説を原作とした映画の主題歌ということもあり、Perfumeの新曲『再生』もファンのみならず注目を集めています。

中田ヤスタカの独創的な歌詞と、Perfumeのキレのあるダンスによって生み出される唯一無二の世界観。

さっそく、歌詞の世界をのぞいてみましょう。
----------------
最大限界生きたいわ
宇宙全体が手品いやい
正真正銘未来以来
偶然性さえ運命さ
コンピューターでも解けないわ
果てしない 光線の海
全身全霊で向かうわ
再生 再生 再生成
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

中田ヤスタカの音楽は独特で不思議なものが多いですが、『再生』もまた、歌い出しから独特の世界観に溢れています。

「最大限界」「手品いやい」「正真正銘未来以来」「再生 再生 再生成」と、言葉遊びのようなテンポのよさが、1度聴くと耳から離れません。


----------------
こぼれ落ちる涙の
意味を 探していたの
ヒカリ止まる命の
夢はとっくに冷めていた
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

涙には、悔し涙や悲し涙、嬉しくて零す涙、訳も分からず、感情が溢れてこぼれる涙など、たくさんの種類がありますね。

なぜ涙を流したのか、泣いているのは自分なのか、他の誰かなのか。

涙の意味を考えるということは、誰かとの別れを思うことにもつながっています。

そして「ヒカリ止まる命」とは、まさしく生命活動を終えることを意味しているのでしょう。

生きていれば、人には様々な思いが沸き起こります。

あれがしたいこれがしたいと、まだ見ぬ未来に思いを馳せながら生きる人間の命が尽きた時、それらの夢は儚く散ってしまうのです。

「夢はとっくに冷めていた」という歌詞には、生命活動を終えた人間の悲しみ、大切な誰かの最期を見つめる悲しみに満ちています。

時の流れがもたらす別れ


----------------
いつか一人の国から
便りが届いて
だから行かなきゃ行かなきゃ
結局ぜんまいは巻かれた
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

----------------
だけど最後の国から
便りが届いて
すぐに行かなきゃ行かなきゃ
結局ぜんまいは巻かれた
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

ここで歌われている「一人の国」とは一体何を示しているのでしょうか?

命の灯火が消え、死を迎えた体。そこに「便りが届いて」、死んだ魂を呼び起こします。

「行かなきゃ」という歌詞から、「一人の国」あるいは「最後の国」からの便りは絶対的な存在であることが感じられます。

自分はまだ現世に留まっていたい、愛しい人のそばにいたい、けれど時間の流れはそんな願いを無慈悲に打ち砕くのです。

時がくれば、体は朽ち果て、否応なしに現世から旅立たなくてはなりません。

抗いようのない時の流れに必死に抵抗する悲しさと、何もできない虚しさが、軽やかなメロディーの中でも確かに伝わってきますね。

「結局ぜんまいは巻かれた」という短い歌詞の中に、時の訪れがもたらす別れが上手く表現されています。

失われたはずの記憶がつなぎとめるもの


----------------
今も覚えているの
人でいた時の頃
キミの思い出だけが
心をつなぎとめていた
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

2番では、失われたはずの記憶が心をつなぎとめています。

体は朽ち果て、とうに人ではなくなったはずなのに、遠い記憶に残る「キミ」の存在や、「キミ」と過ごした思い出だけが、自分がかつて人間であったことを思い出させてくれるのです。

“どうにか、あと少しだけ、この世に留まっていたい。”

”もう一度キミに会いたい。”

そんな叶うことのない虚しい思いが込められた歌詞から、改めて人が人でいられるのは心だと気付かされますね。

「生」への果てしない執着


----------------
最大限界生きたいわ
宇宙全体が手品いやい
正真正銘未来以来
コンピューターでも解けないわ
果てしない 光線の海
全身全霊で向かうわ
再生 再生 再生成
≪再生 歌詞より抜粋≫
----------------

「最大限界生きたいわ」という歌詞からも分かる通り、『再生』には「生きる」ということに対する強い執着を感じます。

「果てしない光線の海」とは、脳のことでしょうか。

人間の脳内では、様々な情報がデータとして飛び交っています。

人体の不思議は、科学や医療の発展とともに解き明かされつつありますが、まだまだ未知数な部分が多数存在します。

これほどまでに技術の発達した現代でさえ、コンピューターでも解けない感情。そんな不可思議さで複雑な人の心を見事に表現しているのです。

“人としての心を失っても、「キミ」を覚えている。体が朽ち果てても、心が求めている。”

そんな相反する衝動が生きることに執着させ、何度でも「再生」「再生成」させるのです。

『再生』で歌われるのは、失われることのない人の心なのでしょう。

はたして「全身全霊で向かう」のは一体、どこなのでしょうか?

何かを追い求めるように、記憶失くしてもなお前進し、再生し続ける姿が、どこか悲しく、愛おしくなる楽曲です。

楽曲を聴いた上で映画を観ると、また違った印象になりますよ。

すでに楽曲を知っている人も、映画を観た人も、改めて映画館で楽曲と作品を一緒に観てみると、新たな魅力に出会えるかもしれません。

また、『再生』のMVが公開され、その振り付けにも注目が集まっています。

独特の振り付けが楽曲の雰囲気にも合っていてとても魅力的です。まだ見ていない方はぜひチェックしてみてくださいね。


TEXT 岡野ケイ
▲[Official Music Video]Perfume 「再生」

Perfumeは、日本の女性3人組ユニットである。中田ヤスタカがプロデュースを担当している。アミューズ所属。レコードレーベルはPerfume Records/ユニバーサルJである。メンバー全員広島出身。アクタースクール広島で出会い、2003年に上京し活動するまでは、広島を拠点に活動するローカルアイドルと···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

愛され続ける米津玄師「アイネクライネ」…

冷たい冬に宿る暖かさを教えてくれた、中…