1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 女性アイドル&特集
  5. 欅坂46
  6. 可愛いだけのアイドルじゃない欅坂46が超絶凄い!

可愛いだけのアイドルじゃない欅坂46が超絶凄い!

ぎゅっとまとめ
  • 欅坂46は多くの著名人のファンも獲得する、他とは一線を画したアイドル
  • 「笑わないアイドル」であり、グループの絶対的エース平手友梨奈の脱退発表
  • 欅坂46の楽曲の中でおすすめ3選
秋元康プロデュースのもと、2015年8月に欅坂46は誕生しました。今までのアイドルの概念を覆すような、強いメッセージ性を持った歌を歌う彼女たちは、男性のみならず女性の間でも絶大な人気を得ています。 今回はそんな、強い存在感を放つ欅坂46について紹介します。

公開日:2020年3月8日 更新日:2020年3月19日


この記事の目次 []
  1. ・他とは違う欅坂46の魅力とは?
  2. ・もともと「鳥居坂46」になる予定だった
  3. ・あの有名人たちも欅坂46のファン
  4. ・平手友梨奈の脱退を発表
  5. ・欅坂46を聴くならおすすめの曲3選
  6. ・「サイレントマジョリティー」
  7. ・「不協和音」
  8. ・「二人セゾン」
  9. ・新しい幕を開ける欅坂46の今後に注目

他とは違う欅坂46の魅力とは?


アイドル好きのみならず、今までアイドルを好きになったことがなかった人たちでさえ、欅坂46に熱い関心を寄せています。

その理由のひとつとして、社会風刺を思わせる彼女たちのパフォーマンスがあるかもしれません。

欅坂46とは、一体どんなグループなのでしょうか?

もともと「鳥居坂46」になる予定だった


欅坂46は、乃木坂46に続く坂道シリーズの第2弾グループとして結成オーディションが開催されました。

しかし、当初は「鳥居坂46」という名前でメンバー募集をしていたそうです。

鳥居坂は東京都港区にある坂の名前ですが、突然、平仮名表記の「けやき坂46」に改名することが発表されました。

何故「鳥居坂」から「けやき坂」に変わったのか、理由は現在も不明です。

しかもその後、画数占いをした際に、スタッフがミスで漢字表記の「欅坂46」を占い師に伝えてしまい、漢字のほうが運気がよかったため、現在のグループ名に決定されたそうです。

あの有名人たちも欅坂46のファン

画像引用元 (Amazon)

欅坂46は、著名人からも絶大な人気を獲得しています。

テレビ番組の司会などで活躍する、芸人の内村光良は、彼女たちをイチオシのグループだと公言しています。2017年の紅白歌合戦で司会を務めた際には、彼女たちとともにパフォーマンスを行ったほどです。

女芸人のいとうあさこも、欅坂46の曲は「とにかくいい!」とラジオでコメント。いとうもまた、日テレ系テレビ番組である音楽の祭典「ベストアーティスト2017」にてダンスコラボをしています。

歌舞伎役者の中村勘九郎は「サイレントマジョリティーで欅坂46が出てきたときは、今までのアイドルと一筋も二筋も違い衝撃的だった」と、話しています。

「ストロベリーナイト」で広く名前が知れ渡った小説家の誉田哲也も、自身のTwitterで欅坂46について度々つぶやいていました。

「幽遊白書」「HUNTER×HUNTER」などの作品を世に送り出し、大ヒットさせた漫画家の冨樫義博もまた、彼女たちのファンです。

他にも吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)やイルカなど、有名音楽家たちをも魅了しています。

著名人のコメントからもわかるように、欅坂46は、今までアイドルに関心を持っていなかった人でさえトリコにする魅力を持っているようです。

平手友梨奈の脱退を発表


1枚目のシングルからずっとグループのセンターを務めてきた平手友梨奈の脱退が、2020年1月23日に欅坂46の公式ホームページにて発表されました。

平手はグループのエースであり、個性的な主張で「信者」とまで呼ばれる熱狂的なファンが多くついています。

パフォーマンス中に笑顔を見せない平手は「笑わないアイドル」と言われ、鬼気迫る雰囲気から、カリスマ的な存在でした。

普通、秋元康プロデュースのグループでは、グループを抜けるメンバーを「卒業」というため、ファンの間では「脱退」という言葉についてさまざまな憶測が飛び交いました。

平手の脱退に関して、詳しい理由はまだ公開されていません。

「笑わないアイドル」にはアンチも多く、ネット上でバッシングを受けることもあったようです。

好き嫌いが両極端に分かれる平手の存在。どうしたって世間の注目を集めてしまう彼女独特の魅力が故であるといえるでしょう。

平手だけでなく、キレのあるダンスで人気の鈴本美愉、平手不在の際にセンターをつとめていた織田奈那も、グループを去ることが発表されました。

秋元康プロデュースのアイドルグループは今まで、ピンチこそ大きなチャンスに変えて世の中を感動させてきました。

欅坂46には魅力的なメンバーがたくさんいます。

圧倒的なカリスマ性を持っていた平手不在の今、欅坂46はあらゆる可能性を持っているとも言えるでしょう。

欅坂46を聴くならおすすめの曲3選

ここからは欅坂46の楽曲の中でも、特におすすめの3曲を紹介します。

彼女たちの魅力は、なんといっても今までのアイドルとは一味も一味も違う楽曲とパフォーマンスです。

MVを見れば、きっとそのことをわかっていただけるでしょう。

「サイレントマジョリティー」

▲欅坂46 『サイレントマジョリティー』


2016年4月6日にリリースされた欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』は、世の中に衝撃をあたえました。

YouTubeでの再生回数は1億4千万を越え、今の社会を風刺したような曲の強さと激しさを感じさせるパフォーマンスに、ファンが急増しました。

発売前につけられていた仮タイトルは『僕らの革命』。

アイドルの楽曲としては大変珍しく、高音ボイスよりも低音ボイスが目立つ歌唱です。

『サイレントマジョリティー』という言葉が意味するのは「沈黙する大衆」「静かな多数派」です。まさに現代の若者が抱く想いを代弁しているような1曲です。

ストライプインターナショナルの「メチャカリ」のCMソングにも起用されています。

「不協和音」

▲欅坂46 『不協和音』


2017年4月5日にリリースされた4枚目のシングルです。『サイレントマジョリティー』同様、作詞は秋元康でバグベアが作曲をつとめました。

楽曲の雰囲気や歌詞は、ロックやパンクを思わせます。

曲中に出てくる「僕は嫌だ」のセリフも特徴的で、多数あるリリース候補楽曲の中からこの曲が選ばれたのも、このセリフが決めてだったのだとか。

メンバーのこちらを睨みつけるような鋭い目と、激しいパフォーマンスがとても印象的なMVです。

「二人セゾン」

▲欅坂46 『二人セゾン』


秋元康作詞、SoichiroK・Nozomu.S作曲のもと、2016年11月30日にリリースした3枚目のシングルが『二人セゾン』です。

『サイレントマジョリティー』や『不協和音』と違い、切ない雰囲気の楽曲になっています。

この曲が1番好きだというファンも多いようです。

いつも強さを見せてきた欅坂46が、綺麗なメロディラインを歌うことで「本当の儚さ」が表現されたからかもしれません。

ダンスは、モダン・バレエ、クラシック・バレエ、コンテンポラリー・ダンスの3つが融合されたもので、そのパフォーマンスも注目を浴びました。

新しい幕を開ける欅坂46の今後に注目


欅坂46は「夢を見せるアイドル」ではなく「リアルを見せるアイドル」として、新しい時代のパフォーマンスをみせてくれています。

今後、どんな世界を見せてくれるのか、彼女たちから目が離せません。


TEXT Imahashimiwa

秋元康総合プロデュース。応募者2万2509名のオーディションを経て、2015年8月に乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとなる欅坂46として誕生。 2016年4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。同年末にはデビュー···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

色褪せない感動!新世代ロボットアニメ「…

国民的アイドル「嵐」の二宮和也はソロ曲…