1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. NakamuraEmi
  6. 魂を揺さぶる「ONNA」の叫び!NakamuraEmiの魅力とは

【特集】魂を揺さぶる「ONNA」の叫び!NakamuraEmiの魅力とは

ぎゅっとまとめ
  • 真っ直ぐなメッセージを伝えるNakamuraEmiの魅力を徹底解説
  • はじめてNakamuraEmiを聴く人にオススメしたい3曲を紹介
  • 今後の活躍に期待が高まる、シンガーソングライターとしての今後とは

このアーティストの関連記事をチェック

ラジオ"パワープレイ"を大特集!!今月…

真っ直ぐなメッセージを伝えるNakamuraEmiの魅力を徹底解説 はじめてNakamuraEmiを聴く人にオススメしたい3曲を紹介 今後の活躍に期待が高まる、シンガーソングライターとしての今後とは

公開日:2020年3月7日 更新日:2020年3月19日


この記事の目次 []
  1. ・人気のヒミツはこれだ!今、勢いに乗るシンガーソングライターの魅力とは
  2. ・赤裸々な歌詞と秀逸な言葉選び
  3. ・まずはここから聴き始めよう!オススメの3曲
  4. ・「YAMABIKO」
  5. ・「大人の言うことを聞け」
  6. ・「東京タワー」
  7. ・2020年も期待大!今後の躍進からますます目が離せない

人気のヒミツはこれだ!今、勢いに乗るシンガーソングライターの魅力とは


生々しい歌詞の表現と心を揺さぶるメロディの運びが印象的な、シンガーソングライターNakamuraEmi。

大学生時代にボーカルとしてバンドを組んでいた経験を生かし、アーティストとしてライブ出演を開始したのは2007年になります。

ピアノやギターを用いた弾き語りを中心に活動を続け、じわじわと話題性を高めていきました。

当初は王道のポップス楽曲を制作し披露していた彼女ですが、そんな中出会ったヒップホップやレゲエといったジャンルに影響を受け、自身の音楽性を変化させていったと語っているそうです。

また影響を受けたアーティストとして無骨なメッセージを歌い上げる竹原ピストルの名も挙げており、このようなエピソードからも彼女が生み出す楽曲のルーツを知ることができますね。

赤裸々な歌詞と秀逸な言葉選び


NakamuraEmiの魅力のひとつは、なんといっても自身の豊かな感覚を赤裸々に綴った歌詞です。

人間の持つ様々な感情に女性らしい美しさをプラスした芸術的な言葉選びは秀逸と言えます。

思わず心が揺さぶられるような、真っ直ぐに耳に届くメッセージは多くのファンを虜にしています。

作詞だけでなく高い作曲センスも人気の理由の一つです。先ほども紹介した通り、自身のルーツに挙げているのはヒップホップやレゲエといったジャンル。

同じ展開の音楽を何度もループさせ、その上にメロディを配置していく手法は非常にヒップホップ的と言えるでしょう。

彼女自身もそれに合わせてなるべく言葉の韻を踏むようにしているそうです。

また浮遊感あるベースラインや、伸びやかに動き回るボーカルの旋律にはレゲエ的な香りを感じさせますね。

彼女は洋楽志向の音楽に裏打ちされた高い音楽性と、言葉を力強く伝える作詞のテクニックを兼ね備えており、その人気のワケにも思わず納得ですね。

まずはここから聴き始めよう!オススメの3曲

力強い歌詞と高い音楽性で人気のNakamuraEmiは、デビュー以来数多くの作品を発表しており、どの楽曲にも彼女らしいメッセージが込められています。

そんな名曲の中からオススメの3曲を紹介します。

「YAMABIKO」

▲NakamuraEmi「YAMABIKO」Music Video


2016年に発売したメジャーデビューアルバム『NIPPONNO ONNA WO UTAU BEST』の1曲目に収録されている『YAMABIKO』は、力強いアコギの音色に乗せて歌われ、彼女らしい力強く鮮やかなリリックです。

中盤に展開される「◯◯の道なら」のリフレインのパートでは、まくし立てるように畳み掛ける叫びの連続が楽曲にパワーを与えており、スピード感あふれるサウンドと合わせて聴き手を飽きさせないパフォーマンスのひとつとなっています。

「大人の言うことを聞け」

▲NakamuraEmi「大人の言うことを聞け」Music Video



メジャーデビューの翌年、2017年に発表されたセカンドアルバム『NIPPONNO ONNA WO UTAU Vol.4』の1曲目に収録の『大人の言うことを聞け』は、アコギを主体としたサウンド等、今までの楽曲との共通点も残しつつ、柔らかく語りかけるような歌声や踊るようなエレキギターの音色、美しいコーラスワークなどが加わったアレンジとなっており、泥臭さの抜けたスタイリッシュな印象の楽曲に仕上がっています。

メジャーでの音楽活動を経て、新たな音楽性を手に入れた彼女の個性が光る一曲となっています。

「東京タワー」

▲NakamuraEmi「東京タワー」


2020年発売の最新アルバム『NIPPONNO ONNA WO UTAU BEST2』に収録のリード曲『東京タワー』は、荒削りな弾き語りの雰囲気はさらに洗練され、現代の音楽シーンのトレンドを捉えたようなオシャレなサウンドメイクが印象的な楽曲です。

都会的で夜のイメージが強い「東京タワー」をテーマに、夜景を望む孤独な主人公の姿を描いた歌詞はまさに現代に生きる人々に刺さるような言葉で紡がれています。

2020年も期待大!今後の躍進からますます目が離せない


日本語を洋楽的なリズムの上に巧みに乗せ、エネルギーあふれる歌声で歌い上げる。

NakamuraEmiの特徴を言い表すならそんな一言が似合うでしょうか。

時に燃えるように激しく、時に寄り添うように優しく、痛みを感じるほどに真っ直ぐで正直なメッセージが多くの人の心を揺さぶります。

活動を続ける中でTVアニメやドラマとのタイアップも行い、着実にファン層を拡大している彼女。

インディーズ時代から培ってきた表現力と歌唱力の高さを生かし、今後もさらなる飛躍を見せてくれることでしょう。

NakamuraEmiのこれからの活動に目が離せませんね。


TEXT ヨギ イチロウ

神奈川県出身の日本の女性シンガー・ソングライターである。2007年から活動を始めているが、当初は中村絵美名義(本名)であり、現在のスタイルとは違い、ギターやピアノを使用したバラードの弾き語りをしていた。活動していく中で、ヒップホップやジャズ、レゲエ、そしてアーティストでは竹原ピス···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

自分のキラメキを信じろ!「魔進戦隊キラ…

CUBERSのラップパートに革新!イン…