1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. 四星球
  6. 過去&未来の自分にメッセージ!?四星球「ラジオネーム いつかのキミ」を読み解く

【歌詞コラム】過去&未来の自分にメッセージ!?四星球「ラジオネーム いつかのキミ」を読み解く

ぎゅっとまとめ
  • 『ラジオネーム いつかのキミ』は『SWEAT 17BLUES』に収録された楽曲
  • ボーカル北島康雄が、自身の過去や未来の向けたメッセージが歌われている
  • フルで聴くとかなり深くて面白い!

このアーティストの関連記事をチェック

面白いだけじゃない!四星球「オモローネ…

「フューちゃん」って何!?四星球のセン…

面白くもホロリと泣けるような楽曲が魅力的な『四星球』。2019年にリリースしたアルバム『SWEAT 17BLUES』に収録されている『ラジオネーム いつかのキミ』も、ツッコミどころ満載で心温まる楽曲です。歌詞を読み解いていきましょう。

公開日:2020年4月14日 更新日:2020年4月14日


この記事の目次 []
  1. ・ラジオ番組風の楽曲
  2. ・サビで歌われているメッセージとは?
  3. ・後編では未来へ向けたメッセージも!
  4. ・四星球 最新情報
  5. ・配信情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・イベント情報
  9. ・四星球 Profile

ラジオ番組風の楽曲


----------------
この番組はみなさまからのお便りで成り立っています
電波に乗せて届けてみませんか いつかのあなたへ
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

楽曲にも関わらずラジオ番組風の歌詞で始まる、四星球『ラジオネーム いつかのキミ』。

2019年にリリースされたアルバム『SWEAT 17BLUES』に収録されている楽曲です。

独特な歌い出しですが、一体どのようなお便りが届くのでしょうか?

続く歌詞をチェックしてみましょう。


----------------
1988年 昭和の終わり頃 父の車 カーラジオから
ノイズまじりの『みんなのうた』
助手席では幼稚園で覚えてきたみんなの歌をハナタレがハナウタ
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

突如始まった過去の描写。

誰の話なのでしょうか?


----------------
勝負好きで負けず嫌いの5才 夢は先週と変わらず本屋さんと仮面ノリダー
趣味はお昼寝 特技はなぞなぞ
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

続く歌詞をチェックしてみると、登場人物は5才。

1988年に5才ということから逆算してみると、1983年生まれの人物であることがわかりますね。

四星球のメンバーで1983年生まれなのは、ボーカルの北島康雄のみ。

作詞を行っていることから、これは北島康雄自身が過去の自分に向けたメッセージなのではないかと思われます。

ちなみに、なぞなぞが特技だったという5才の彼。

次の歌詞では心温まる家族のシーンが歌われています。


----------------
"パンはパンでも食べられないパン"を分からないフリしてくれた後部座席の兄
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

想像するとほっこりしますよね。

サビで歌われているメッセージとは?


----------------
宝物はしまわずに常に持ち歩いている君 聞こえてるかい?
ラジオネームいつかのキミさんからのメッセージ
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

こちらは、サビ直前の歌詞。

「いつかのキミ」って、一体誰なのでしょうか?


----------------
たくさん覚えておいてくれ 失くさないでくれよ 今見てるその世界を
僕は僕のままで 君は君のままで 今は今のままわがままで
このまま終われるかって思った時が始まりさ
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭の部分で、すでにお分かりかと思いますが、おそらく「いつかのキミ」はこの楽曲を作成した当時の北島康雄。

前半では家族との心温まるシーンなどが歌われていますが、それを忘れないでほしいというメッセージが歌われています。

とはいえ、今の自分を否定しているわけではありません。

2行目では今の僕は今の僕のまま、過去の君は過去の君のままいればいいと歌っていますね。

「今は今のままのわがままで」という歌詞は「その時やりたいと思ったことをやればいい」というメッセージではないでしょうか?

そう考えると、3行目のフレーズがグッと胸に響きます。

過去の自分へのメッセージをラジオ番組風の楽曲にするなんて、非常に面白いですよね。

後編では未来へ向けたメッセージも!

1番が終わると、楽曲は15歳の自分へ向けたメッセージへと移り変わります。

好きなことに対して真っ直ぐだった5才ごろに対し、ややセンシティブな15歳。

そんな自分へは以下のようなメッセージが送られています。


----------------
夢を語ることすら恥ずかしく いつもふざけてばかりの君
聞いてるか? 起きてるか?
ラジオネームいつかのキミさんからのメッセージ

好きな歌をライブ盤のメロディーで歌ってしまうように
好きすぎると間違っているように見えるもの
でも気にせずに 好きなように歌いなさい
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

ハッとさせられる内容ですよね。

少し大人になった自分だからこその言葉なのかもしれません。

続いて、バンドマンという夢を追う25歳の自分へ向けたメッセージが歌われ、最後は今の自分。

以下のようなメッセージが送られています。


----------------
パート全てが打楽器のようなバンド かたまりになって 胸を叩いて 笑い声を奏でる
そんな曲を35歳の自分にリクエストしている
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

35歳。

まさしくこの楽曲を書いた当時の北島康雄の年齢です。

現在の四星球の人気ぶりをみると、このリクエストに答えられているのではないでしょうか?

過去の自分を肯定し、激励しつつ、現在は夢を叶えた自分がそこにいる。

非常に素敵な楽曲ですよね。

ちなみに、最後の最後は未来の自分へもメッセージを投げかけています。

タイトルの「いつかのキミ」は未来からの自分、そして過去からの自分も差していたようですね。


----------------
10年後 20年後の僕 聞いてくれてますよねえ
今日はどの町にいますか? みんな元気ですか? 腰は大丈夫ですか?
≪ラジオネーム いつかのキミ 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞の後に深い歌詞が続くのですが、まずは腰の心配をするあたりが面白いところ。

全編通して聴くとさらに深く面白いので、ぜひ最初から最後まで聞いてみてくださいね。


TEXT ゆとりーな

四星球(すーしんちゅう)は、徳島県を出身の日本のコミックバンド。メンバーは北島康雄(Vo.)、まさやん(Gt,)、U太(Ba.)、モリス(Dr.)の4人組。数度のメンバーチェンジを経験しており、2003年5月まではギターをてんほーが、2006年6月まではドラムをたけ痔が担当していた。サポートメンバー···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

その世界観に圧倒!アーティスト、Reo…

じん×佐藤大!夢のタッグが送る「LIS…