1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 山下達郎
  6. 僕らは絶対諦めない!「サマーウォーズ」をよろしくお願いしまぁぁぁすっ!!

【特集】僕らは絶対諦めない!「サマーウォーズ」をよろしくお願いしまぁぁぁすっ!!

ぎゅっとまとめ
  • 家族の絆とバトルに釘付け!『サマーウォーズ』の見どころとは?
  • 1度見たら何度も見たくなる理由とは?
  • 主題歌を歌うのは、有名シンガーソングライター・山下達郎!

このアーティストの関連記事をチェック

どん底を味わったカリスマシェフが三つ星…

夏に地上波放送される人気映画『サマーウォーズ』。リアルとネット上の人々の強い繋がりや迫力満点の頭脳戦と肉弾戦、引き込まれる仮想世界など今見ても夢中になれる作品です。この記事では、見たら心が熱くなる映画の魅力に迫ります。

公開日:2020年5月15日 更新日:2020年5月15日


この記事の目次 []
  1. ・細田守監督の代表作「サマーウォーズ」とは?
  2. ・世界の命運を懸けた夏の陣開戦!
  3. ・魅力あふれる登場人物を紹介
  4. ・見どころ1!ワクワク満載の仮想空間
  5. ・見どころ2!武器は絆と諦めない心
  6. ・主題歌は、あの夏が懐かしくなる美しいバラード
  7. ・感動はいつまでも続く
TOP画像引用元 (Amazon)

細田守監督の代表作「サマーウォーズ」とは?


画像引用元 (Amazon)

TVで放送されれば、クライマックスの名台詞「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!」でTwitterのタイムラインが埋め尽くされるほどの人気作『サマーウォーズ』。

少し気弱で数学が得意な男子高校生・小磯健二が、憧れの先輩・夏希とその大家族と共に世界の危機に愛と絆で立ち向かう、エンターテイメント超大作です。

世界規模のネットワーク仮想空間「OZ」を脅かすハッキングAI「ラブマシーン」の暴走によりOZの世界と現実世界で次々とトラブルが発生。

どんどんパワーアップしていく敵との手に汗握る大迫力のバトル!

次から次へと訪れる危機的状況。

それでも最後まで諦めない登場人物達の不屈の精神。

家族の絆や助け合う人々に心動かされる映画となっています。

▲サマーウォーズ スペシャル予告編

この映画のメガホンを取ったのは細田守監督。

『時をかける少女』『おおかみこどもの雨と雪』など数々のヒットアニメ映画を手がけてきた監督で、2009年に公開された『サマーウォーズ』は興行収入16.5億円を記録しました。

第33回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など20もの賞を受賞し、高く評価されています。

テレビでは過去5回にわたって夏に放送され、いずれも視聴率10%超え。
2020年1月には4DX上映され、公開3日間で興行収入2376万円を記録したほど、10年経った人気の衰えを感じさせない傑作映画なのです。

見たらあなたも戦う彼らの一員に。

スリリングな展開の連続、綿密に張られた伏線と鮮やかに伏線回収するドラマティックなストーリーから目が離せませんよ。

世界の命運を懸けた夏の陣開戦!

▲「サマーウォーズ」劇場用予告 ノベライズ 角川文庫

物語の舞台は、ネットワーク空間「OZ(オズ)」とリアルが直結した近未来です。

主人公・小磯健二は、数学が得意なこと以外はごく普通の男子高校生。

夏休み中、OZのメンテナンスのアルバイトをしている健二は、憧れの先輩・篠原夏希にアルバイトを頼まれました。

夏希に長野県上田市の実家・陣内家に連れられた健二は夏希から本当のアルバイトの内容を知らされます。

4日間滞在する間、婚約者のふりをしてほしい。

夏希は自分の婚約者を見せて、90歳の誕生日を迎えるおばあちゃんを喜ばせようと考えていたのです。

しぶしぶ依頼を受けた健二のもとにある晩、携帯電話に2,500程度の数字が羅列されたメールが届きます。

数学の暗号問題だと思った健二は、計算して一晩で解読。答えを返信してしまいます。

目覚めた健二がTVを見ると、そこにはOZを騒がせた張本人として自分の顔が映っていました。

彼が送ったメールは、世界トップレベルを誇るセキュリティーを開くOZの管理パスワードだったのです。

自分のアカウントは真犯人に乗っ取られ、TVを見た陣内家に、健二は犯人だと冷たい眼差しを受けてしまいます。

健二のアカウントを奪ったのは、人工知能「ラブマシーン」。

数億人以上のアカウントを奪い取り、交通網麻痺、消防や救急隊に誤報が届くなどOZと直結した現実世界をパニック状態に。

さらに小惑星探査機「あらわし」を世界500ヶ国以上ある核施設のいずれかに落とすと脅してきます。

果たして、健二はこの危機的状況を脱し、ラブマシーンの暴走を食い止めることができるのでしょうか?

健二と夏希、陣内家の世界の命運を懸けたひと夏の戦いが始まります。

魅力あふれる登場人物を紹介


画像引用元 (Amazon)

サマーウォーズには、魅力あふれる登場人物がたくさん登場します。

なかでも活躍の多い人物を紹介しましょう。

◆小磯健二(CV.神木隆之介)
東京都内に住む高校二年生。引っ込み思案で内気な理系男子。得意な数学が世界を救う鍵になる。

◆篠原夏希(CV.桜庭ななみ)
校内のアイドル的女子生徒で、健二の先輩。
曾祖母の栄から教わった花札が得意。異母大叔父である陣内侘助を慕っています。

◆陣内栄(CV.富司純子)
戦国時代から続く陣内家16代目当主にして26人の大家族の長。
年齢を感じさせないバイタリティの持ち主で、教師時代の教え子に政財界の要人を抱えるなど全国規模の人脈と人望を持っています。

◆池沢佳主馬(CV.谷村美月)
栄の曾孫の一人で部屋にこもりがちの13歳。
格闘ゲームの世界チャンピオンでありつつ、格闘を極めるため少林寺拳法の修行中。

◆陣内侘助(CV.斉藤歩)
陣内家の亡き曾祖父の隠し子。10年前に資産を持ち出し行方不明になり一族から疎まれています。夏希の憧れの人であり、健二に付けた設定「旧家の生まれ、東大卒、海外留学歴あり」は彼に由来しています。

他にも陣内家には、消防士・自衛官・救急救命士・レスキュー隊員など「人の役に立つ仕事」に従事する人々が集まっています。

本編でそれぞれの見せ場もあり、連携し合う姿がかっこいいですよ。

ここぞという時に動く武家一族・陣内家の奮闘をお見逃しなく!

見どころ1!ワクワク満載の仮想空間

▲「サマーウォーズ」エクストラムービー(TSUTAYA版・監督編集PV)

見どころは2つ。

ひとつめは、現実とバーチャルが融合した世界観です。

映画冒頭の「ようこそOZ(オズ)の世界へ」のナレーションと共に広がっていくネットワーク仮想空間「OZ」。

見ているだけで、広がる夢と希望に心がウキウキ。

自動翻訳機能を使って世界中の人とリアルタイムでおしゃべりできて、納税や投票もOZを使えば簡単に。

自分で設定したアバターを使ってスポーツや仕事も時間や場所を気にせずできて、とても便利で楽しそうで、利用してみたいですよね。

映画が公開された2009年は、TwitterやmixiなどのSNSを二つ折り携帯電話で見ていた時代。

当時ここまでスケールの大きなネットワークをリアルな世界観で描けるなんて驚きです。

それから10年経ち、SNSが浸透した現代でもOZの世界にワクワクできるほど、世界観の完成度の高さに圧倒されます。

OZを攻撃するハッキングAI・ラブマシーンもアカウントを飲み込めば飲み込むほどOZの中でパワーアップ。

そんな無敵状態のラブマシーンに立ち向かう夏希の又従兄弟・佳主馬のアバター「キングカズマ」の奮闘ぶりと、真っ正面から勝負を挑む夏希がかっこよくて、見入ってしまいますよ。

見どころ2!武器は絆と諦めない心



ふたつめの見どころは、栄おばあちゃんが電話で伝えた励ましの言葉と諦めない姿勢です。

混乱した状況において一番大切なものは、人と人のつながりだと感じられるほど、知り合い一軒一軒に電話して励ます栄おばあちゃんの姿に心動かされます。

「諦めさんな」
「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから」
「あんたなら出来る。出来るって。そうだよ。その意気だよ」

言葉一つ一つに思いやりがあって、勇気と力、自信が自然と湧いてきますね。

素朴な言葉の中に彼女の心優しく、頼もしい人柄が表れていて、どの言葉もしっかりと心に残ります。

おばあちゃんの言葉は、陣内家をひとつにまとめ、最後まで諦めない気持ちが健二、佳主馬、夏希に伝線。

そこで生まれる熱い展開の連続は見逃せません。

最初、自分にはできないと言っていた健二が物語後半では「まだ諦めてはいけない」と陣内家を励ますまでに成長。

健二が絶望的な状況に陥っても、陣内家の人たちが「諦めるな、シャンとしろ!」「自分にしか解けないんだろう」と声を掛ける姿、最後の最後まで諦めず健二がキーボードを打ち込む姿に心が揺さぶられます。

この映画を何度も見たくなる理由はきっと「最後まで諦めない姿勢」と「励まし合う姿」から生まれる、感動と熱さに心が動かされるからなのでしょうね。

主題歌は、あの夏が懐かしくなる美しいバラード




主題歌『僕らの夏の夢』を歌うのは、山下達郎。

クリスマスの定番曲『クリスマス・イブ』や、2003年に放送された木村拓哉主演のドラマ『GOOD LUCK!!』の主題歌『RIDE ON TIME』など数々の心に残るヒット曲を生み出した、シンガーソングライターです。

『僕らの夏の夢』は、大団円を迎えた物語を彩る、日本の夏のノスタルジックな美しさを感じさせる雄大なバラード。

山下達郎の優しく温かい歌声と、夏の入道雲のような情緒あふれるゆったりとしたサウンドが心地よく、映画の感動の余韻にしっかり浸れる曲に仕上がっています。

歌い出しの「あの丘の向こうに僕らの夏がある 変わらないもの 美しいもの すべてそこにある」から、長野の陣内家周辺の自然豊かな風景が目に浮かびませんか。

健二達がひと夏の戦いを終えて東京から戻ってきて、陣内家の人たちのぬくもり、絆の強さと美しさを振り返っているようにも感じてくるでしょう。

サビの「心と心を重ねて 光の滴で満たして 手と手を固く結んだら 小さな奇跡が生まれる」では、人と心が通い合う美しさを、爽やかに丁寧に歌っていて心に染み渡ります。

健二が少しずつ陣内家の人々と気持ちを通わせ、力を合わせてピンチを乗り越えた姿と重なっていて、胸が熱いですね。

この主題歌を聴くだけで、長野の陣内家の美しい絆と「つながり」の大切さを教えてくれた栄おばあちゃん、名シーンのひとつひとつが蘇り、懐かしい気持ちに浸れますよ。

まさに心の故郷、心が落ち着く主題歌ですね。

感動はいつまでも続く

▲『サマーウォーズ4DX』2020年1月7日(金)劇場公開決定!

人の優しさとつながりが奇跡を起こす、感動のスペクタクル作品『サマーウォーズ』。

リアルとバーチャル、アナログ(人間)とデジタル(AI)など、相反するものを違和感なく融合させ、私たちにスリルと感動を与えてくれました。

愛や絆といった分かりやすく普遍的なテーマを主軸に置いて、人と人が対面して声を掛け合う現在に近い世界観にしたからこそ、多くの人の心に響いたのではないでしょうか。

きっとこれからも観ている人に感動を与え続けてくれるでしょう。

勇気や力がほしい時『サマーウォーズ』を見て、栄おばあちゃんの言葉に触れてみてください。

どんな辛く、苦しい時でも力が湧いてきて、立ち上がる勇気を与えてくれるはずです。

映画を原作にした小説版も読めば、いつでも感動できますよ。

あなたも、心が熱くなる『サマーウォーズ』に触れてみませんか?

忘れられないスリルと感動があなたを待っていますよ。


TEXT Asakura Mika

山下達郎は、1953年2月4日東京都豊島区生まれのシンガーソングライター。妻は同じくシンガーソングライターの竹内まりやである。1973年4月、音楽グループ「シュガー・ベイブ」の一員として活動を始める。1976年4月にグループは解散し、同年8月、「CIRCUS TOWN」で、ソロデビューを果たした。1980年6···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

YOASOBI「夜に駆ける」の”歌って…

音ゲーから人気を集めた楽曲「凛として咲…