1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 谷本貴義
  6. 僕らの冒険は無限大!「デジモンアドベンチャー:」は新たな進化形へ

僕らの冒険は無限大!「デジモンアドベンチャー:」は新たな進化形へ

ぎゅっとまとめ
  • 『デジモンアドベンチャー:』は1作目キャラと現代が融合した完全新作
  • 懐かしくなる過去作オマージュ満載で胸アツ
  • 新主題歌・EDが『デジモン』に新たな風を起こす
1999年の大ヒット作『デジモンアドベンチャー』。子ども達とパートナーデジモンの堅い絆、手に汗握る展開が心を鷲掴みにし、20年以上愛されています。その初代作が現代の子ども達にむけてリニューアル。この記事では、完全新作版の魅力に迫ります。

公開日:2020年5月16日 更新日:2020年5月16日


この記事の目次 []
  1. ・平成の名作「デジモンアドベンチャー」とは?
  2. ・進化と絆のドラマに釘付け
  3. ・懐かしさとリアリティが融合した完全新作ストーリー!
  4. ・あなたは誰推し?魅力溢れるキャラクター達
  5. ・勇気と力がわいてくる、エネルギッシュなOP
  6. ・EDは背中を押してくれるかっこいい応援歌
  7. ・深くて面白いデジモンワールドへおいでよ
TOP画像引用元 (Amazon)


平成の名作「デジモンアドベンチャー」とは?


画像引用元 (Amazon)

個性豊かな子ども達と彼らに寄り添うパートナーデジモン達の絆。

子ども達それぞれの苦悩と成長ドラマ、迫り来る強敵とのバトルと手に汗握る大冒険。

熱い主題歌と挿入歌。アツくなる魅力がぎゅっと詰め込まれた作品、それが『デジモンアドベンチャー』です。

主題歌『Butter-Fly』は、平成アニソン大賞1990年代特別賞を受賞し、20年以上経った現在もカラオケでたくさんの人に歌われる不朽の名曲。

映画が公開されれば、たちまち当時のファンが詰めかけ、1999年から20年以上経っても人気が衰えることを知りません。

特に2000年に公開された映画『デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム』は、後の人気アニメ監督・細田守が舵を取り、興行収入21億円を記録。

手に汗握るバトルと合体シーン、リアルタイムで応援する子ども達の臨場感の熱さに、現在もファンから絶大の支持を受けています。


画像引用元 (Amazon)

テレビシリーズ終了後も、2015年から2018年まで主人公・八神太一たちの6年後を描いたOVA『デジモンアドベンチャーtri』全6作を劇場公開。

2020年2月に、シリーズ20周年記念映画にして完結編である『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION絆』が公開されました。

いずれの劇場版に『Butter-Fly』が使用されたほど主題歌と作品の両方がファンに支持されています。

そして2020年4月から、1作目のメインキャラクターはそのまま、現代の子ども達に向けて現代物語に一新した『デジモンアドベンチャー:』が放送スタート。

キャラクターデザインは『デジモンアドベンチャー』『デジモンアドベンチャー02』の中澤一登を起用。

パートナーデジモン達のキャストはほぼ続投。

八神太一をはじめ「選ばれし子ども達」のキャストを一新して、新たな物語が展開されていきます。

第1話が放送された4月5日の日曜日の朝は「デジモン」がTwitterトレンドになるほど大人気。

見たら当時の思い出が蘇り、ドキドキワクワクで胸がいっぱいになりますよ。

進化と絆のドラマに釘付け


画像引用元 (Amazon)

デジモンこと「デジタルモンスター」の原点は、1997年にバンダイから発売された液晶携帯ゲームにあります。

当時流行していた『たまごっち』の育成要素にバトル要素を加え、育て方によって進化した姿が異なってくる凝った趣向のゲームです。

幼年期から始まり、成長期・成熟期・完全態・究極態と姿を大きく変える度にパワーアップ。

最強のデジモンを育て上げることが、当時の男子小学生の間でブームになりました。

そのデジモンの進化とバトルを臨場感たっぷりに描き、多くの子ども達の心を鷲掴みにしたのが、アニメ『デジモン』シリーズです。

『デジモンアドベンチャー』では、子ども達自身に立ちはだかる壁や危機を乗り越えた時や、デジモンと絆が強くなった時に進化。

そこに至るまでのドラマが胸アツで感動的で、心を大きく揺さぶられます。

ただのモンスターバトルアニメに止まらない、友情と信頼、大きな成長を描いた感動作なのです。

懐かしさとリアリティが融合した完全新作ストーリー!

▲4月5日放送決定!『デジモンアドベンチャー:』PV第二弾

2020年版『デジモンアドベンチャー:』は、主人公・八神太一が、子ども会のキャンプの支度をしているところから始まります。

そこに上の階に住む小学4年生の泉光子郎が、キャンプについて質問しに訪れました。

そこでふたりは、首都圏を中心とした大規模なサイバーテロにより、東京環状線の車両が止まらなくなっていることを知ります。

太一は、母と妹・ヒカリが電車に乗り換えていたことを思い出し、池袋へ急行。

そこに突如「太一!」と呼びかける謎の声に導かれ、ネットワーク空間へ移動してしまいます。

「やっと会えたね。太一」

彼を呼びかけていたのは、このネットワーク空間に生息するモンスター「アグモン」でした。

太一はアグモンとともに、ネットワーク内を破壊していくデジモン「アルゴモン」と激しい戦闘を繰り広げていくのです。

画像引用元 (Amazon)

アグモンの呼び声を聴くだけで、1作目を見ていた時間に巻き戻るような感覚に。

当時の懐かしさとスマートフォン、タブレットの現代らしさがミックスされて、より現実を帯びた作風に仕上がっています。

インターネットに誰でもアクセスできるようになった現代だからこそ、サイバーテロによる街の混乱がとてもリアルに、身近に感じられますね。

太一と光四郎のタッグが、現実に起きる事件・事故を止めるため奮闘するストーリー展開や増殖する敵の演出も、映画『ぼくらのウォーゲーム』とよく似ていて、映画を見た人なら懐かしさで胸がいっぱいになれます。

また、太一が『デジモンセイバーズ』の主人公・大のように、アルゴモンを殴るシーンもパートナーデジモンとの共闘に胸がアツくなったのではないでしょうか。 

他にも『デジモンシリーズ』のオマージュが随所に盛り込まれており、ファンならぐっとくることでしょう。

当時子どもだった人も初めて見る子ども達と一緒になって胸が躍り、心が熱くなれる作品、それが『デジモンアドベンチャー:』なのです。

あなたは誰推し?魅力溢れるキャラクター達

▲キャスト解禁!「デジモンアドベンチャー:」PV第3弾

2020年版『デジモンアドベンチャー:』のおすすめポイントは、物語だけでなく登場キャラクターにもあります。

〈キャスト〉
八神太一:三瓶由布子
石田ヤマト:浪川大輔
武之内 空:白石涼子
泉 光子郎:小林由美子
太刀川ミミ:高野麻里佳
城戸 丈:草尾毅
高石タケル:潘めぐみ
八神ヒカリ:和多田美咲

アグモン:坂本千夏
ガブモン:山口眞弓
ピヨモン:重松花鳥
テントモン:櫻井孝宏
パルモン:山田きのこ
ゴマモン:竹内順子
パタモン:松本美和
テイルモン:園崎未恵

今回の『デジモンアドベンチャー:』も人気声優揃いで、子ども達・デジモンそれぞれの魅力を引き出しています。

勇敢な性格で仲間と妹思いな太一。
クールで大人びた雰囲気を持つ弟思いなヤマト。
お姉さん的存在の空。

知識と好奇心旺盛な光四郎。
素直で感情豊かなお嬢様・ミミ。
気弱な性格に負けないように最年長者として責任を持つ丈。

ヤマトの弟で優しい性格を持つタケル。
太一の妹で特別な力を持つヒカリ。

あなたの推しキャラは誰ですか?

新たな『デジモンアドベンチャー:』を見たら推しのひと味違う魅力に気づかされますよ。

まだ推しキャラがいない人も、これから見つけにいきましょう。

勇気と力がわいてくる、エネルギッシュなOP

▲「デジモンアドベンチャー:」オープニング映像(曲・未確認飛行船)

新たに生まれ変わった『デジモンアドベンチャー:』は、主題歌も一新しています。

オープニングテーマ『未確認飛行船』を歌うのは、谷本貴義。

2001年に『デジモンテイマーズ』の挿入歌『One Vision』でデビュー。

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主題歌や『ドラゴンボール超』の主題歌『Dragon Soul』など多彩なアツい楽曲を歌ってきたアニソンシンガーです。

作詞は、森由里子 、 作編曲を馬渕直純が担当しています。

『未確認飛行船』は、軽快なギターサウンドとかっこいいボーカルが爽やかで、元気になれる楽曲。

歌い出しから体が自然とノッてきて、ワクワクと高揚感で胸がいっぱいになれますよ。

歌詞も「不透明な空 突き抜けるんだ 悩みとか不満とか吹っとばして 迷っても震えても高度上げて」など、勇気と力を奮い立たせるフレーズ満載でアツいですね。

まるで太一の熱い性格を表したかのような、まさに『デジモンアドベンチャー』らしい主題歌ですね。

オープニングアニメには、初代『デジモンアドベンチャー』の『Butter-Fly』イントロ部分の太一が回転して下降するシーンの再現が盛り込まれており、当時のテレビの4:3の画面サイズで展開され、懐かしくて心が動かされます。

サビも選ばれし子ども達と成熟体に進化したデジモン達の攻撃が次々と繰り出されて、迫力満点。

一方で、タケルとパタモン、ヒカリとテイルモンは進化した姿の戦闘カットが一切なく、後の展開も前作と違う予感に胸が躍ります。

新たな物語が始まるワクワク感を引き出してくれる素晴らしい楽曲ですね。

EDは背中を押してくれるかっこいい応援歌

▲悔しさは種/藤川千愛(アニメ『デジモンアドベンチャー:』エンディングテーマ)Music Video(”Digmon Adventure:”Ending Themes)


エンディングテーマ『悔しさは種』を歌うのは、藤川千愛。

西日本豪雨災害の復興ソング『あの日あの時』や、アニメ『盾の勇者の成り上がり』 の ED 曲『きみの名前』『あたしが隣にいるうちに』を歌ってきたシンガーソングライターです。

作詞も彼女が担当し、作曲・編曲を藤永龍太郎(Elements Garden)が担当しています。

『悔しさは種』は、悔しい思いを乗り越え、次へ向かう人の背中を押してくれる温かい応援ソング。

かっこよさの中に温かさを感じられるボーカルと心に響く歌詞が、不安な気持ちを少しずつ明るく照らしてくれて、一歩踏み出す力や勇気が湧いてきます。

歌詞の「弱さ補う絆が強さ超える奇跡になる」も、互いを補い合うデジモンとパートナーが支え合い困難を乗り越える姿、選ばれし子ども達の友情が強まり、ひとつのチームになる姿と重なっていて『デジモン』らしい熱さが感じ取れますよ。

エンディングのアニメ映像は、ヤマトを主人公に描いています。

特にひとりで抱え込むヤマトに、太一や仲間達が手を差し伸べるシーンは心動かされます。

明るい太一のようなオープニングテーマと対照的に、ヤマトのようにクールで優しいエンディングテーマとなっています。

深くて面白いデジモンワールドへおいでよ

▲【公式】デジモンアドベンチャー第1話「漂流?冒険の島!」

アニメ『デジモンアドベンチャー:』は、2020年4月からフジテレビなどで好評放送中です。

スリリングで息を飲むシーンや、迫力満点のデジモンバトルに、考察したくなる謎も満載で、見ごたえ抜群で面白いです。 

YouTubeには奥深い考察動画がたくさん投稿されていて、アニメをもっと楽しく見ることもできますよ。

1作目『デジモンアドベンチャー』と一部キャラクターの設定が違っていたり、登場する敵やストーリー展開が違っていたりと、1作目と大きく異なる部分も多々存在。 

1作目、2020年版どちらも楽しんでこその気づきや新たな発見ができます。

ぜひ、両方見ながら2020年版がどんな展開を迎えるのか考察してみてください。

また、オンエア中にデータ放送を開くと、懐かしの液晶ゲームを再現したデジモン育成ゲームがプレイできます。

育て方によって進化した姿が違うという当時と同じ仕様になっていて、ゲームとアニメの両方で『デジモン』の世界を存分に堪能できますよ。

まだまだ進化し続ける『デジモン』シリーズの世界にあなたも一歩踏み出してみてくださいね。


TEXT Asakura Mika

藤川千愛/シンガーソングライター 1995年6月6日生まれ 岡山県井原市出身 日常の鬱憤や葛藤から恋心までを独自のユニークな視点で歌う岡山県出身のシンガーソングライター、2018年11月に開催されたアコースティックライブにてデビュー、2019年5月に1stアルバム『ライカ』をリリースするやいな···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ソロとしても大活躍中の少女時代の「テヨ…

V6「TAKE ME HIGHER」は…