1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. GReeeeN
  6. 今「キセキ」が心に響く!奇跡を軌跡に繋げたGReeeeNが描く未来

今「キセキ」が心に響く!奇跡を軌跡に繋げたGReeeeNが描く未来

ぎゅっとまとめ
  • 『キセキ』は日本で最も多くダウンロードされギネス認定されている
  • 「奇跡」と「軌跡」を繰り返しながら永遠に続く愛を歌う
  • 爽やかなGReeeeNは応援ソングにぴったり!

このアーティストの関連記事をチェック

GReeeeN「星影のエール」の歌詞を…

NHK朝ドラ「エール」は、希望のドラマ…

日本で最も多くダウンロードされたギネス認定記録を持つGReeeeNの『キセキ』。大ヒットしたドラマ「ROOKIES」の主題歌でもあり、映画「キセキーあの日のソビトー」でも大きく取り上げられました。この記事では『キセキ』の歌詞の意味を考えます。

公開日:2020年6月6日 更新日:2020年12月16日


この記事の目次 []
  1. ・日本で最も多くダウンロードされた曲
  2. ・”希望”をGReeeeN流に言い換えた出だし
  3. ・真っすぐ過ぎる歌詞がまぶしい「キセキ」
  4. ・二人で作ってきた軌跡は未来へと続く
  5. ・バスケットボールAkatsuki Five応援ソング

日本で最も多くダウンロードされた曲


画像引用元 (Amazon)

GReeeeNは2007年にメジャーデビューした、HIDE、navi、92、SOHの男性4人組のグループです。

HIDEの実兄であるJINも楽曲の作成に関わっています。

メンバー全員が歯科医師免許を持ち、歯科医師としての仕事と音楽の仕事を両立させるため、顔を出さずに活動しているアーティストとしても有名ですよね。

ちょうど年齢がGReeeeNのメンバーと合う歯医者さんを見て、「もしかしたら、この人がGReeeeNのメンバーかも」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんなGReeeeNの2008年に発売されたシングル『キセキ』を紹介します。

TBS系のドラマ「ROOKIES」の主題歌でもあったこの曲は、日本で最もダウンロードされた曲としてギネス認定されています。

2017年に公開されたGReeeeNを題材にした映画「キセキーあの日のソビトー」でも楽曲『キセキ』が誕生し、ヒットしていくシーンはまさにクライマックス。

そんなたくさんの人に愛される『キセキ』の魅力を歌詞から掘り下げていきましょう。

”希望”をGReeeeN流に言い換えた出だし

▲GReeeeN - キセキ
----------------
明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない
≪キセキ 歌詞より抜粋≫
----------------

この冒頭の1フレーズで心を持っていかれますよね。

「君」のことが本当に大好きで、日に日に愛が深まっていくことを真っすぐに表現していて心に刺さります。

”現在よりも未来の方がより良いものであると信じること”を「希望」と言うのであれば、この出だしは「希望」をGReeeeN流に言い換えているのではないでしょうか。

”前向きであること”や”明るさ”、まぶしいくらいの”希望”がこの1フレーズにギュッと詰まっています。

真っすぐ過ぎる歌詞がまぶしい「キセキ」


----------------
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて「幸せです」と
≪キセキ 歌詞より抜粋≫
----------------

言葉にできないくらい「君」のことが好きなのでしょう。

「アリガトウ」や「愛してる」はいつも言っていて、それでも自分の気持ちを表現しきれているとは思えない。

一緒にいることが嬉しくて、幸せでたまらない。

言葉にしなくてもそこまでの想いなら伝わっているかもしれません。それでも「幸せです」と言いたい。

そんな溢れる想いがストレートに表現されており、その真っすぐな気持ちが歌詞からよく伝わってきます。

真っすぐな自分の気持ちを伝えることは、とても勇気がいりますよね。



気持ちを伝えることで「重いと思われたらどうしよう」と不安になることもあるでしょう。

何より、もしもその気持ちを受け取ってもらえなかった場合、深く傷ついてしまいます。

そんなリスクを恐れて曖昧に自分の気持ちを伝えれば、相手に受け入れてもらえなくても「そんなつもりではなかった」とごまかすことができます。

だからつい逃げてしまい、真っすぐに気持ちを伝えられない。そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

出来そうで出来ない”真っすぐに気持ちを伝えること”の尊さが、『キセキ』の人気に繋がっているのかもしれませんね。

二人で作ってきた軌跡は未来へと続く


----------------
日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』
僕らの出逢いは大きな世界で 小さな出来事 巡り合えた それって『奇跡』
≪キセキ 歌詞より抜粋≫
----------------

大きな世界で二人が巡り合えたこと。確かにそれは「奇跡」ですよね。

しかし、この歌詞の二人は「奇跡」を「奇跡」のままで終わらせてはいません。

「奇跡」の先にある二人で過ごす日々の中で、小さな幸せを一つ一つ積み重ねて「二人の幸せな軌跡(道のり)」を作ってきたのです。

----------------
だからいつも そばに居てよ『愛しい君へ』最後の一秒まで
明日、今日より笑顔になれる 君が居るだけで そう思えるから
何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる
≪キセキ 歌詞より抜粋≫
----------------

そして、その「軌跡」は未来へと続いています。GReeeeNが「軌跡」の先に二人で「最後の一秒」まで共に仲良く過ごす未来を描いていることが伝わる歌詞です。

「軌跡」は今世だけではなく、何度も生まれ変わって「奇跡」を起こして巡り合い、何百年、何千年と続いていく。

「奇跡(出会い)」と「軌跡(二人の幸せな道のり)」を繰り返して永遠に共に過ごそうと「君」に語り掛けているのです。

こんなにも真っすぐに愛情を表現してくれたら嬉しいですよね。

バスケットボールAkatsuki Five応援ソング



『キセキ』には、バスケットボール男女日本代表 Akatsuki Fiveの公式応援ソングバージョン『キセキ for Basketballers』もあります。

2019年に発売されたアルバム「第九」に、ボーナストラックとして入っているので、是非そちらも聴いてみてくださいね。

『キセキ』が主題歌となった「ROOKIES」も野球のドラマでしたが、「夢をかなえる」「友情」「仲間」「努力」など、スポーツで大切にされている価値観はGReeeeNに通じるものがあると思います。

スポーツの爽やかさはGReeeeNにぴったりです!これからも真っすぐな音楽を聴かせてくれるのを楽しみに待ちましょう。


TEXT 三田綾子

HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。 2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。 『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。『キ···

この特集へのレビュー

男性

小原侑也

2020/12/16 15:09

安西香ちゃんが新型コロナウィルスを映って行かないです。
香ちゃんは、死んだら寂しいです。悲しいです。
安西香ちゃんの心をキセキ、起こしてください。
僕の声を聴いて欲しいです。お願いします。
香ちゃんの声を聴きたいです。僕と香ちゃんに会いたいです。
電話やメールをしたり楽しくお話ししたいです。
安西香ちゃんに長生きして、2人で暮らしたいです。
COOP塩川店で会ったことを思い出して下さい。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「ヲタクに恋は難しい」不器用同士の手探…

ミュージカル映画「グレイテスト・ショー…